スポンサーリンク

おしゃれとは「人から見られている感覚」のことだと知りました

洋服

ちょっとおしゃれで普通がいい、かぜのたみです。

少し前まで「ダサいこと」が怖くて仕方なかったんですが「特別おしゃれでなくって別にいい」という啓示が自分に降りてきてから、洋服に対してあまり何も思わなくなりました。

きっとどんどん「外見でなく人格だ」ということが、たくさんの人と関係を築くごとにどんどん深まってきているからだと思います。

ただ「おしゃれであることとはどういうことか」が大切だと思う一面もあります。

今日はそんな私が考えている「おしゃれ論」を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

おしゃれとは人から見られている感覚

私は決して「おしゃれ至上主義」ではありません。でも最近、おしゃれであることの本当の意味を理解しつつあります。

これまでは「人からどう見られているか気にするって大変」と捉えていたのですが、おしゃれをするとは「きちんと人から見た自分を認識できている」感覚だと考えるようになりました。

こうした感覚を脳科学では「メタ認知」と呼ぶそうですね(多分)。

主観的な自分ではなくて、客観的に見た自分がきちんと認知できている。そういう感覚が現れているのが「おしゃれであるかどうか」であると思っています。

スポンサーリンク

相手の立場に立って正しく物を考える特訓

服装や外見に気を配れることは、相手の心や言動にも気を配れる感覚なのではと考えるようになりました。

どんな人から見ても「あの人感じがいいな」とか「おしゃれだな」と思われる人は、相手から見た自分と自分らしい自分の感覚が、とてもバランスが良い人なのだと思います。

たとえ自分らしい服装ができていても、人から見てどう見えるかが欠落していると、やっぱり言動も自分本位になりがちな気がします。

自分をどう表現するか

それが「おしゃれ」という感覚の中に収められているでしょうね。

スポンサーリンク

人から見た自分を認識できている人は意外と少ない

私は割と、環境や状況、人から見た自分を結構意識して振る舞う方なので、あまり深く考えたことがなかった感覚があります。(相手の期待値に沿った言動をしがちなタイプで、自分がしんどくなるタイプですw)

それは「人からどう見られているか」をきちんと認識できている人は、意外と少ないという事実です。

脳科学者の茂木先生の本を読んで、初めて「人から見られる感覚」が希薄な人もいることを知りました。

 

たみ
たみ

はっきりいって衝撃です

特に「人から見られる感覚」が薄いのは、男性脳の性質だと書いてあり、かなり納得しました。

男性=見る性

女性=見られる性

あえて強めに書きますが、めちゃくちゃダサい女性がかなり少ないことに比べると、めちゃくちゃダサい男性が多すぎるのは、こうした認識差があるからなのだとようやく理解できました。

ヤバイくらいダサい、という女性に私は会ったことがないのですが、男性はお会いしたことがあります。

たみ
たみ

社会的に地位もあるのになぜ…

おしゃれ=流行に乗っている、という意味でなくて、小ぎれいであるとか、整っているとか、「人から見られた自分」を意識できているかどうか、その差なんですね。

スポンサーリンク

「自分は見る側」という男性の思い込み

見出しが激しくなりましたが、自分と住んでいる世界が違う人も結構な人数いることに衝撃を受けました。

鴻上尚史さんのこの記事は、かなりわかりやすく書いてあるので、とても参考になりました。

ぜひ読んで見てください。

多くの男性は「見る性」として、意識的にも無意識的にも育ちますから、見ることが一番の関心事になります。つまりは、女性の外見が一番の関心事になるのです。

男性に対して「(その視線が)かなりキモいな」「そしてなぜ評価したのか」と拒否感がある時が日常でも結構あるのですが、こういう仕組みだったんですね…。衝撃です。

最近は、オシャレで外見を気にする男性も増えました。そういう人達は、「見られる性」としても自分を意識しています。

この感覚がある人とない人の差は、かなり大きいと感じています。相手の気持ちを全く考えず、一方的にアプローチしてくる人が男性に圧倒的に多いのはこの認識の差なのだと理解できました。

たみ
たみ

この背景を知っていれば、おしゃれな人と仲良くなりたいって思います!

スポンサーリンク

おしゃれとは自分を正しく表現できていること

おしゃれとは私たちを縛ってくるものではなく、自分を正しく相手に伝える技術です。

自分がどんな人間で、相手の人や環境とどう関わっていきたいのかの意思表示なんですね。

そう考えると、おしゃれに悩んでいる状態の時は、自分がどう外界と関わっていきたいのかを迷っている時なのかもしれません。

他人の視線に縛られるのではなく、自分自身の「見られる感覚」をバランスよく持っていたいですね!

それでは素敵なおしゃれライフを〜!

スポンサーリンク

おしゃれに参考になる本を集めました!

おしゃれは知識と技術

たみ
たみ

ユニクロにもおしゃれパターンがあるんですね!

色使いも知っておしゃれに

たみ
たみ

色使いも大切なんですね

おしゃれでイケてるおじさんが少ないのはなぜ

たみ
たみ

イケてる人との違いってどこにあるのでしょう

おしゃれは育つ!

たみ
たみ

クローゼットも育てるものなんですね

おしゃれへの近道

まず、着ていない「古い洋服」「少し前の洋服」を手放しましょう!

ブランド限定なしで、宅配の洋服買取が便利です。店頭持ち込みも良いですが、持っていくのが面倒、あとは自分の腰が重い…などで、ハードルが少し高いのも確か。

思いついた時に利用できるのがネット買取の良いところです。

Step1 WEBから申し込み
Step2 箱に詰めて送るだけ!

ツッコミリス
ツッコミリス

ここがGOOD!

👍送料や査定は無料
👍ブランド限定なし

トレファクスタイルの宅配買取とは? 

たみ
たみ

洋服の買取はブランド限定であることが多いですが、ここは珍しくブランド限定なしが良いところ!

申し込んで送るだけなので楽チンです。手放すのに労力は使わず、その分クローゼットの再構築に励んだ方がよっぽどいいですね!

 

\一気に処分で洋服リセット/
👍トレファクスタイルの宅配買取とは?

洋服
スポンサーリンク
スポンサーリンク
▼洋服の手放しに便利


ミニマムなライフ