スポンサーリンク

ミニマリストは人の部屋を「ありえん」という目で見ているのか

日常

ミニマリスト生活2年目、かぜのたみです。

「ミニマリストって物が多い人の部屋を見たら捨てたくならないのか」と、よく聞かれます。

ミニマリスト=物が多い環境に耐えられない人

こうした図式なのでしょうか。

大前提にどんなイメージがあるのかわからないですが、ミニマリストが日常で聞かれることあるあるではあります。

今日は「ミニマリストって他の人の部屋を見たらどう思うの?」について、私個人の考えを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

ミニマリストは人の部屋をこう見ている

あくまで私個人の意見ですが、私は特に「興味がない」です。

…記事が終わってしまったので、無理に続けます。

 

細かくいえば、「その人にとって必要な物はそれぞれなので、部屋主以外の人間がどうこういう資格はない」という考えです。

「だからどうこうしよう」と思いつく人は、基本的にお世話を焼くのが好きか、人との関わりに喜びがある人なのかもしれません。

私自身は、往往にしてそうした「お世話好き」な人から迷惑な思いしか体験したことがないので、自分でも行動を謹んでいる面はあります。

なので、特段誰かの部屋を訪れても「へ〜」と思うだけで、あれこれをどうこうという感想は全く抱きません。

たみ
たみ

自分には関係がないので「誰かの部屋を見たい」というのもないですね

スポンサーリンク

ミニマリストこそ他人に干渉しない気がする

自分なりに最低限の物で暮らしているミニマリストこそ、特別よそ様に干渉しない気がします。

「自分にとっての心地よさ」と「誰かにとっての心地よさ」が違うということを理解しているので、私もミニマリストの人からあれこれ言われたことがありません。

相手が自分と同じ目線で世界を見ているかというと、それはまた違うもの。

人の部屋を見るのが好きな人、興味関心がある人にとっては「ミニマリストはどうなんだろう」と思うかもしれないですが、ミニマリストはまた別の視点を見ている気がするので「ちょっとよくわからない疑問」の一つです。

たみ
たみ

気持ちはわかります

↓価値観が変わると視点も変わるのかもですね

スポンサーリンク

ミニマリストが人の部屋を見た時に何を思うか

よそのお宅にお邪魔することが、私も時々ありますが特に何も思いません。

「やっぱり子供がいたら物が多いのは当然だなぁ」とか、「きれいに片付いていてすごいなぁ」といった一般的な感想は心に浮かびますが”ミニマリストだからどうこう”というものでもない気がします。

自分の陣地に対してのこだわりや、目標、ルールなどはたくさんありますが、自分の陣地以外でマイルールを押し付ける方が変な気がしますw

たみ
たみ

言いたい人もいるかもしれないですが私はないですね

↓実家に対してもこんな感じの視点です

スポンサーリンク

ミニマリストが思う人の部屋のポイント

ミニマリストの自分がよそのお宅を訪れて思うのは「片付いていない、部屋が汚いと思っている人ほど几帳面で完璧主義」というデータが自分の中にあります。

「本当は自分的にもっと完璧に片付けいたのだけど、そうではないのでだめ」という雰囲気です。

特にその部屋に住むメンバーが暮らしやすければ、それが一番良いと私は考えているのでそうした「その人自身が作っている後ろめたさ」があると、家事も大変になってしまうなぁとは思いました。

”ちゃんとしたい”という思いが強い人ほど、片付けが後回しになるのは、こうした気持ちが働いているからかもしれません。

たみ
たみ

几帳面なミニマリストと適当なミニマリストそれぞれです

スポンサーリンク

ミニマリストは人の部屋を片付けるのが得意か

私的には「NO」ですね。掃除だったら出来る気はしますが、部屋に置いてあるものは持ち主のもので、最終的な判断を下すのも当人しかできないからです。

ミニマリストがそうしたことに特に口出しをしている現場を私はSNSでも、他でも見たことがないのですが、ミニマリストこと「人と自分は違う」ということを生活で体感しているのかもしれません。

人目を気にしていたり、人と比較するから「物が増える」と気づいたミニマリストが多いように感じます。

「自分が満足すればそれで良い」と理解しているミニマリストの方が数としては多い気がします。

 

たみ
たみ

こういうところがミニマムライフだといいですよ、と伝えるだけですね

スポンサーリンク

まとめ

私的には「特に人の部屋に興味がない」で終了でした。

どちらかというと「相手の私情なので見ないようにする」が正しいかもしれません。

自分の領地や陣地が完結してると、もしかすると人のことに目線を向けることが減るのかもですね。

でも”今手が空いているので手伝いますよ”という気持ちにはなるので、片付けを「サポート」くらいは出来る気がします。

人の部屋は人の部屋、自分の部屋は自分の部屋。

違って当然のことなので、むしろ逆に勉強することもあります。

物が少ない生活を送っていると、よそのお宅にお邪魔した時は「何を大切にしているのか」を瞬間的に察知する能力が冴えるようになりました。

それは部屋だけでなくて、店などでもそうで店頭に何を飾ってあるかで「何をアピールしたいのか」を理解したり、そういう視点は随分鍛えられました。

ミニマリストは優劣として人の部屋は見ておらず、「部屋の持ち主を見透かしてしまう」能力が自然と身についている可能性があるので、その辺りを見てもらった方が面白いかもしれませんね。

それでは素敵なミニマムライフを〜!

↓ちなみに私の部屋はこのような感じです

 

 \いつもありがとうございます/
応援のポチ下さると嬉しいです

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

たみ
たみ

>>メルマガも毎日配信中
ミニマリストのオススメアイテムや片付けの方法、日常生活のお得情報を配信しています。バックナンバーと購読の登録はこちらからチェキら〜

日常部屋
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミニマムなライフ