うちの収納の整理状況(引っ越し1ヶ月目)

片付け

収納は力入れず、かぜのたみです。

物数が減れば必然的に収納するの物も減るので、凝らずに済むのはもちろんですが、最低限でも少量の物はどう収納・管理するのかが課題です。

少しの物であっても、置き方によっては揃って見えたり、ごちゃついて見えたり”収納方法”だけがスッキリ見える方法ではなく、置き方や並べ方が大事なことを振り返ります。

自分の場合、いっときだけある物が結構あるので、収納アイテムはほぼ使わず、並べ方や置き方で工夫することが多いです。

収納グッズやゴミ箱を買ってしまうと、その中で生活を回さねばならず、かえってごちゃつく原因になりがち。

現在引っ越して1ヶ月目なので、うちの今の収納状況をまとめてみたいと思います。

うちの整理収納状況(引っ越し1ヶ月目)

引っ越したばかりの収納は、だいたいあてにならず、住んでいくうちに自然と形が出来ていくものです。

なので、紙袋の取っ手をカットして、あとは端っこを棚の高さに合わせて折りたたんだ「紙袋収納」を使って、物の配置と内容の様子を仮で進めています。

今の部屋は台所のシンク下の収納スペース以外、扉が一切ないのが特徴。かっこよくいえば、オールオープンスタイルで、大変自分好みです。

写真は玄関スペースにある下足箱。私は靴がだいたい1段で済むので、いつも玄関の下足箱には掃除グッズや日用の消耗品ストック的なものを置くようになりました。室内にある物置的なポジションです。

室内の収納スペースはこのような感じで、もはや説明も不要…。なので、玄関スペースの方をメインに今回はまとめていきます。

↓収納はこう考えています、というのをこの記事に書きました

整理整頓が苦手だから片付けは収納本の真似をしない

たみ
たみ

部屋の中にある棚にほぼ何もない状況がすごいですね

日常よく使うものはしまいこまない

1段目左上

一番手元に近く、取り出しやすいのが一番上の左上の場所。

そこには普段あちこちの掃除で使っている掃除シートを置いています。「ケースに入れた方が」とか「収納ボックスに入れが方が」と考えた時もありましたが、いずれもかさばったり、数種類あると出すのに手間がかかったりして、今の所この形が一番使いやすいです。

立てかけて、無印良品の小さいブックエンドで止めています。

掃除シートのデザインがスッキリしていれば尚良しですが、そこにわざわざお金をかけるのに意味を感じなくなったので現在むき出しスタイルです。

掃除シートは格安スーパーのオリジナル品などで「30枚 65円」とかそういう物。気軽に掃除できて、日々ケチらず使えるのが一番掃除には良いことがわかりました。当然ですが、掃除はこまめさが一番。

トイレのお掃除シート
セスキ炭酸シート(別になんでも)

この2種類で日常の掃除は済ませています。トイレの掃除シートはもはや今は必要なくなったため、適当に床などを拭くツールに格上げされました。

うちはユニットバスなので「トイレも床も全部シャワーで掃除したらいい」ということがわかり、掃除スタイルがかなりダイナミックになりました(ユニットバス丸ごと掃除する方が楽できれい)。

たまに床に水を流して掃除されているトイレが公共施設などでありますが、ユニットバスの排水機能だとそれも実現可能でした。

あとこの「ブックエンドで立てかけて収納」は、意外と万能な方法でしかも取り出しやすく、しまいやすい。形も崩れにくいので、応用が効く使い勝手がいい収納スタイルの一つです。

たみ
たみ

ブックエンドは本当に便利ですね

1段目右上

紙袋で作った仮収納がいいのは、仮置きにして置いた方がいいな、というものを気軽に置いておけるところです。

右上には日常の消耗品を入れています。

中に入っているのは主に消耗品アイテムで、1つ買ったら複数付いてくるような消耗品をしまっています。

日常的に動かないものは、見えない収納に入れてスッキリさせて置いた方がよく、日常的によく使う、もしくは使っておいた方がいい掃除シートのようなものは外に出した方がいいことがわかりました。

こうした「見えない収納」で結局「外に出っ放し」になるものは、”見えなくしたらダメ”というバグなので、外に出しておいた方がいいです。

しまっても結局散らかる…というのは、自然なスタイルに収まっていない証拠なので、そうした行動導線や使い方は見直すのがいいですね。

 

たみ
たみ

ガムテープやビニル手袋など微妙な消耗品をここに集めています

棚上

順番が文字通り上下しますが、下足箱の棚の上ゾーンには、トイレットペーパーのストックやカビ取り剤と塩酸系のトイレ用洗剤を適当に置いています。

ですが、これらの洗剤も引っ越し直後で部屋の汚れを掃除するためのもの。今後は使い切ったらなくなる物なので、収納もじきに不要になります。

「今だけ」の収納が、うちには結構あり、期間限定にしているのは「そのもの自体を見直す」ことをしているからです。

おそらくですが「ここはトイレ洗剤置き場」と決めると、トイレ洗剤が永遠に補充されることになります。別に使わなくてもいい物のポジションをずっと用意しておかなくてもよく、仮の置き場所づくりにも「紙袋収納」は便利です(本当には余った紙袋に入れただけ)。

たみ
たみ

一度収納グッズで固定してしまうと物が減りにくくなるかもしれません

上から三段目

2段目は折りたたみ傘しか置いていないのでスルー。

上から3段目、下から2番目の微妙に取り出しにくい場所は、使うものを置くと取り出しにくいので「取り出さないもの」を置いています。

缶やペットポトル、食品トレーなど、分別ゴミは近所のスーパーの”リサイクルボックス”に持っていくので、玄関に適当にまとめて置いておくのが使いやすいです。

缶やペットボトルを分けるのが面倒なので、まとめて入れて、リサイクルボックスに入れる時に分別するのが一番楽でした(溜める前に持っていく)。

これも「紙袋収納」に、スーパーの袋を設置したもの。

スーパーの袋だけ置いていると袋の口が開かず、入れずらかったのでこうして固定しています。

たみ
たみ

見た目もスッキリして良いですね

収納ではないですが…ゴミ箱なしの生活

この3年以上、ゴミ箱を持っていません。いつの間にか直にゴミ袋に捨てるスタイルになりました。

長年台所のシンク下の扉にスーパーの袋をぶら下げるスタイルだったのを、料理をしなくなったため台所からゴミが出なくなり、玄関先に移動した感じです。

ゴミ袋をそのまま地面に置いてしまうと、ゴミ袋の口が閉まってしまうので、最近ガムテープで固定してみら楽でした。

見た目があれですが、すぐに捨てるものなので問題なしです。

ゴミ箱が汚くなったり、結局引っ越すときに「ゴミ箱自体を捨てる」ということを繰り返してきたのでこうなりました。

たみ
たみ

ゴミ袋は捨てるられる運命なので守っておく必要ないですね

その他の収納

部屋にもともとある突起やかけるところがあれば、それを活用します。

今の部屋はクローゼットがなく、ここにかけるスペースがあるので、バッグや靴下、時計や鍵などはここにS字フックで吊るして置いています。

洗濯ネットに入っているのは靴下など。余っていた洗濯ネットを使っただけなので、ここは形を変えていくでしょう。

ぶら下げスタイルは重量で下にたまりがちなので、ボリュームも増し、ちょっと出しにくいのがネックです。

とはいえ、それほど数もなく、取り出すのも1日1〜2回なのでこのくらいでいいです。

たみ
たみ

ぶら下げる袋系の収納は結構難しい気がします

まとめ

収納するものもほぼないので、全く”収納感”が希薄な感じでしたが、うちの収納はここまでに書いてきたような形です。

「しまおう」とすればするほど、物はその枠から出ようとする気がするので、みんなが収まり良い感じで置くのが一番良い気がします。

使い切ったら次は不在になるものも結構あり、うちにある物は暮らしていくうちにどんどん減っていきます。

生活が全て暫定的

もしかしたら、うちに物が少ないのはそのためかもしれません。旅行先に誰も「ちゃんとしたものを持って行こう」と思わないのと同じ感覚です。

足し算でなく、引き算で考えるのが普通になってしまったので、起こる現象だと思うのですが、一般の人と自分の思考回路がどう違うのかがもはや不明になってきました。

ここからわかるのは

足し算をする人はずっと足し算をし続け物が増える

引き算をする人はずっと引き算をし続けるので物が減る

ということでしょうか。当然なのですが、この公式を急に「足し算→引き算」に転換することは相当難しいみたいです(私は逆に足し算が出来ません。掛け算なら出来ます)

私がいろんな人の家に住み込むと、自然と物が減る現象を引き起こせるかもしれません。

それでは素敵な収納ライフを〜!

↓収納についてはこちらにも書きました

ミニマリストの収納しない収納で「溜め込みなし」の生活に!

 \いつもありがとうございます/
応援のポチ下さると嬉しいです

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

たみ
たみ

>>メルマガも随時配信中
ミニマリストのオススメアイテムや片付けの方法、日常生活のお得情報を配信しています。バックナンバーと購読の登録はこちらからチェキら〜