ミニマリストの時間の使い方

スポンサーリンク
日常
スポンサーリンク

時間の使い方の見直し中、かぜのたみです。

早起きをするように格段に進んだのがこの分野。これまで「どんな事を行うか」に視点が向きがちだったのですが「何をどの時間に行うか」の方がより重要だと考えるようになりました。

これも全て”朝活”を始めたおかげです。

時間とは有限であるもの、自分でコントロールが効かない唯一のジャンルです。また自分でも、お金や合理性を考えて判断してきたものの「時間」を軸に判断したことはありませんでした。

自分としては新たに学ぶ分野のことなのでワクワクします!

今日はミニマリストの私の「時間の使い方」のこれまでを振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

ミニマリストの時間の使い方①自分が得意な時間を知る

時間の使い方で大切なのは、自分が活動的に動ける時間を知ること。

わたしの場合は最もエネルギーをフルで使えるのが午前中。自分の場合は朝起きた直後が一番効率よく取り組めるので、その時間は注力したく、時間もエネルギーも使うものを進めるようにしています。

この習慣は子供の頃から変わらず、夏休みも朝起きたてのすぐ直後に、自分が嫌いな宿題を真っ先に片付けていました。

早起き直後が一番作業が捗る体質です。

この自分の体質を自覚してから、大事でエネルギーを使うことほど朝イチに持ってくるようにしています。

私の場合、朝イチで読書やSNSチェックなどを行うのは勿体無く、考える作業、作る作業が最適。

この”寝起き直後”の時間を有効に使えたので、これまでなし得たことがたくさんありました。

「朝活」も自分の体質に大変向いていて、本当に初めて良かったです!

自分が無理しない”ミニマムマスト”に進められる時間を知るのが大切でした。

たみ
たみ

逆に夜が苦手で徹夜も苦手、朝時間の3倍以上の時間がかかります

↓自分の朝活の効果をまとめました

朝活の効果がすごい!取り組まないのは本当にもったいない

ミニマリストの時間の使い方②アウトプットは午前中に

1日の中で自分が一番疲れていないのが午前中です。

私はこの時間を使って、主にブログ記事を書いたり、構想を練る作業のアウトプットをハイスピードで進めます。

最もスピードが出るときは、一度も止まらせないのがポイントです。

会社員時代もクリエイティブは午前中、メール返信などの事務作業は午後に回すと、途端に効率がアップした経験があります。急ぎの用件であれば優先的に対応しますが、急用がメールで届くのはほぼなく、時間に猶予があるものが多かったからです。

ゆっくり進めるものは午後に持っていき、スピードを持った方がパフォーマンスが上がるものは午前中に進める。

これが仕事が変わっても変わらない私の時間の使い方です。

たみ
たみ

内容が変わっても変化させないルールがあると楽でした

ミニマリストの時間の使い方③面倒に感じるものほど優先する

時間の使い方は、その内容を見極める必要があります。

  • すぐ対応が必要なものか
  • 着手するとすぐ終わるのか

私はこの2点で判断するようにしています。「着手するとすぐ終わるもの」は午後の空いた時間に設置するマイルールです。

考えずに着手すればすぐ終わるものは、特例として朝イチに終わらせます。

エネルギーを一番使う作業ほど、面倒な気持ちになり午後に回したくなりますが、1日の午前中に終わらせることによって1日がスムーズに動き出します。

「やらなきゃ…」と思って一日過ごすのは本当に気重で、考える時間も増えると他の作業に支障が出ます。

面倒なことほどさっさと着手し、早々に終わらせるのが自分の時間の使い方です。

たみ
たみ

面倒なことを放置して良いことは何もありません

↓私の朝習慣をまとめています

ミニマリスト女性の朝習慣をまとめました

ミニマリストの時間の使い方④明日に持ち越さない

日をまたぐと出来るものもできなくなる時があります。

なるべく日をまたがず、その日中に完結させるよう心がけています。でもそれでも「気が重い…」となると、無理に着手してもクオリティが下がるだけなので、そうした場合は悩まず距離を取るように。

ただ休むとリズムが崩れてしまうようなら、少し頑張って進めます。

またその見切りをつけるのも早々にした方がよく、悩み続ける時間が長いより無駄が少なく良いです。

今日のような明日が来る確証はどこにもありません。

時間にゆとりを作り出すのも、ミニマリズムが得意なこと。

決断する時間が早い分だけ、悩むことも減り、「自分がすべきこと」に注力できるんです。

たみ
たみ

「要素を減らして最適化する」ミニマリズムの極致ですね

ミニマリストの時間の使い方⑤決断する物事を減らす

ミニマリストになって、時間の使い方で最も変化したのは「決断する物事を減らせたこと」です。

  • 朝の服選び
  • 朝食べるもの
  • 朝飲むもの
  • 朝にやること

これらは全てほぼ定番化していて、「朝決めること」がかなり減りました。

「あれはどうしよう」「これはどうすれば」と悩む時間、気を取られる時間が少ないと色んなことが捗ることにミニマリストになった当初は驚きました。

いかに自分が無駄なことに時間を割いてきたのかを知り、ショックだったこともあります。

今はそうした体験を経て「必要なことだけ注力する」スタイルで、自分の気持ちも行動もミニマムな時間の使い方が出来るようになりました。

↓時間の使い方と習慣の内容で毎日が変わりますね

やってみて実感!習慣の効果をまとめました

まとめ

ミニマリストになってからは、本当に時間の使い方、判断することが減って、気持ち的にも楽に過ごせる時間が増えました。

さらに今は”朝活”を進めることによって、朝時間の使い方の大切さや有意義さを体験でき、次の工程へ進むことができました。

何をやるかより、どの時間に進めるか

この点をこれからも意識して、1日の過ごし方を考えたいと思います。

行き当たりばったりで進めるのは自分には全く向いておらず、ある程度の計画を瞬時で決めて、どんどん進めるのが良いようです。

時間の使い方は人それぞれですが、自分に合った時間の使い方が出来ると1日清々しくて気持ちがいいです。

それでは素敵なタイムマネジメントライフを〜!

時間の使い方に参考になる本を集めました!

脳のパフォーマンスが上がる方法がある

たみ
たみ

24時間が二倍になる使い方があるなんてすごいですね

最小限の労力で最高の結果を出すコツ

たみ
たみ

14日間のプログラムで知ることができて良さそうですね

created by Rinker
¥827(2019/07/20 00:03:14時点 Amazon調べ-詳細)

学校で教えて欲しかった「時間の使い方」

たみ
たみ

小学生向けの本ですが大人でも役立ちそうな内容ですね

焦りを”余裕”に変える時間術

たみ
たみ

「時間がない」を解明してその解決方法が知れるなんていいですね

created by Rinker
実務教育出版
¥1,512(2019/07/20 00:03:15時点 Amazon調べ-詳細)

「意志力」に頼らない時間の使い方

たみ
たみ

人間心理からアプローチされた時間の使い方は知りたいですね

潜在能力を開花させるメソッドを解明

たみ
たみ

天才にはなれなくても天才から学ぶことは多いですね

 \いつもありがとうございます/
応援のポチ下さると嬉しいです

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

たみ
たみ

>>メルマガも毎日配信中
ミニマリストのオススメアイテムや片付けの方法、日常生活のお得情報を配信しています。バックナンバーと購読の登録はこちらからチェキら〜

日常生き方
\ SHARE!SHARE!SHARE!SHARE! /
スポンサーリンク
ミニマムなライフ