スポンサーリンク

”小さく丁寧に暮らす”が最近マジしんどいという本音

生き方

丁寧な暮らし、かぜのたみです(書きたかっただけですw)

「丁寧な暮らし」が良という世界がどんどんしんどく、辛くなってきました…!数年前まであれほど頑張っていたことなのに、今ではそれが辛い。むしろ、ちょっとイラっとさえします。

どういう風の吹き回しなのか自分でも困惑しますが、しんどいものがしんどいのは仕方ありません。

丁寧さがどんどん疎ましく「もうええって」という気持ちになるには、自分の背景に何があるのかと疑問です。

今日は私がなぜ最近「小さく丁寧に暮らす」がしんどいのかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

丁寧な暮らしがしんどい理由①家事で収入は得られない

家と会社の往復しかなかった時期、丁寧な暮らしは自分の心の拠り所でした。

「きちんとした生活」をしている自分が好きで「ちゃんとできてる」と安心したかったです。ワンルームで低賃金でも「ちゃんと暮らせている実感」が欲しかったんだと思います。

ただ、今は家と会社を往復するような日々はもう送っていません。家事をどんなに丁寧にしたところで、自分で工夫しない限り収入は働いた労力に比べて平行線。

「家事ばかりやっていても、自分の暮らしは楽にならないんだ」ということに気づいてしまったんです。

どんなに料理や家事を程度以上に丁寧にしたところで、自分を取り巻く「年金制度の破綻」「副業OK」と日本の経済状況は一向によくならず、ますます落ちていくばかり。

家の中にこもった「丁寧さ」が自分の先行きを暗くしているんじゃないかと、ふと立ち止まったせいです。

 

たみ
たみ

「ちゃんとしてる」ことに安心したかったんですよね

スポンサーリンク

丁寧な暮らしがしんどい理由②自分で稼ぐ力をつける方が良いという考えにシフト

家事を一定レベル以上取り組んだところで、一人暮らしの自分にはほぼ恩恵はありません。

あるのは精神的な充足感のみ。しかもそれさえきちんと感じられているのか不穏です。むしろ「そう思いたい」がメインで、かえって不健康だったかもしれません。

家事を頑張ったところで支出を少しは減らせても、収入には変化がない。なら、バイトや副業で少しでもお金を得よう!という、違う方向性で考え方がシフトしました。

こまめに食品を買いに行く時間を副業に、お気に入りの雑貨を見に行く時間を自分の仕事をする時間に充てるようになりました。

私にとっては、精神的な充足感は決して内向的なものではなく、外の社会と関わる中で得られるものだったようです。

かえって「家の中にいるしかない丁寧な暮らし」は自分にとっては割と息苦しく、しんどかったと今では思います。

私は外で動き回るか、家で自分の仕事をしているのがハッピーな性格だと気づいたのも最近です。

家事よりも自分に向いていることが見つけられて、そこから「小さく丁寧に暮らす」スタイルが、ますます自分が求めなくなりました。

 

たみ
たみ

外に目が向くようになったので、家のことは最低限こなせてればいい!という気持ちになりました

スポンサーリンク

丁寧な暮らしがしんどい理由③自分の能力を信じられるようになった

自分で会社員以外に仕事を見つけたり、自分で仕事をするようになってから「自分の能力」を家事能力だけで図らなくてよくなったのも大きいです。

自分の能力は仕事の報酬であったり、数字であったり「自分なりに成果が出せている」と結果を見ることが増え、とても自信がつきました。

以前は会社を離れたら自分で収入を得ることができない…と不安に思っていましたが、離れたら離れたで、自分なりに考えてどうにかできることに気づきました(というか、どうにかするしかない)。

自分にとって「丁寧な暮らし」は、自分の能力に不安があるための補完するための作業だったのですが「暮らし」や「会社での評価」ではなく、社会的にだったり、多くの人からの反応を得られる方が自分にとっては最高の反応です。

 

たみ
たみ

家で小さく暮らすのは、自分には向いていませんでした

↓無印さんにかなり貢いだ話はこちら

背伸びして暮らした無印さんとの日々のこと
スポンサーリンク

まとめ

自分が丁寧な暮らしを離脱したきっかけは、仕事場と家の往復を辞めたこと。自分の仕事を持つようになってからです。

家の中のことばかりやっていても、収入が増えない、得られないというのは自分的に腑に落ちないことが多かったんです。

「ちゃんとしてる」の軸があると一見気持ち的には楽なように思えましたが、一時的なもので永遠に家事を丁寧にきちんとやり続けなければならないようで、不安と表裏一体のような気がしました。

今は微額でも自分で収入を得られること、あとは多方面で収入を得る方法を知っておくことが、自分の暮らしを支える大切なことだと身にしみています。

女性が生きていくには越えなければいけないハードルが色々とありますが、一つ一つ、自分なりに対峙していくのが1番の生きる力になると信じています!

それでは素敵なあなたライフを〜!

↓以前に書いた「丁寧な暮らし」の反動の話です

丁寧な暮らしのせいで一生分の家事をすり減らした話
スポンサーリンク

”ゆるライフ”を応援してくれる本を集めました

ラクしてハッピーをコンセプトにしたい

たみ
たみ

ぴったりすぎて嬉しくなりました

料理もどんどん”ゆる”にシフト

 

たみ
たみ

お助けレシピの数々はいくつあってもいいですね

いいね!がついても家事がラクにならなければ意味がない

たみ
たみ

「ものぐさな暮らし」に共感ですね

毒舌うさぎに教えてもらう貯金レッスン

たみ
たみ

無理なく楽しく簡単に貯める方法が知りたいですね

ズボラでも”絶対”散らからないルール

たみ
たみ

人でなく部屋の仕組みに問題があるとは気持ちがラクになりますね

お坊さんに学ぶ”頑張らない方法”

たみ
たみ

全ての執着から離れる方法をお坊さんから教わりたいですね

 \いつもありがとうございます/
応援のポチ下さると嬉しいです

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

たみ
たみ

>>メルマガも毎日配信中
ミニマリストのオススメアイテムや片付けの方法、日常生活のお得情報を配信しています。バックナンバーと購読の登録はこちらからチェキら〜

生き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミニマムなライフ