<捨てない>読書の時間

日常

捨ててきた物は多い、かぜのたみです。

これまで色々なことを手放してきましたが、これからも手放さないだろうなというものに「読書」があります。

自分にとって読書は「食事」と同等で、自分の維持のために必要なポジションです。

デバイスは書籍や電子書籍とスタイルが変化しても、読書を途切れさせたことは全くなく、自分にとっていかに必要な時間かを振り返りました。

今日は自分がこれからも捨てない「読書というもの」について考えたいと思います。

 

私が湯水のようにさらに読書できるようになったのもKindle Unlimitedのおかげ!

まだ迷ってる人は、どうしてサービスを利用しないのか疑問です。

📕Kindle Unlimitedこちら!📕

自分にとって読書は食事と同じ

自主的に動かなければ行えないのが「読書」です。まずこの点に他の事と一線を画するポイントだと感じます。

テレビや音声は流しっぱなしでも過ごせますが、読書は自分から読むことが必要です。

受動的に見えて能動的。

このスタンスが特に大切で、自分が欲していることな気がします。

食事も自分から食べることが必要で、食べさせてもらってるだけ、流しこまれるだけなのは、きっと人として生きる力が弱くなっていくことでしょう。

動画やテレビが悪い、とかそう言う良悪の問題ではなく、取り組む姿勢の問題です。

 

📕Kindle Unlimitedこちら!📕

読書はなぜ必要なのか

読書はなぜ必要なのかについては、自分が語るよりもこちらの本に全てが込められていました。

読書レビュー:「読書する人だけがたどり着ける場所」
斎藤孝さんの「読書する人だけがたどり着ける場所」がとても自分の刺激になったので、レビューを書いてみました。本を読むのは昔から好きですけど、でも読んで得られることっていうのをあまり言語化できずに持ってはいたんですよね。それを隅々までどうして必要か、本にはどういう読み方があるのかっていうのを教えてくれる指南書です。

自分が発信する立場になり一番驚いたことが「こんなに人に要求する人が多いのか」という事です。

見ればわかる

というところまで物事のレベルを下げるような要求が多く、点と点を自分の思考と予測で繋いでいく作業はないのだなとふと感じます。

読書は動画のような疑似体験ではなく、自分で考え感じる作業です。

共感がコンテンツ制作のメインと呼ばれるようになって久しいですが、「わかりやすさ」が定番になるあまり「わからないこと」「わかりずらいこと」を処理する能力が弱ってくるものなんだなと思います。

読書は、基本わからないことへの対峙です。

わからないこと

それは自分の気持ちと生きて死ぬこと以外は、だいたいわかりません。つまり世界のだいたいです。

その「わからないこと」を”どうわかろうとするか”に、人の知性や理性が必要になってくるのだと思います。

📕Kindle Unlimitedこちら!📕

読むことと書くことは捨てない

話すことを人がやめて暮らすことはできないと思います。でも、読むことと書くことは捨てても(事務的な用事以外は)過ごせる気がします。

だからこそ、あえて自分で飛び込んでいった方がいいんじゃないかな、ということです。

読書すれば自然と力がつきます。それはどんな力であるか、最初に知る必要はなく「ただ読みたい」「知りたい」「理解したい」そうした気持ちが原動力で、それに身を任せていけば、ある日どこかに辿り着いている、きっとそういうものです。

目標を立てることが自分を縮める、ということを昨日書いたのですが、読書に関してもそうで

「読書します!」
「毎日1冊読みます!」

はちょっと違い、自分にとっては「食べたいものを食べる」と同じで「読みたいものを読む」のが一番自分の糧になるんじゃないかな、と自分を振り返る実感する時があるのです。

📕Kindle Unlimitedこちら!📕

まとめ

知的な体力というのも、結局持久走です。私は特別学歴があるわけでも、めちゃくちゃ学があるわけではないですが「知りたい」と「理解したい」という気持ちは、結構自分を作る大事な要素なんじゃないか、と考えるようになりました。

それもただ質問して答えを得るだけではなくて、ある程度のところまでは自分で考えることができたら、その上で得られる答えというのは、1段も2段もアップしたものだと実感するからです。

「わかりやすさ」や「共感」が表舞台で輝いている時代、「自分で考える」や「知らなことを理解する」というのは影に潜んでしまった感じです。

でも人はだいたい一人でいるときに考え事をしているのであって「読書」のように、一人で思慮する時間は手放したらいけないんじゃないかなと思いました。

ということが、私が「読書」を捨てない理由です。

それでは素敵な読書ライフを〜!

↓こうしたことも読書で知りました

自分の不安や考えを知る『紙の書き方』

 

Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)は本当に神サービス!今なら初月無料!

<30日間無料>Kindleの本読み放題980円のサービスにドハマり!

まだ利用してない人の意味がわからん

 

たみ
たみ

電子書籍に抵抗がある人ほど手軽さにビビる可能性が高いです

➡︎1冊本を買う価格で読み放題「Kindle Unlimited

  • Amazon会員の方なら、登録も10秒ほどでOK
  • スマホでもサクサク読める
  • 30日間は無料で試せる
  • 通常のサービスも980円でお得すぎる

 \無料で絶対体験すべし!/

📕Kindle Unlimitedこちら!📕

 

 \いつもありがとうございます/
応援のポチ下さると嬉しいです

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

たみ
たみ

>>メルマガも随時配信中
ミニマリストのオススメアイテムや片付けの方法、日常生活のお得情報を配信しています。バックナンバーと購読の登録はこちらからチェキら〜