スポンサーリンク

ミニマリストのお出かけ「新世界・京都・名古屋」

お出かけ

こんにちは、ミニマリストのかぜのたみです。

あまりじっと部屋にいるのが好きではなく、作業以外は外にいたいタイプで、隙あらば外に出ようとします。

夏の仕事ピークが過ぎたのと、暑さも少し和らいできたので、お出かけ欲もようやく向上してきました。

ミニマリストのお出かけといえば、手ぶら、もしくは身軽がイメージだと思いますが、まさにそのとおり。

出かければ出かけるほど、不要な物がわかってくるのでそれほど持たなくなりました。

持ち物はもちろん、お出かけ先でも「ミニマリストならでは」の視点があるようで、自分にとってはごく普通のことでも、見てみると”面白み”があるのかもしれません。

今日はそんな私のお出かけを、最近はYouTubeにアップしているので、ブログにもまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

ミニマリストのお出かけ①新世界へ

遠くて近い新世界、自分は大学生の頃からちらほら行ってはいたのですが、今のように観光化する前で「行っていい場所」と「ダメな場所」の区切りがまだしっかりある頃でした。

今は以前からはとても想像がつかないほど、ポップでキャッチーな街になっていて、街も豹変するものだなぁ…と思わず自分の歴史と共に振り返ります。

新世界といえば串カツ。そして通天閣。

ミニマリストならずとも、現金とスマホだけ持っていけば支障ない楽しみ方ができると思います。

にしても、新世界とはいつ聞いても素晴らしいネーミングですね。

家族連れでも今は楽しめ、串カツ屋も山のようにあり、観光として楽しめるようになった新世界。

大阪といえばここ、と言うほど道頓堀のグリコを抜いた感さえあります。

近郊の人ほど行かず、遠方の人ほど行くエリアナンバー1なのかもしれませんね!

動画では、串カツと通天閣を見上げることができます。

スポンサーリンク

ミニマリストのお出かけ②普段の京都へ

近くて遠いといえば、自分にとっては京都もそうです。京都こそ手ぶらで行った方がよく、なぜなら歩行距離が長かったり、街中のバスに乗るにしろ荷物はかなり邪魔、チャリに乗るにも荷物が不要になるからです。

京都は歩行距離が半端なくあるので、身軽でミニマムマストな荷物だけ持って、ふらりと訪れるのが自分的にはぴったり。

とはいえ、観光をするには人が多過ぎ、エリアも無計画で行くには広過ぎて無謀、日帰りでささっと行くには2〜3駅を隔てるくらいが限界です。

今回は河原町〜三条までの間をうろうろして、だいたい1万7000歩は歩きました。

路地が碁盤の目になっているので、道に迷わないのは良いものの、一切ショートカットなし!というのが京都という場所。

名喫茶や名本屋、由緒ある建築物や街並みなどなど、「KYOTO」を楽しむには手荷物は不要です。

途中寄った銭湯はこちら

30円でタオルは借りれ、ぶらり町歩きでも途中でさっと寄れるのがよかったです。

京都は銭湯の建物が抜群に良く、こちら玉の湯さんも明治からの建築物だとか。ステンドグラスが美しく、レトロな鏡台も大変雰囲気がありました。

観光の京都もいいですが、観光と普段の間のこんな「ぶらり京都」も良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

ミニマリストのお出かけ③名古屋の喫茶

遠くて近いのが、自分の中では名古屋です。学生の頃はよく日帰りで遊びに行ったものです。

今回はエリサさんとタケルさんとお会いして撮影をするため、という”名古屋出張”だったので、NO観光でした。

ただ、自分は名古屋のサンドイッチが大変に好物のため、いつもは全く食い意地が張らない性格ですが「サンドイッチを」と心して向かいました。

名古屋の喫茶、そしてサンドイッチといえば『コンパル』です。

大須本店まで向かわなくても、主要な駅には分布しているのがいいですね。

喫茶文化と同じく、名古屋の人の新聞読む率がかなり高いことに衝撃を受けました。

あと席配置がもうすでに「新聞を読むため」「人とゆっくり話すため」の配置になっているのが”名古屋は喫茶文化”というのをひしひしと感じました。

『コンパル』のアイスコーヒーは綺麗に入れるのがとても難しそうですが、みんなしれっとどうやって入れてるのか次は横目で確認したいと思います。

Twitterでも喫茶コンパルのアイスコーヒーが話題

 

たみ
たみ

名古屋に行ったら、コンパるしかないですね

スポンサーリンク

まとめ

ミニマリストのお出かけ、持ち物が少ないのであまり登場しないことはもちろん、買い物にも行かず、ほぼ歩き続けていることが多いです。

歩く、お茶、公園などで休憩、本屋、ちょっと何か見る

どこに行ってもこの程度で、でもゆっくり街を楽しめたり、自然を見たり、歩行エネルギーはかなり使っていますが、人混みにいてもいないような気持ちになります。

動画を撮影するというミッションを最近は自分に課したので、また違った視点で町歩きができ、これはこれで楽しいなぁと思っています。

先日は街で「あ、YOUTUBERだ!」と修学旅行生に言われたので、いつから人はYOUTUBERになれるのか…とふと思いました。

ブログもぼちぼちと更新しつつ、動画の方もぼちぼちと更新します。

身軽でいると、準備も3分ほどで終了、持ち物も軽いのでフットワークも軽々なのがいいですね!

また次のお出かけ動画もどうぞお楽しみに!

それでは素敵なミニマムライフを〜!