スポンサーリンク

ミニマリストの自分の部屋がこれまでの人生で散らかったことがない5つの理由

片付け

片付けは手抜き、かぜのたみです。

整理整頓は苦手なのに、これまでの人生で部屋が散らかったことがありません。ミニマムな暮らしを送るようになってから、自分がいつでも部屋が散らからない理由を知るようになりました。

今日はそんな「自分の部屋が散らかったことがない」理由や習慣をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

散らからない理由①スッキリした空間が好き

部屋が散らかったことがないのは、自分が視覚優位な性質によるものだと感じます。

視界が物で溢れかえっていると、頭が混乱して落ち着かなくなるので苦手です。あまり物が溢れている場所や密集する場所は好んだことはなく、空間にゆとりがあったり、余白が多かったりするスペースがずっと大好きです。

自分が好きな「スッキリした空間」をいつでも作り出すため”散らかさないように行動する”が全てです。

やっぱり自分が好きなことでなければ、何をするにも苦痛だと思いますし、続きません。

”スッキリした空間が好き”

本当にこれにつきます。

 

たみ
たみ

自分が居心地良い場所がいつでもあると過ごしやすいです

スポンサーリンク

散らからない理由②床掃除をまめにしたいため

「部屋の床に物がたくさんあって、掃除が大変」という声を聞くたびに、自分が掃除をするために床に物を極力置かないようにしていることに気づきます。

子供の頃からの習慣で、掃除はこまめにするタイプです。綿ぼこりや地面に何か落ちているとすぐに掃除します。

日常的に掃除をするので、床に物があると普通に邪魔です。

それに、物を床に置いていると物のそばに埃がたまります。それを見てわかっているので、掃除好きとしては「床に置くと面倒なことしかない」という考えで、これまで過ごしてきました。

拾っては戻し、拾っては戻しする掃除は全く楽しくなく、体も疲れますし、自分の負担にしかなりません。

スムーズに掃除するために、床に物を置かない生活もなかなか良い感じです。

 

たみ
たみ

自分でも知らず知らずのうちに片付くよう優先事項を決めているんですね

↓床に置かないという鉄則したルールはマストです

床に物を置かないだけで片付く
スポンサーリンク

散らからない理由③必要な物は目に見えるところへ置く

必要な物、よく使う物、これから使う物などは、目に見える場所へ置くようにしています。

例えば、記入しなければいけない書類があれば、机の上にペンと書類を置いておき、自分が記入しやすいよう準備しておく、という具合です。

物を自分が使いやすく配置しておくと、すぐ行動に移せるのがスムーズ。自分自身の負担が軽減するので欠かせない行動です。

見えるから使うようになり、見える場所に置いておくから散らからない

「あれどこだっけ?」と探すのが、人よりも苦痛に感じるタイプなので、そうならないように整理する心がけがあります。

たみ
たみ

あれどこだっけ?は本当に苦手で、気持ちが滅入ってしまいます…

スポンサーリンク

散らからない理由④使う物は使いやすい場所に置く

使う物は使いやすい場所に置くと、すぐに使えて気持ちいいです。「あれどこだっけ?」のアクションを挟まないと、自分の行動が中断されることがないのでとても良いです。

自分が使いやすい場所を探るのも、日常的にこまめに見直しをしています。

部屋が散らかるのは、その動線配置や設置場所が悪いため

私はそう考えているので、もし自分が片付けや整理整頓に時間がかかるようなことがあれば、そこから見直しをするようにしています。

物の配置に自分を合わせるのではなくて、自分の行動に物を配置するようなイメージです。

 

たみ
たみ

使いたい物はすぐ取り出せる場所にある方が気持ちよく過ごせるので好きです

スポンサーリンク

散らからない理由⑤不要な物は一ヶ所に固めて判断する

必要なものと不要なものを一緒に置かないようにしています。自分にとって物を判断する理由は「必要か」「不要か」これだけです。

必要な物だけを使いやすい場所に置いておき、不要な物は不要なもので固めておきます。

不要な物が状況が変わって、必要な物に格上げされることもレアケースではありますが、ほぼイレギュラーな事態です。

必要な物だけを使いやすい場所に置いておけば、それで解決です。

不要な物がそこに混じっていると、必要な物が取り出しにくいだけでなく、不要な物に気を取られてあまり気持ちよくありません。

不要な物も固めて置いておくと、具体的な使い道が浮かぶ時もありますが、それも「不要だ」と判断するからこそ起こる視点。

必要と不要を分ける

まずそこからのスタートです。

たみ
たみ

一つでも判断材料を用意すると物事の進行がスムーズですよね

↓「不要な物」を”見て見ぬふり”すると散らかるんです

見て見ぬふりをしないと部屋は片付く!
スポンサーリンク

まとめ

ミニマリストとして暮らす以前に、自分にはここに書いてきたような”片付けに繋がる行動”がありました。

誰から教わったことでもなく、自分自身で考え、行動し、その繰り返しで出来た結果です。

決して「習慣」という言葉に括られるほど浅いことではありませんが、片付けも整理整頓もその人の行動に根付いたものなので、表面上だけを整えて終了することではありません。

こうした「自分の元々の選択肢」を書き出してみると感じます。

散らからない選択肢

これを選択し続ければ、片付いた部屋はキープ出来ます。間違いありません。

以上、これらが私の「散らからない理由」でした!

それでは素敵な散らからないライフを〜!

 

↓片付け本『死んでも床に物を置かない』のレビューも書いています

読書レビュー『死んでも床に物を置かない』を読んで共感した!
スポンサーリンク

YouTubeで語っています

片付けを語る①好きな空間を知るのが大切

 

スポンサーリンク

散らかりを防いでくれる本を集めました!

「ちゃんとしなきゃ」のリミットを外す

たみ
たみ

几帳面な人ほどこの意識が必要かもしれませんね

散らからない仕組みを作る

たみ
たみ

仕組みを作るだけなので簡単ですね

たった1つの場所を片付けるだけで

たみ
たみ

全体でなく1つの場所だけを集中的に片付けるんですね

掃除が嫌いでもスッキリ片付く

たみ
たみ

ゆとり時間を生み出すのは工夫次第なんですね

なぜ散らかるのかを解明すると

たみ
たみ

理由を知るとスッキリしますよね

英国流のスッキリから学ぶ

たみ
たみ

モノに振り回されない方法に英国流があるんですね

部屋を”活かす”という考え方

たみ
たみ

私的に共感するのはこの本ですね

片付け=捨てるはもう卒業!

たみ
たみ

モノを正しい場所に置いてあげれば自然と片付くんですね

 \いつもありがとうございます/
応援のポチ下さると嬉しいです

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

たみ
たみ

>>メルマガも毎日配信中
ミニマリストのオススメアイテムや片付けの方法、日常生活のお得情報を配信しています。バックナンバーと購読の登録はこちらからチェキら〜

片付け
スポンサーリンク
スポンサーリンク
▼洋服の手放しに便利


ミニマムなライフ