実家の物の多さをミニマリストが見てみた

スポンサーリンク
部屋
スポンサーリンク

人の部屋や家には興味ない、かぜのたみです。

自分の部屋が散らかっているのは嫌ですが、人の家や部屋だと気になりません。

だって、人様の家ですから

ただ先日、実家を訪れた際にかなりの衝撃を受けました。

今日は実家の物の多さと親の高齢化による問題について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

実家の物の多さに鳥肌が立つ

3年ぶりに訪れた実家でしたが、両親が老いたことに加えて、実家の掃除や片付けがほとんどされておらず、荒れていたことに衝撃を受けました。

きっと何かしら問題があり、日々をこれまで通りに暮らすことに必死で、部屋の片付けをしている場合ではないことが会話の中から感じ取れました。

私がミニマリストだからというより、世代や年齢的な問題もあります。

親も老いてくると、これまでにはなかった、長期に渡る疾患や、予測しないアクシデント(主に入院)で、日常生活を送るのさえままなっていないようでした。

正直、片付けどころではないのは理解できました。

ただ、その状況を打破する行動こそ、断捨離や片付けだとは気づきましたが、これまで問題を放置して来た人たちに対して、急に問題を突きつけても理解できないだけでしょう。

この点が、実家の片付けを難儀にさせている要因だと感じました。

資金源に恵まれた世代ゆえの問題

親と私の問題というよりは、かなり引いた視点から見てみても、実家の片付けが私たち子供の世代の課題となっています。

あまりに世代間の収入格差がありすぎるため、正直なところ、価値観や話が全く合わないのも難儀にさせている原因の一つです。

驚くことに、こちらからすると潤沢にある収入源も、両親にとっては不足しているのです。

よく節約やお金の本を読むと、「収入300万円世帯よりも1000万円クラスの世帯の方が貯金が少ない」というような話を見ますが、そのカラクリそのままだと思いました。

一度上げた生活水準は、早々に下げることはできないのです。

節約するにしろ、真っ向から伝えてもこちらが疲弊するだけ、相手もプライドが傷つくだけなので、どのような戦略を取るのが良いのかは、親子間でうまくやっている人の行動を参考にしたいと思います。

両親の残り時間とお互いの今後の関係性により対応は変わる

念頭に考えておきたいのは「親の問題は親の問題、自分の問題は自分の問題」と、分けて考えることだと思いました。

家族間のトラブルは、この距離感と問題提議をしくるために起こるのではないかと考えています。

距離が近すぎると、人というのはトラブルが起こりがちです。

「親なんだから」

という「世間体」というような謎の圧に負けて、自分の人生を捨ててまで関与する問題ではないと思います。

親子や家庭の問題は、どこをどう考えても、他人が口を挟むことではないからです。

実家の片付けについては、自分の身を削ったり、親をコントロールしながら片付けを進めるのは何か違うなと思いました。

たみ
たみ

かえってよその親の片付けの方が楽なんじゃないかと思いました

実家と爆買い観光客を重ねて見る

世代差によるライフスタイルの違いというのが、あまりにも大きすぎるため、衝撃を受けることが色々あります。

そこでなんとなく思い出したのは「ドラッグストアで爆買いする海外観光客」を見るときの自分の視線と、両親の暮らしを見る視線は似た感じだったことです。

ああ、今必要なんだな

という風に私は爆買い観光客の群を見ていることが多いのですが、実家に対してもそんな感じに捉えています。

家族や親だからという距離の近さで見るから、自分の感情や親の感情も「理解できないいいいい」と頭を抱えると思うのですが

生活スタイルの違いは、ほぼ海外で暮らす人と同じくらい感覚が違います。

想像してみてください。

あなたがミニマリストだったとして、実家の家を見てみる

どうですか?

どんな気持ちになりましたか?

ミニマリストの自分は、同世代の人の暮らしを見るだけでも「物が多いな…」と思うのに、ましてや実家のレベルとなると、完全に海外のカルチャーです。

たみ
たみ

そのくらいの方が心が平和です

created by Rinker
¥475(2019/06/17 22:57:05時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

実家を見るたびに物の多さに落ち込む人がいたり、あとは実家の片付けを手伝ったりする人もいるみたいですね。

誰が捨てるのか

と気が重くなりがちなのですが、避けたい問題ほど後々自分の身にのしかかってくるのはわかっています。

お金で解決するパターン
労力で解決するパターン

家族の数だけ、その解決策は多岐に及ぶのだと思います。自分と両親はどのパターンを選ぶのか、その話し合いからスタートだと思いました。

距離が近い家族関係ほど、そういうことを話しずらいですしね。

普段一緒に暮らしていない者が、引いた視点で指摘するのも大事な気がしました。

一筋縄では行かないことですが、いつかは解決せねばいけない問題です。私は「自分が出来ることをやる」というスタンスで、これからも粛々と進めていきたいと思います。

それでは素敵なペアレンツライフを〜!

実家の片付けに関する本をご紹介します

今は不用品でも遺品になると事情が違う

たみ
たみ

そうですね…

遺品整理の専門家の話

たみ
たみ

ためになりそうです

実際例が多い

たみ
たみ

建設的な進め方を知りたいです

Kindle Unlimitedだと読み放題の本!

Kindleの読み放題で「実家の片付け」に関する本がたくさん読み放題になっています。まだ一部ですが、Kindleだと読み放題なのがありがたいです。

▼申し込みはこちらから!

↓親の片付けにみんな悩んでるんですね…

created by Rinker
¥1,850(2019/06/17 22:57:07時点 Amazon調べ-詳細)
【読み放題】Kindleが30日間無料で体験できる!
  • 対象書籍がかなり多い! 
  • Kindleを気軽に試せる
  • 30日間とお試し期間が長くて堪能できる!

 \すぐ読みたい時に便利!/

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

【メルマガ登録はこちら!】
ミニマリストのオススメアイテムや片付けの方法、日常生活のお得情報を配信していきます。
メルマガ購読はこちらから!
部屋
\ SHARE!SHARE!SHARE!SHARE! /
スポンサーリンク
ミニマムなライフ