ミニマリストの買い物の仕方

日常

買い物が苦手、かぜのたみです。

前々から知ってはいましたが、買い物の方法もどんどんミニマムになっていってます。

ずっと同じ場所に暮らしていたり、同じ仕事をする生活ではないので、その時々によって必要な物は変化しますが、それでもやっぱり「買い方の傾向」はあります。

ネットで買う、リアル店舗で買う、そうした買う場所以外に、物をセレクトするときに気にかけていることです。

ミニマリストはどうやって買う物を見つけているのか、または判断しているのか、今日はまとめていきたいと思います。

↓買い方については以前にも少し書いたことがありました

ミニマリストが買い物で気をつけてること

ミニマリストの買い方①使っている物を繰り返し買うだけ

自分の身の回りを見渡してみると、結局使っているものを繰り返し買うのが一番使いやすく生活に馴染むことに気づきました。

かなり当然のことのように思いますが、売っているものがコロコロ変わる今の世間において「同じものを買い続ける」のには、かなり戦略が必要。

安いお店であれば、定番商品というのがごくわずかで、ほぼ入れ替わっているのが普通です。

ブランドでは定番という商品もありますが、なぜか高級であることが多く、自分的にはその分野で気に入った物を見つけられたことがないのが残念であります。

「同じものを買い続ける」ために、ブランドを決めていたり、あとはストックを買ったりする人も多いようですが、私は使うかどうかもわからない時点から複数買うのは気持ちが凹むので、そうしたショッピングはしません。

よく使っている物と姿形が似たような物を買う

この戦法だけで過ごしています。自分が好きな形やサイズというのが、もうほぼ決まってきており、鍋はこう、ズボンはこう、靴はこう、と自分なりの”型”が決まってきました。

お金があれば、すぐ全部オーダーメードで作ります。でもそんな余力がないので、一番近い物を買うのが現実的な買い物の方法になりました。

 

たみ
たみ

今よく使っている物には必ず理由がありますね

ミニマリストの買い方②自分の体と五感が基準

買い物で大事にしているのは、自分の五感に不具合が出ないかどうかです。私は決して笑えることではなく、感覚がセンシティブな方なので肌につけるもの、あとは食べるものを選ぶのがかなり大変です。

同じ物を着続けたり、同じ物を食べ続けたり「ハマる」というより、「落ち着く」というか「脳が安らぐ」というか、高揚感とはまたちょっと違う感覚があります。

なので、あちこちランダムな物選びや、違う物を食べ続けるの方が自分にとってはストレスで「しっくりきた物を繰り返す」というのが自分の生活のベースラインになりました。

感覚の繊細さや気に入らなさがひどいので「もしや脳の器質で…」と考えたことがありましたが、診断を受けたからといって、その性質と付き合うことには変わりありません。

原因は不明ですが、「同じ物を使う」「同じ物を食べる」方が自分が安定するので、自分の五感を大事にするため、冒険心や今身の回りにあるものよりも全然別のセレクトをするのは避けています。

お気に入り、というのには軽薄、むしろ「自分の五感が許す」物選びといった感じでリアルでシビアな問題であります。

たみ
たみ

物は手に取ったり、身につけたりすることが多いのでそこをクリアしないと使わなくなりますね

ミニマリストの買い方③よく使っている物を分析しておく

自分がよく使っているものは、よく使っているなりの理由が必ずあります。なので、自分の場合は「よく使っている物の細部を把握しておく」ということをしています。

嫌いな物の理由はかなりスラスラ言える気がするのですが、好きな物の理由は意外と把握できていなかったりします。

靴下であれば、厚みはこう、色はこう、素材感はこう…と把握していると、似たような物を見つけるのも上手くなります。

先に分析をしておくと、何かの時にふと見つけやすくなるので、意識するのは大事な気がします。

たみ
たみ

分析結果があれば、急に降りてくる「欲しいかもしれない」にもストップをかけることができますね

ミニマリストの買い方④1度見ただけで買うことはかなりレア

必要な物が出てきたら、一度見ただけで買うのは自分の場合はほぼありません。ミニマリストだからというより、これも個人の性質です。

ほぼリサーチに終わることも多く、そこで精根尽き果てて、結局買わないことがほとんどです。そうなると「別に買わなくてよかった」ということになるので、物が増えずらいのも当然です。

1度見ただけで買うことは、食品や飲料以外は、自分の場合ほぼありません。

もし物を減らしたい、と考えている人が色々な物を手放そうとしているなら、それより先に「すぐに買うこと」だけをやめれば、部屋の物も自然と減っていく気がします。

 

たみ
たみ

当然ですが買わなければ物の増えるスピードは俄然落ちます

ミニマリストの買い方⑤フィーリングで買わない

根拠がある買い物しか私自身できないタイプです。直感で買うにしろ、そこに至るまで、かなりの分析とデータの蓄積が自分の中に行われている結果。

そしてだいたい「なんとなく」で購入したものは「なんとなく」消えていきます。

前の項目にも書いた通り、買い物も経験を重ねていくと「だいたいよく使うもの」の傾向が見えてくるので、それに沿った買い物が一番確実です。

なんとなく冒険してみたり、いつもと違う買い方をした時は絶対に無駄が出ます。あまり自分のコンディションがよくない時のフィーリングは、本当に当てにならないと猛省した結果が現在です。

買い物は必要なものを買う行為。それ以外、本当に意味はないなと思います。

たみ
たみ

なんとなくで買ったものは、本当になんとなく消えていきますね

まとめ

ミニマリストがどんな物を選ぶのか、どんなセレクト方法をしているのか気になる方も多いのかと思って買いてみましたが、自分にとっては当然のことばかりで、書くのも大変でした!

買う人は買うし、買わない人は買わない

買い物ってそういう物だと思います。売り場でも一直線に欲しい物に向かう「狩猟タイプ」の人と、色々見たり手に取ったりしながら回遊して買い物を楽しむ「過程重視タイプ」の人にざっくり分かれますね。

私はどのどちらでもなく”ただ買わないタイプ”という性質です。しかも我慢や他の色々な要因ではなく「ただ買わない」選択をいつもしているだけです。

必要な物も買わなかったりしますが、それはそれで暮らせるのがミニマリストらしいところ。

だいたい「買うまでのパッションがない」ことがほぼなので、買い物が好きな人は情熱家だなと思います。

自分の飼い方や癖を知っていれば、買い物もまた違って見えるかもしれません。

それでは素敵なショッピングライフを〜!

↓ミニサイズは使い勝手がいいので便利です

あらゆるミニサイズにハマってる

 \いつもありがとうございます/
応援のポチ下さると嬉しいです

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

たみ
たみ

>>メルマガも随時配信中
ミニマリストのオススメアイテムや片付けの方法、日常生活のお得情報を配信しています。バックナンバーと購読の登録はこちらからチェキら〜