【ミニマリストの洋服】買い方や減らし方〜収納まで洋服記事まとめ

スポンサーリンク
洋服
スポンサーリンク

ミニマリストの洋服は最低限、かぜのたみです。

洋服を減らしたい、だからミニマリストの手持ち服や管理方法を知って、自分のクローゼット整理に役立てたい! そうした方が多そうですね。

ミニマリストの洋服の持ち方は一種独特。

制服化を進めているミニマリストの方もいれば、収納スペースに具合よく収まる分だけ持つようにしているという方も。

私自身は、自分が過ごしやすいマイルールを持って洋服を持つようにしています。

今回はミニマリストの自分の、洋服に関する記事をわかりやすくまとめていきたいと思います。

たみ
たみ

目次を開くと、読みたいところだけご覧いただけます!

スポンサーリンク

ミニマリストの洋服の持ち方や捨てる方法

ミニマリストの洋服と一言で言っても、買い方から持ち方、収納方法、手放し方や捨て方、あとはシーズン毎の対応方法など、多岐に渡ります。

「ミニマリストはどんな洋服を着てるの?」
「ミニマリストのクローゼットを見てみたい」
「最低限の枚数って?」

これまでミニマリストの生活を送っていると、改めて自分と洋服の向き合い方を振り返ります。

ここからは素朴な疑問から、ミニマリスト独特の洋服の選び方、持ち方までをまとめてみました。

1.洋服の処分方法

手持ちの洋服を減らしたい!という時、処分方法に迷ってしまいませんか?「まだ着れるのに…」「高かったから」と色々な思いがあって、なかなか洋服を減らすのが難しい!という方が多いようです。

以前、色々な種類の洋服を持っていた時には私も手放す判断が難しかったのですが、オールリセットしてからは、ほとんど悩まずに洋服を手放すことに成功しています。

手持ちの洋服を、いつでもスッキリした最低限の枚数をキープする方法は「手放すタイミングを先に決めておくこと」。

洋服は着ようと思えば、汚れようが、色褪せようがずっと着ることはできます。

生活用品と違って、使えなくなったり、壊れることがないので、手放す判断やタイミングを見極めるのが大変かもしれません。

ですが「まだ着れる!」とはいえ、過度に進んだ色褪せや染み付いてしまった汚れ、型崩れを気にせず着ると、相手に好印象を与えたいための洋服がマイナスのイメージになってしまっては意味がありません。

そんなわけで、私は洋服の処分は「先にデッドラインを決めて」持つようにしています。

特に”パッと見たときの印象”で手持ち服のことは決めています。

買うときは「これでもか」というほど熟考しますが、手放すときは直感とタイミングです。

ですが多くの人はこの逆で、「買うときは直感」でも「手放すときは熟考」。

洋服の数を減らしたいと考えたら、この行動を真逆に変えれば楽なことはいうまでもありませんねw

私の洋服の手放し方、タイミングは潔いのをポイントにしています。

たみ
たみ

買うときは熟考、手放すときは直感を大切にしています

↓洋服の処分もコツや各ポイントあり!洋服を手放すタイミングについて書いた記事です

<洋服を手放すタイミング>ルールを先に決める

2.洋服の整理整頓での工夫

クローゼットの整理整頓は本当に大変ですね。特にレディースのファッションは、小物類も形がバラバラ、洋服も長さや繊細な素材が多く、収納にも気を使います。

私もミニマリストな暮らしを送る前は、そうした「様々な種類の洋服や小物類をまとめる」ことに、四苦八苦していました。

余計に収納グッズを買って、整理したつもりになってみたり、自分に不向きな畳み方で置いてみたり…。

「きっちり収納」してしまうと、しまった物が見えずらく、あることさえ忘れることもありました。これならせっかく整理整頓しても全く意味ないですね。

ですが、クローゼットや引き出しが散らかるのは嫌なので、収納や整理が苦手ながら、これまでかなり試行錯誤はしてきました。

クローゼットの収納を見直さずに洋服の収納を怠たり、せっかくの洋服がしわくちゃになってしまったり、湿気がこもったりするのは避けたいと思っていました。

ズボラとはいえ、洋服は気持ちよく着たいので「楽に、でも綺麗に過ごしたい」と考える時間が長くありました。

最低限の洋服で過ごし始めてからは、そんな悩みもミニマリストの生活で一掃され、今は自分なりの収納方法を見つけて、ストレスフリーで過ごしています。

収納や手持ちの洋服は人によってそれぞれ違うので、自分なりの「洋服の収納方法」がわかれば、生活がかなり快適になりますね。

たみ
たみ

自分にあった方法を見つけると本当に洋服の整理整頓が楽になります

↓私が自分に向いた収納方法について書いています

整理整頓が苦手だから片付けは収納本の真似をしない

3.洋服の収納での心がけ

部屋と同じで、クローゼットが綺麗だと普段から気持ちよく過ごせますね。たとえ物が少なくても、色形が違う洋服が多いと、クローゼットはどうしてもごちゃつきがちです。

洋服の収納でも、ちょっとしたポイントを心がけるだけで、取り出しやすく、しまいやすくなります。

物を減らせばクローゼットがスッキリする!という訳ではなく、数を減らした上で、スッキリ見える収納を心がけないと、せっかく減らした洋服が活かされません。

私は決して、几帳面は性格ではなく、むしろ”かなりズボラ”なタイプ。

ズボラに手を抜きながら、自分が許せる範囲に整ったクローゼットをキープするには、やっぱり”仕組み作り”が一番大切です。

深く考えて導き出した答えではないですが、ごく自然に自分が洋服を扱う方法が身についたと感じます。

たみ
たみ

収納グッズを買ったり、よその収納スペースを真似するよりも自分の行動を振り返って見直した方がいいですね

↓洋服の収納時、心がけていることはこちらに書いています

<洋服のマイルール>ミニマリスト女性の洋服の片付け収納方法

4.手持ちの洋服は何枚?

洋服の数は枚数で管理していないので、ほとんど気にしたことがありません。答えは簡単で、数えても意味がないからですw ですが一度だけ、自分の手持ちの洋服をブログに書くために数えたことがあります。

その時に数えた結果は、全部で6着。

ですが手持ちの洋服を数えて見て感じたのは「想像より多い」ということ。

自分としては、身につけている洋服一式だけだったはずなのに、アウターを含めると意外と枚数がある…といった印象でした。

ミニマリストでも、洋服に何を求めるかは人それぞれ違います。

私の場合は「そのシーズンのライフスタイルに合っているか」で手持ち服を決めて、シーズンごとに着倒していきます。

働く場所や住む場所によって必要な洋服も違うので、まさに”リアルタイム”での洋服しか持たないようになりました。

洋服の枚数を減らすことによって、1枚1枚の役割を問い直すこと、洋服の持ち方自体を振り返ることができ、ミニマリストの生活を送ってよかったと思うことの一つです。

たみ
たみ

洋服の枚数を数えるのが苦手で、枚数を基準に洋服は持ったことがありません

↓記事制作当時の、手持ちの洋服の枚数と内容を書いています。

ミニマリストで30代女性の洋服の数は全部で6枚でした

5.洋服を最低限にする方法

枚数を気にするのではなく「最低限の洋服の数」を実現するために、私が心がけているのは”最初に仕組みを作る”ことです。

コーディネート単位、洋服単位と把握する方法は色々ありますが、自分の場合は「組み合わせが楽な持ち方」を目指しています。

トップスとボトムだけでも、簡単なようで意外と面倒なことが多いです。

上下セット、全く同じ洋服で数枚用意する方法もありますが、自分の場合は同じ洋服の枚数を持つことはせず、違った種類の洋服を持っています。

真冬はアウターで隠れてしまうので同じ種類の洋服でも構わないのですが、春夏あたりのシーズンは最低限の組み合わせを「少しは楽しみたい」という気持ちになります。

そのため、同じトップスを柄違いで持っている場合が多いです。

あとは気温の調節や洗濯などのメンテナンスのしやすさなどを考慮して、決めています。

 

たみ
たみ

洋服の最低限の枚数は人により違うので、自分が生活しやすい枚数を探るのがコツですね

↓ある時期の私の洋服パターンを詳しく書いた記事です

持たない暮らしは洋服も最低限
持たない暮らしというと聞こえがいいですけど、最低限の洋服でいちど過ごすとかなり楽チンでとても良いのですよ。通年同じ服を着たいのが一番の希望なんですけどね。服の断捨離に悩む人が多いみたいなのですが、うちのミニマルライフな服生活をご紹介したいと思います。

6.シーズンの洋服の買い方と扱い方

最低限の洋服を持とうとすると、ネックになってくるのが「シーズンの洋服」。特に冬場のアウター類は何着もあると、整理もメンテナンスも大変。

一年を通して着る洋服であれば、ハンガーにかけて置いても着るので良いですが、限られた数ヶ月しか着ることがない洋服は普段着る洋服と混ぜると、はっきり言って邪魔です。

洋服を最低限にするには、シーズンの洋服の買い方、持ち方を見直さないと難しいことに気づきました。

それ以来、自分の中でルールを決め、シーズンの洋服を持つようになりました。

その時に着たいものを買うのがベストな時と、年間を通して考えた方が良い時と、洋服の買い方や持ち方も様々です。

たみ
たみ

シーズンによって着る服、必要な洋服が違うのが「洋服の手持ち」の判断を難しくさせている一員ですね

↓持たない暮らしで洋服を最低限にする方法を試行錯誤している記事です

持たない暮らしで洋服を最低限に…買い方と持ち方を見直す
持たない暮らしの中でも、洋服が自分は少ないです。少なくしたい!よりも、なぜか「持てない」んですよね。どうして洋服を持てないのか謎だったんですけど、買い方が難しいことと、コーディネートや着回しのことを考えるのが異常に苦手なのが二大要因ですね。今日はそんな自分ですけど、買い方を変えたいと思います、ということを書きました。

7.洋服や小物類の買い物で失敗

ミニマリストな生活を送り始めてからは、ほぼ洋服の買い方で失敗は起こらなくなったのも良いところです。

それまでは「買っては違う」を繰り返したり、分相応の物でないものを購入してあとあと苦労したりと、失敗の連続でした。

洋服に関してお金と時間を無駄にすることが多く、そうした”負のスパイラル”から抜け出たいという思いもあり、ミニマリストな暮らしを送り始めたところもあります。

自分の買い物の癖というのは、自分ではなかなか気づけないもの。

特に洋服の失敗は「メルカリで売ればいい」「安いから」と、それほど痛手を負わないというのも、失敗を繰り返してしまう要因です。

また、女性のファッションはTPOに合わせたバリエーションが必要なことも多く、履きたくないパンプスを持たなければならなかったり、スカート着用が必須の場面であったりと、服装の制限が結構あります。

そうした服装の制限がある環境から抜けたので、今は本当に最低限の洋服の見極めもしやすくなり助かりました。

たみ
たみ

これまで自分も洋服や周辺小物では色々と失敗をしてきました…今はお金も時間もゆとりを作れて色々と楽に過ごせています

↓持たない暮らしで洋服の買い物ミスを減らすまでの失敗談と苦労を書いています

女性ミニマリストが洋服の買い物で心がけていること
【PR】”持たないおしゃれ”で叶えるリアルコーデ

洋服を買っては気に入らず、コーデもわからない…そんな不毛なことを繰り返すよりは、プロが選んでくれた自分の骨格に合うコーデをレンタルしちゃった方がメリットが多いです。

  • 今すぐ着られる旬のコーデが楽しめる!
  • プロのスタイリストがコーデしてくれる!
  • 4点セットで借りられる(単品レンタルもOK)!
  • クリーニング代も含んで月額7500円〜は手軽!
たみ
たみ

洋服で失敗してクローゼットを埋めちゃうより、無駄がなくていいですね

\自分にあったおしゃれ無駄なく楽しめる/

8.洋服が最低限の数のメリット

持ち物が最低限でよかったことがたくさんあるように、洋服も最低限の枚数だとメリットがたくさんありました。

あまりにたくさんありすぎて、どこから書けばいいのかわからないほどです!

一番は「洋服にかける時間とお金」が激減できたこと。

あとは「洋服の収納にイライラすることがなくなった」「洋服の探し物もゼロ」と全体的にとても気持ち的にも身軽になれました。

洋服の整理や管理面だけでなく「コーディネートが決まらなくてイライラ」「今日の気分にマッチしなかった」「毎朝服選びに時間やエネルギーを取られる」などなど、洋服に気持ちを翻弄されることがなく”毎日安定して過ごせる”のも良いところです。

朝の時間にゆとりができたのはもちろん、なるべく着たくない洋服を着て、テンションが落ちることもありません。

いつも同じ服だと、周りの目を気にしすぎることもなくなり、全体的に落ち着きました。今では「同じ服だから変に思われるかも」といった思考はゼロです。

相手からすると、自分がどんな洋服を着ているかなんてほぼ興味がないものですw

ミニマリストな生活を送っていると、そうした”当然気にしていたストレス”から解放されてよかったです。

たみ
たみ

洋服が最低限だとものすごく楽なことと、あとはこれまで持っていた”固定概念”も手放すことができます

↓洋服が最低限でよかったことは本当にたくさんあるので、詳細記事をご覧ください

洋服が最低限の数でよかったこと
私は特に洋服のコーディネートや着まわしっていうところがものすごく苦手なので、それで余計にそう思うのかもしれません。でも自分が苦手だったことを手放すと、こんなにも前向きに暮らせるのかって結構思います。今日は意外と書いていそうで書いていなかった、洋服が最低限というか少ない量でよかったことについて書いてみたいと思います。

9.洋服にまつわる習慣

洋服の枚数をただ減らすことより、私自身は「習慣」全体を見直した方がいいと考えている派です。

自分の洋服の枚数がほおっておくと膨らんでいく理由、もしくは、洋服をつい買ってしまう理由など”洋服が増える要因”を根本から経たなければ、いくら洋服を減らしたとしてもまたリバウンドしてしまいます。

私の場合は「最低限の洋服を持つ」「10枚未満持つと決めています」ということではなく、”今手元にある洋服をひたすら着る”ことに、徹底しています。

数枚の洋服を毎日交互に着たり、ひたすら、それはもう徹底的に着ることに徹底すれば「うっかり洋服を買ってしまう」癖が入る隙がなくなるからです。

外出先でつい洋服を買ってしまうのも、そうした「着倒す」「最後までちゃんと見届ける」習慣がないから。

洋服は着てこそ役割を果たせると考えているので、ワンシーズン、手持ちの洋服を着続けることがミニマリストの私の習慣です。

 

たみ
たみ

普段の行動も突き詰めれば、どんなことも”習慣”で成り立っています!洋服にまつわる習慣を見直せば「洋服に管理に時間を使う」こともグンと減ります

 

↓洋服に関する習慣について、より詳しくこちらの記事に書きました

洋服を着倒す習慣を作れば全部解決する!

10.洋服の買い方

ミニマリストの洋服の買い方が気になる方が多いんでしょうか。確かにミニマリストのクローゼットはすでに完成された状態で「買う」判断のところは、意外とフォーカスされたことはない気がします。

私の場合は、洋服をワンシーズン着倒すことを目的としているので、少ない数ながら購入する時があります。

洋服の手持ちを増やすことなく、それでいてワンシーズン快適に過ごすには、洋服の買い方が一番重要になってきます。

手放すのは簡単に手放せますが、洋服を買う時にはお金や時間もかかります。なるべく洋服にかける時間とエネルギーを減らすため、自然と自分が必要な買い方ができるようになりました。

洋服を「欲しい」という気持ちで買っている時には、こうした「適切な買い方」も気づけなかったと思うと、ミニマリストの暮らしを経験してよかったです。

たみ
たみ

洋服は手放し方より確実に「買い方」「買うタイミング」の方が重要だということに気づけました

↓洋服の買い方についてはこちらの記事に書きました

ミニマリストの洋服の買い方と持ち方

11.愛用のアウター

クローゼットの中身は人により全く違いますね。私の場合は、アウトドアウェアを愛用しています。

機能性に優れていること、よく着ても劣化しずらい、価格も手頃、コーディネートもしやすいと自分にとってメリットが多かったためです。

常におしゃれな格好をする必要はなく、日常生活で着る服装であれば、全く問題ありません。

特に夏場や冬場の、寒さや暑さに対応できる洋服というのは、意外と少ないものです。

アウターはそうした春先の寒さや冬場の風よけなど、どのシーズンでも役立つ物を持っていると洋服の手持ちも少なく、快適に過ごせます。

たみ
たみ

洋服は手持ちの枚数が重要なのではなく、頼りになる洋服が数枚あるとクローゼットが充実します

↓モンベルのアウターは劣化しずらく機能性も優れ、快適に過ごせます

【ミニマリストの愛用品】モンベルのO.D.パーカ
季節の変わり目のアウターって本当に選び方が難しいですね。アウターだけでなくて、服装自体を選ぶのが難しい。一枚あると季節のはざまに色々着れて便利なナイロンパーカをモンベルで見つけたので珍しく試着したその日に購入したのでレビューを書きました。シルエットのきれいさと、素材のハリ感と軽さも良いですよ!

12.愛用のトップス

洋服が増えてしまう原因として「気温の変化にあれこれ対応できるよう色々持っておく」ということがあります。

季節を問わず着れるトップスがあれば、オールシーズン着ることができて、快適なのはもちろん、手持ちの洋服の枚数を減らすこともできます。

そのためには、素材選びであったり、乾きやすさ、あとはコーディネートしやすいデザインなど、必要な条件が揃ったトップスが必要です。

洋服選びはデザインはもちろん、素材も重要。

夏場は汗が早く乾き、体が冷えないよう。冬場はアウターの中でも快適に体温調節ができるよう、と機能性に優れたトップスが1枚あると本当に便利です。

便利なトップスが1枚あるだけで、手持ちの洋服を減らすことができることに気づきました。

アウトドアウェアはその条件を備えた数少ないウェアの1枚です。

たみ
たみ

洋服でもいつでも着やすい”万能選手”はミニマムマストなクローゼットには欠かせません

↓愛用のトップスについて詳しく書いた記事がこちらです

【ミニマリストの愛用品】モンベルのボーダーロングTシャツ
洋服選びに苦悩しがちな私ですが、愛用品が多いモンベルで、消耗品としがちなトップスっていうものも買ってみるか〜と試しに買ってみて着てみています。今はその一枚で切り盛りしているんですけど、肌着兼でとても良いですね!薄手なので洗濯も楽チン、しかもとっても乾きやすく素晴らしい!ついでなのでキッズサイズとも比較をしてみました笑

13.洋服を持たなくなったタイミング

ミニマリストの生活を送るようになってから、一番最後に着手したのが洋服のジャンルでした。家具や生活雑貨、その他のアイテムと違って、洋服は「最低限の枚数」を見つけるのが難しいからです。

あの場面ではこの洋服が必要
このシーズンにはあの洋服が必要

こんなことを考えていると、手持ちの洋服はいつまで経っても減りません。

そこで私は一念発起して、それまで脈略なく持ってしまっていた洋服を一掃し、ゼロから自分のクローゼットを構成することにしました。

おしゃれな人のクローゼットには統一性があるものですが、私はおしゃれが苦手なゆえ、不安から洋服を買ってしまっていました。

枚数はそれなりにあるものの、自分が納得できるコーディネートができているかといえば、決してそうではありません。

むしろよく聞く「クローゼットはいっぱいなのに、着る服がない」にほぼ近い状態でした。

あと自分が「何を着てもダサい」ことがコンプレックスで、洋服を無性に欲するところもありました。買い物や整理整頓の話だけでなく「自分への自信のなさ」が原因。

洋服の整理は、自分の意識を整理するにも役立ちました。

たみ
たみ

自分のコンプレックスを埋めたくて洋服を買っている人は私以外にもたくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか

↓洋服を一掃したタイミングと手放した方法、クローゼットを再構成する方法を書いています

ミニマリストの自分が洋服を持たなくなったタイミングとあまりに大胆すぎる方法

14.究極!本当に洋服が最低限の状態

手持ちの洋服を減らしたい…そう思って、全ての洋服を手放した訳ではありませんw

ある時、ライフスタイルがガラッと変わった時があり、その時に「必要な服」と「必要でない服」、「着たい服」と「もう着たくない服」を分けた結果、本当に最低限の状態になっただけです。

その洋服の数、4着。

嘘のような数ですが「今着ている洋服だけ」を残せば、”本当の最低限”に。

私はあまり「いつか着れるから」「買ったばかりだから」と未来や過去のことを考えて、持ち物を持ちません。考えるとキリがないことだからです。

そのため不要になった洋服を「いつか着るかも」と取っておかないのはそのせいです。

クローゼットの中身は、働く職場やその時の環境、様々な外部環境によって手持ちの洋服も変化します。

ずっと同じ洋服を持ち続けてそれが維持できているのは、自分が暮らす環境や仕事も含めたライフスタイルにも変化がないから。

なので自分が暮らす日常が変化したら、私は洋服も一緒に見直すようにしています。

たみ
たみ

ここまで減らすことは相当ない…と思いきや、環境や条件によっては意外と再現可能です

↓衝撃の洋服の枚数…少し残して置こうという気持ちもありませんでした

まず10日間、少ない服で過ごしてみる…とはいえ4着は少ないな
今自分史上で最高に手持ちの服が少ないです。今着ているものたちとパジャマだけになりました。どうしてここまで減ったのかは書いてみたんですけど、パジャマ←→普段着の往復だと、服が苦手な自分にとってはすごくストレスフリーだなーと思って過ごしてみています。特に冬服は枚数がいらない気がしますね。ということを書きました。

ミニマリストの洋服まとめ

ミニマリストの洋服にまつわる記事、たくさんありましたね!

私も洋服は苦手だ、おしゃれが苦手だと言いながら、省いて暮らせることではないので様々な取り組み方をしてきました。

特に洋服の買い方は、誰かに教えてもらうことや、選び方のコツやポイントなどを調べても良い情報を得られることがなく、自分で地道に試行錯誤する以外、良い方法が見つかりませんでした。

洋服を最低限に保つためには、コツがあります。

  • コーディネートを必要以上に複数パターン持たない
  • 「いつか着れる」はほぼ着ない
  • 着なくなった時には”その時”に手放す
  • 使いやすいようクローゼットを収納する

だいたい、このあたりのポイントを押さえていれば、大きく外れないはずです。

あとは自分が「何をどう着たら日常を快適に過ごせるのか」

これが一番大切です。外からの視線や評価、あとは金額やセールなど、外からの要因に振り回されて洋服を買っていたり、選んでいたりすると、手持ちの洋服の数は永遠に増え続けます。

自分が快適に過ごせる洋服の枚数は、実はそれほど多くはありません。

最低限の洋服で過ごす前には「洗濯に困るのでは」「何か困ることが起こるのでは」と不安が膨らむばかりだと思いますが、具体的にその”困った状況”が浮かぶでしょうか?

私はそういう時「洋服が必要な状況になれば、買えばいい」と思って過ごしています。実際「本当に必要になること」はほとんどなく、季節が変わったり、自分の環境が変わった以外は大きな変更をかけたことはありません。

ミニマリストの洋服の持ち方、買い方などは、斬新な方法に見えて、誰にでもチャレンジできることです。

まずは「数日間試してみるつもり」で洋服を数着残し、限られた洋服で過ごしてみると実際に体験できるかと思います。

でもおしゃれを楽しみたい…そんな時のサービス

【PR】”持たないおしゃれ”で叶えるリアルコーデ

洋服を買っては気に入らず、コーデもわからない…そんな不毛なことを繰り返すよりは、プロが選んでくれた自分の骨格に合うコーデをレンタルしちゃった方がメリットが多いです。

  • 今すぐ着られる旬のコーデが楽しめる!
  • プロのスタイリストがコーデしてくれる!
  • 4点セットで借りられる(単品レンタルもOK)!
  • クリーニング代も含んで月額7500円〜は手軽!
たみ
たみ

洋服で失敗してクローゼットを埋めちゃうより、無駄がなくていいですね

\自分にあったおしゃれ無駄なく楽しめる/

 \いつもありがとうございます/
応援のポチ下さると嬉しいです

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

たみ
たみ

>>メルマガも毎日配信中
ミニマリストのオススメアイテムや片付けの方法、日常生活のお得情報を配信しています。バックナンバーと購読の登録はこちらからチェキら〜

洋服
\ SHARE!SHARE!SHARE!SHARE! /
スポンサーリンク
ミニマムなライフ