ミニマリストが物が少なくて広い部屋で過ごしてわかった不満ポイント

スポンサーリンク
部屋
スポンサーリンク

都会のど真ん中に住んでいる、かぜのたみです。

物が少なくて、余白が多い部屋に住むのが憧れという人も多いかもしれません。でも実際に、自分が物が少なくて、(自分的に)広めの部屋に住んでみて

別にそうでもない

ということを感じたので書き残しておきたいと思います。

今日はミニマリストの自分が、今の部屋に住んでみてわかった「物が少なくて広めの部屋」について、気づいたことを書いてみます。

スポンサーリンク

ミニマリストが物が少なくて広い部屋に住んでみた感想

<補足>
私は聴覚過敏気味です!鼓膜が痛くなることが多いので、よくイヤホンをして防止しています。なので、ここから書くことは私のセンシティブな感覚であることをお断りしておきますw

 

物が少なくて広い部屋は
周辺環境によって快適さが大きく変化する

以上です!

 

続けますw

今住んでいる部屋は都会のど真ん中にある、7畳1Kの間取り。周辺環境は、よくある大阪市内という感じですw 車も人通りも絶えない、超都会のど真ん中っていう感じ。

正直、周辺環境がうるさいところですwww

まず人の声もデカイ。大阪人め…

広さ自体はワンルームであれば、特段広い部類ではありません。通常が6畳とすると、少し広いくらい。

むしろ部屋を訪れた人は「7畳をこんな余裕を持って使っている人はいないのでは」と話していました。

わし
わし

確かに。

部屋に置いている物は、少し前までデスクと椅子、セミダブルのマットレスでした。ただ、デスクとマットレスを手放した今、物音に悩まされています。

2つ家具が減っただけで、音って増幅するんですね…!!

初めて体験するのですが、物が少ない部屋の盲点でした。

①音の響きがうるさい

今の部屋の構造は鉄筋コンクリートでかなり頑丈な造りです。壁も床もかなりしっかりしています。

だからきっと余計に音が響くんですよね。木造のアパートにも住んだことがありますが、ここまで音が反響した覚えがありません。

音の抜けがない分、部屋の中で反響してしまうんだと思います…。

自分が床にスマホを落とした時、くしゃみをした時、通話している時など、音の響きが半端じゃありません。自分の生活音がうるさいっていうのは、割とストレスだなと思いました。

せめて家具を配置していたり、フローリングの床がよくある安い賃貸の「なんちゃってフローリング」であれば、反響音も抑えられると思います。

わし
わし

マットレスがある時はそこまで気になりませんでした

②環境音も反響

近くに交通量が多い道路があること、道ゆく人の声が部屋に反響します。

前の部屋の時にも気づいたのですが、物が少ない部屋だと環境音をそのまま取り込んでしまって、響いてしまうのかもしれません。

家具や物は音を吸収する役割もあったなんて、ちょっとびっくりです。

③上下左右の部屋の音が聞こえてしまう

音を防ぐ物がないと、上下左右の部屋の物音がかなり聞こえるようになるんですね…!

前の部屋くらいから気づいていましたが、物が少ない部屋は周りの部屋の音がダイレクトに飛び込んでくる印象です。特に上の部屋からの音がダイレクトです。

 

わし
わし

上の階の人がコロコロをしてるのがわかります。

周辺環境にも寄ると思いますが、多少物があった方が音の響きは落ち着かせることができると思います。

今の部屋の広さは完全妥協案でした…

今の部屋は100%立地で選びました。周辺の環境と複数線使えるアクセスの良さでしょうか。自分は大概、大阪であれば最寄駅が3線は使える場所に住んでいることが多いです。

つまり、大都会。

今住んでいる部屋は立地と家賃の安さで選んだので、部屋の内容は3の次くらいに優先順位を落としました。セキュリティ面は譲りたくなかったので、部屋の広さやスペック、新築などの条件は対象外です。

広さは完全に妥協しました。

わし
わし

それが一番の不満ポイントになるなんて

一つ前の部屋は、5.5畳に住んでいたのであのくらいのコンパクトさでよかったなという感想です。

「余白が多いに越したことない」と考えていた広さでしたが、全ての物を取り払ってしまうと音の反響が気になるので不満ですw

音の反響がなければ、余白の多い部屋は心が落ち着きます…

ミニマリストで独身者は狭い部屋がよし

自分のような落ち着きのない独身は、狭い部屋で十分な気がしました。広い部屋に住めるのは、心の広い人だけ、という心持ちにもなってきます。

広い部屋でも、窓から緑がとか、鳥の鳴き声が〜という優雅な環境であれば、心おだやかに暮らせるのかもしれないですが、ここは大阪のど真ん中。

自分の場合は都会の中心という最高の立地のために、物が少なく広い部屋の良さをあまり活かしきれませんでした。

普通に物がある人が住む賃貸、そういう部屋がある、ということがわかりました。

まとめ

一つ前の部屋から気づいていました。ベッドやマットレスを手放すと音が気になり始めるってことに。

構造上の違いも大きいかと思いますが、都会にあるビジネスホテルって狭くてもそこまで周辺の物音が気にならないですよね。あれはきっと、床がカーペットでカーテンもあり、ベッドや机もあるっていうので、防音設備が整ってるからだと思いました。

都会のワンルームで、物を極限まで減らしたい

と考えている人は、周辺環境の物音と建物の構造を気にした方が良いと思います。

わし
わし

都会でも静かな場所もありますし

うちも床が全面カーペット敷きだと、音の響きもかなり落ち着く感じがしますね。なにせ音を吸収する物が必要です。

もし部屋に敷くならラグは手入れが大変なので、タイル型のマットで良いような気がしています…!

これなら汚れたところだけ外して洗濯できる…!!

 

とはいえ、どれも住んでみないとわからないことです。

それでは素敵なミニマムライフを〜!

 

さりげなく参加

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

【メルマガ登録はこちら!】
ミニマリストのオススメアイテムや片付けの方法、日常生活のお得情報を配信していきます。
メルマガ購読はこちらから!
部屋
\ SHARE!SHARE!SHARE!SHARE! /
スポンサーリンク
ミニマムなライフ