スポンサーリンク

【メリットだらけ】物が少なく身軽でよかった10のこと

ミニマリスト

こんにちは、ミニマリストのかぜのたみです。

最近よく旅行のような移動をよくしているのですが、つくづく、持ち物が少なくて楽であることを実感しています。

結局、移動で大事なのは持ち物ではなく、道中の身軽さだったり、あとは疲れないこと、コンパクトで移動の邪魔にならないことだったりするのではないかなと思います。

移動するのにただでさえ体力を使うのに、それ以上に荷物も重いとなると、行きたい場所にも無駄に体力が必要で、やっぱり軽いに越したことありません。

今日は身軽でよかった10のこと、として自分が実感する”身軽ライフ”の良いことをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

身軽ライフの良いこと①移動が楽すぎ

これに尽きる気がします。どこへ移動するにもすぐに動くことができ、準備に手間取らない、不安もない、といった感じでかなり楽チンです。

持ち物を揃えるだけでお金がかかったり、あとは不安であれこれ持っていくと、移動するにも大変になります。

すぐに移動できるのは、”タイミングを逃さない”ということで、その点が自分はとても気に入っています。

たみ
たみ

特に夏場の身軽さは、命を救うくらいの楽さがありますね

スポンサーリンク

身軽ライフの良いこと②物にとらわれなくなる

持ち物を持たなくなるので「物にとらわれなくなる」というのも当然です。

あれこれ持ち物の心配をしなくて済む、というのは思いのほか、心の自由をキープできる良い習慣な気がします。

持ち物が減って身軽な生活だと、大切なのは行動で、「物はそれに付随してるだけにすぎない」ということを自分の行動から実感します。

たみ
たみ

まず自分と自分の考えと行動ありきだということを、よく見直すようになりました

スポンサーリンク

身軽ライフの良いこと③いつでもローコスト

身軽な生活を送っていると、顕著にその良さを感じるのが「荷物を持って移動するときの費用感」です。

引っ越しなら格安で済み、旅行なら荷物をコインロッカーに預けることもなく、普段の移動なら自分の体力も無駄に消耗しなくて済む、といった感じです。

体力とお金を温存できるというのがとても良いところだと、自分は満足しています。

たみ
たみ

持ち物が少ないと、バッグの大きさや移動の費用なども変わってきます

スポンサーリンク

身軽ライフの良いこと④行きたい場所にすぐ行ける

持ち物が少ない身軽なライフは、行きたい場所が出てきても、気分さえ向けばあとは「行くだけ」という気楽さがあります。

✔︎行きたい→荷物用意せねば→何を持って行くか迷う→荷物多い

という流れは想像しただけで大変そうです。これが身軽なライフだと

✔︎行きたい→行くだけ

という風にかなり過程を短縮することができます。

自分の生活において、この過程短縮は身軽なライフの一番のメリットであると思います。

 

たみ
たみ

行きたかったらただ行くだけです

スポンサーリンク

身軽ライフの良いこと⑤やりたいことにアクセスしやすい

身軽だとフットワークが軽くなるのはもちろんとして、「やりたいこと」に着手するまで、物の存在にそれほど阻まれないので、とっても快適、ということもあります。

✔︎やりたいことが浮かぶ→物を揃えねばと考える→買う→また物が増える

ということがなく、まず手元にある物を活かす方向で考えるようになりました。

なので、

✔︎やりたいことが浮かぶ→やる

という”行動の短縮化”が捗りました。

たみ
たみ

物の準備をそれほどしなくていいのは、かなり人生が捗ります

スポンサーリンク

身軽ライフの良いこと⑥厳選された持ち物だけになる

持ち物が少ないと当然なのですが、不要な物についてかなり敏感になります。

たくさん持っていると紛れられるものも「これ、必要なのか」と審判にかけられやすくなる、という感じです。

ごまかしや、どさくさに紛れることがなくなるので「超少数精鋭」の物だけ必然的に残ることになります。

たみ
たみ

その分、使いやすくもなりますね

スポンサーリンク

身軽ライフの良いこと⑦新しいことにチャレンジしやすい

身軽であることの良い点として、物に焦点を当てていたエネルギーを、下手したら全て「自分の行動」にあてることができます。

これまで手持ちの物で埋まっていた両手が空くようなイメージです。

”物が少なくても過ごせる”という自信がつくと、新しいことにも怖じ気づかなくなり、結構ここは目立たないけれど、すごいことの一つだと自分は感じています。

 

たみ
たみ

物を買うこと、あとは管理することに使っていたエネルギーを、全て(と言わずともほぼ)視野を広げるために使うイメージです

スポンサーリンク

身軽ライフの良いこと⑧自分に合った環境を見つけやすい

身軽な生活を送っていると、それまでいかに自分が”物”に焦点を当てて、そして気持ちを割いて暮らしてきたかがよくよくわかります。

そうして「物」から焦点をずらすと見えてくるのが”環境”です。

環境にフィットしていなかった分、物に頼らざるおえなかったこと

環境に不満があるけど誤魔化そうとして、物で補完していたこと

これらの”ハリボテ”がこそげ落とされる感覚です。

それまで見えていなかった環境に目を向けると「物ではなく大切なのは、自分が身を置く場所」とより強く実感できる気がしています。

たみ
たみ

よく人生を変えたければ環境を変えろ、と聞きますが本当にそうですね

スポンサーリンク

身軽ライフの良いこと⑨物以外のことに敏感になる

物から焦点をずらすと、環境が見えてくる…ということを前述しましたが、それ以外にも色々なことが視野に入るようになりました。

それまで自分が気にしていなかった分野のことや、あとは人間関係関連のことなど。

ただ敏感になるだけだとしんどいですが、解決方法も「身軽な軽やかさのまま」解決しようと考えるので、無駄に考え込むことなく、割とシンプルに選択肢を用意したり、思いついたりするようになったかなと思います。

たみ
たみ

だいたいの悩みをシンプルにできるのが、よかったことです

スポンサーリンク

身軽ライフの良いこと⑩さらに身軽になる

物が少なく、身軽であることが当たり前になると、どんどん物が減って行く現象が自分の場合起きました。

増えたり減ったりしながらも、結局トータルで見るといつも一定の量か、微妙に減っていっているような感じがします。

物を激減させて、生活をリセットしたら、そこから自分の適正量に徐々に近づいて行くのかもしれません。人により、そこから増える場合もあると思いますし、さらに減る場合もあると思います。

身軽が身軽を呼ぶ

というのは、身軽なライフを体験してみると、実感できることかもしれませんね。

 

たみ
たみ

身軽が加速するのは私だけではないはずです

スポンサーリンク

まとめ

ここまでで身軽な生活を送ってよかったと実感していることをまとめてみました。

掃除が楽
買い物しなくてゆとりができた
お金にも余裕ができた

という地べたを這いつくばったメリットというのももちろんあるのですが、そのおもて面をペラリとめくると、こうした「自分の身で実感するあれこれ」というのが、どんどん出てくる感じです。

物を少なくして何がしたいか

そして自分は物を少なくすると何ができるか

そうしたことを考えると、結構ワクワクするものです。

これらは私の「身軽メリット」でしたが、皆さまはいかがでしょうか。

チャレンジされたい方、共感された方のお気持ちに届くと嬉しいです。

それでは素敵なミニマムライフを〜!

スポンサーリンク

特に量が多いのは、やっぱり洋服?

たみ
たみ

洋服の適正量、キープできてますか?

ツッコミリス
ツッコミリス

収納からはみ出ちゃってたり、古かったり…

あとは買ったけど着てないものもたくさんあるわ

たみ
たみ

思ったが吉日!

サクッと選んで、宅配買取でスッキリライフを実現しちゃいましょう!
  • 『箱に詰めて送るだけ』でOK!
  • 送料や査定は全部無料!
  • ブランド限定なしで何でも買い取ってもらえる!

👍トレファクスタイルの宅配買取とは? 

たみ
たみ

古着買取に持ってくのも大変ですからね…
楽してスッキリさせた方がいいに決まってます

 

\こまめに見直して、適正量をキープ!/
👍トレファクスタイルの宅配買取とは?

ミニマリスト
スポンサーリンク
スポンサーリンク
▼洋服の手放しに便利


ミニマムなライフ