色んな物を手放しすぎた私たちに今必要なこと

スポンサーリンク
プロフィール
スポンサーリンク

持ち方買い方に一癖あり、かぜのたみです。

片付けや捨てて整頓!というのが流行ると、「物を減らすこと」にどうしても気持ちがとらわれがちです。

でも果たして本当にこのままでいいのか、とふと立ち止まる時があります。

必要だったのは果たして物だったのか、買い物という行動だったのか。

今日は、物の持ち方、手放し方について考えていることを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

簡単に手放せることが問題を見えなくさせている

物を持たない暮らしを送っていると、物と人との関係についてよく考えます。

物をすぐに手放せるのも、また問題を複雑にしている。

そんな気がしています。

買いすぎた物は「メルカリで売ればいいや」とか、「捨てればいいや」とか、安易に手放せる状況が、また違う問題を生み出しているような気がしてなりません。

私たちが物に期待するのは、自分の暮らしを豊かにすること。

物を持ちすぎてしまった原因、買いすぎている原因が何かを見れないまま簡単に手放せるのは、同じことを繰り返している仕組みからかえって抜け出せなくなっているのでは、と私は思うのです。

それは自分自身、これまで沢山の物を手放してきて、でもどうして自分がそれほど手放し続けるのか、これまで分からずにいました。

わかったのは、愛用品に囲まれた暮らしはわたしにとっては「重い」こと。

まるで気心知れた親友ばかりの人間関係が「重い」ように、気も体も重かったです。

それに気づくまで、物を持つことがとても苦しく「なぜ何だろう」と疑問でした。

最近はそれがなんだったのか、ようやく理解することができ「手放し」や「断捨離」も終焉を迎えたなと感じています。

その人それぞれ、物との付き合い方も心地いい距離感がある。

それに気づけました。

たみ
たみ

人にとっての良い関係でも自分にとっては違うことありますよね

何でもない普通の物の存在が大切

値段に関係なく、また自分の愛着具合も関係なく、長く使ってるものがあります。

対して思い入れもないけど、でも使っている年月が長いもの。

ありませんか? そういう「特別でないけど、そういや使ってるなぁというもの」。

あるのが普通すぎて、意識されない物かもしれません。

でももしかすると、「お気に入り」や「愛用品」と名前のつかないポジションのものこそが、自分の生活を支えているのではと考えるようになりました。

たしかに「お気に入りだけに囲まれて暮らす」スタイルは格好いい。

でも「ダサいものは不要」「もう流行ってないから」と手放すのはかえって「ダサい自分」「少し前の自分」を排他的に扱うようで、気持ち的には窮屈になっているような気がしてならないのです。

それはまるで「イケてる自分たちで固まっている仲間うち」のようで、わたしには居心地が悪いなぁと思うようになりました。

ダサいもの

イケてないもの

おしゃれじゃないもの

私たちの暮らしに必要なのは、一つのブランドに染まることでなく、持ち物を画一的にすることでもなく、どんな物を持っていても「自分の生活である」という意識をしっかり持つことでないかと、今は考えています。

たみ
たみ

どこで買ったかも印象に残っていない物ほど大事な気がします

物の背景ではなく自分の景色を見ること

「作り手の見える物を」と一時期フォーカスされた時期がありました。

“丁寧な暮らし”とも繋がってると思うのですが、作り手が見える物こそ良、という空気も私にはしんどかったです。

でもそこで登場する「木工職人のありたさん」や「パタンナーのたなかさん」といった、カッコいい人だけを都合よくピックアップして、その他の人はいないことにされてるんじゃないのか、とふと疑問に思いました。

一つの物には、あらゆる人の手が関わっているはずです。

例えば今わたしが着ているGUのロングパンツ。「GU」というブランドだけでなくて、店で購入するまでに、レジの人、店に商品を運ぶトラックの人、商品を箱詰めする人、洋服を縫う人と、もっとあらゆる人の手を得て、わたしの手元にあるはずです。

でもトラックで運んでくれた人や、レジの人には感謝せず、「GU」という存在していそうでしていない、企業イメージの姿ばかり見ている自分がいました。

本当は「売り場の人」「物流の人」こそ、自分が直接的にありがとうと伝えるべき人たちなのに。

多くの物が買われ、手放される背景には「人と物との距離が遠すぎる」問題があるんじゃないのかなと思いました。

手放そうとしたGUの服を、もし物流の人に「それ、俺が運んだんっすよ」「私が箱に詰めました」と言われることがあったら、手放すのも思いとどまるかもしれません。

フリマで買った物はうかつに手放せない

人と物との関係で特に不思議だなと思うのは、出どころはユニクロなのに、いったん誰かが着てフリマに出したとしたら、もうフリマ会場に出てるそのユニクロの服は、もう「ただのユニクロ」ではなくて、「あのフリマのお姉さんから買った服」になることです。

メルカリというツールが出来て、私たちは合理的に、そして大変効率よく、必要なもの、そうでないものを手に入れたり手放したりできるようになりました。

でもメルカリが流行っているのはその利便性だけでなく、買ったお品に付いている「あこ様 この度はお買い上げありがとうございました」と手書きで書かれた小さなメモだったり、ビジネスメールではない不完全なメッセージのやり取りに「人っぽさ」を感じるからです。

機械や仕事と割り切っていない、人くさいローテク感。

物を買い続ける背景には、もしかしたら「人の見えなさ」と「人くささ」に飢えてるところもあるんじゃないのかなとふと思いました。

たみ
たみ

人と関わりたいのに関わりたくない、そういうジレンマを感じます

人と物との関係も一緒じゃない?

親しい人と関わり続けるのは、「お気に入り」を修理しながら長く使うくらい、良いこともあるし、面倒なことも多いです。

でもそうしたウェットで深い関係性を”良”とするのでなく、私たちのほとんどの生活を占めているのは、「毎朝見かけるママチャリで保育園に向かうであろうサラリーマン」とか「あのワンちゃんを連れてるおばちゃん」、「コンビニにいるいつもの店員さん」など、話さない、でも全く関わってないわけじゃない。という距離感の人間関係です。

愛する、愛してくれる人だけに囲まれた暮らしは私には重すぎることに罪悪感さえありました。

と同時に「階段ですれ違ってちょっと挨拶するくらいの人」や「コンビニのお互いにいつもの人とだなと認識してそうな店員さん」くらいの距離感が自分にはちょうどいいことに気づきました。

だから別に「お気に入りに囲まれる」「愛用品だけに囲まれる」暮らしがベストとは言えないんじゃないかなと、ようやく楽な気持ちで過ごせるようになりました。

物と人との関係も、人同士の関係のように、広さや深さ、自分に合った関係性はさまざま。

たみ
たみ

自分にあった関係性を見つけて大切にしたいですね

まとめ

そして忘れてはいけないのは「人はないものねだりする性質がある」ということ。

大概「この暮らしがいい」と目指し憧れるものほど、自分とは最も縁遠いことだったりします。

自分はどんな性質なのか、それを見極めることが、物と人との関係をスムーズに、そして気持ちよく付き合っていけるポイントなんじゃないかと思いました。

きっとそれは、人同士だけでなく、物と人との付き合い方にも共通しているはずです。

「気に入っている、いない」に関わらず、自分が居心地良い距離感を見つけることが、自分の環境をよりよく保つのでないかと考えています。

それでは素敵な物ライフを〜!

↓気づいたことシリーズの記事です

 

 \いつもありがとうございます/
応援のポチ下さると嬉しいです

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

たみ
たみ

>>メルマガも毎日配信中
ミニマリストのオススメアイテムや片付けの方法、日常生活のお得情報を配信しています。バックナンバーと購読の登録はこちらからチェキら〜