スポンサーリンク

朝は4時起きだと全てうまくいく!

日常

早起き推奨派、かぜのたみです。

「朝は4時起きがいい」とあらゆる本で見かけて、最近は4時に起きています。ですが実際に自分が試してみて「朝は4時起きがいい」ことに気づきました。

早起きは、4時が真価を発揮します。

今日は早起きでも4時だと何が良いのか、今日はまとめたいと思います。

スポンサーリンク

朝は四時起きが良い実感①集中力が違う

5時に起きても、別に悪くはないんですが4時起きの集中力と比較すると弱めです。

外は真っ暗ではなく、薄暗い感じ。

朝4時は本当に静かな時間帯です。外の音もほぼなく、静まり返っています。その静けさが自分の集中力を増して、取り組むことにもかなり力を発揮できます。

朝5時だと、周辺も結構ざわつき、世界が動き出した感じがしますが、朝4時はまだ誰も起きておらず「無のような雰囲気」です。

夜中よりも自分も体力があり、元気だというのも集中力が発揮できる理由の1つです。

たみ
たみ

朝4時の早朝の時間帯ならではの静けさがいいですね

↓朝にやっていることを書きました

ミニマリスト女性の朝習慣をまとめました
スポンサーリンク

朝は四時起きが良い実感②心の余裕感が違う

5時起きでも悪くはないのですが、4時起きと比較すると少し不足です。

私のリズムだと、朝は7時からが本格始動、それまでの時間は前準備という感覚でいます。前準備の時間にゆとりがあればあるほど、日中スムーズに動くことを体感しました。

朝7時までに3時間の余裕があると、心にもかなり余裕が生まれて、ゆとりを持って物事に取り組むことができます。

朝5時で十分だろうという気がしていましたが、そこは考えるよりも実行した方が理解できました。

たみ
たみ

早起きなんて、あれこれ考えたり懸念している間に実際にやってみるとすぐわかるものですしね

↓ミニマリストの時間の使い方はこちらに

ミニマリストの時間の使い方
スポンサーリンク

朝は四時起きが良い実感③1日の動きがスムーズ

朝の時間にゆとりがあると、1日の流れがとてもスムーズであることに気づきました。

早朝の時間帯に自分がやるべきことに取り組んでおくと、1日「あれをやらなければ」という気持ちにならず、頭と心がものすごく軽くなります。

これまでどこか頭の片隅に「やること」が重くのしかかっていたのですが、朝4時起きを始めてからは、頭の中がかなりクリアになりました。

まるで自分の能力が2.5倍ほどアップしたような錯覚を覚えます。

気持ちにゆとりができるだけでなく、焦りを取り除くだけでも、人はこれだけ心が落ち着くのかと驚くばかりです。

たみ
たみ

朝4時から取り組むことで色々なことが次々処理でき、考え続けていることが減りますね

↓習慣の本ではこちらが一番良かったです

継続する勇気をもらえる!『習慣が10割』を読んだ感想を書きました
スポンサーリンク

朝は四時起きが良い実感④不思議と疲れない

朝4時に起きる前は「早起きすると日中眠くて仕方ないんじゃないか」と考えていましたが、全くそんなことがないのに驚愕です。

朝7時に起きて活動した時の方が眠く、朝4時に起きた場合が一番自分は1日中クリアに過ごせました。

朝5時も疲れないですが、朝4時はさらに疲れません。

自分の体に負荷が少ない睡眠時間があるのでしょう。理由はよくわかりませんが、とにかく朝4時に起きた時の疲弊感のなさは、これまでに体験したことがないくらいクリアです。

様々な本で「朝は4時起き」が推奨されている理由がわかりました。

 

たみ
たみ

むしろ7時に起きた時の方がだるかったり、1日シャキッとしない感覚がありました

スポンサーリンク

朝は四時起きが良い実感⑤生活リズムに余裕ができた

「夜は何時に寝ていますか?」とよく尋ねられますが、私は睡眠時間で管理することは避けていて「時間よりも質」を重視するようにしています。

「何時に寝たからベスト」というのはないのですが「朝4時に起きる」と決めて活動するとかなり良いことを発見しました。

寝る時間は気にせず、起きる時間だけ決めて、全てのリズムを整えていくような感じです。

夕飯は食べず夜21時に寝て、4時に起きるほど回復時間が必要な時もあれば、0時や1時に寝て、4時に起きるリズムの時もあります。

早朝に起きる習慣があると、1日が睡眠によりきちんとリセットとチャージができます。

たみ
たみ

朝4時起きを実行する前は考えもつきませんでしたが、やってみるものですね

↓もう一度出しますが、習慣で人は変わるので本で前もって知っておくのがいいです

継続する勇気をもらえる!『習慣が10割』を読んだ感想を書きました
スポンサーリンク

まとめ

朝4時に起きることが、これほど自分にフィットするとは思いませんでした!

取り組むことがどれもスムーズに行え、滞りなく進むのでこなせる量も増え、1日心身共にクリアでいられます。

1日の時間に余裕ができるので、新しいことにチャレンジしようと思う気力が出てきたのも、朝4時起きのおかげです。

どちらかといえば「朝4時に起きるとうまくいく」というよりは「自分が活動的に過ごせる時間帯をようやく見つけれた」感覚に近く、私のように「朝4時に起きるとうまくいく」人が一定数いるのでは…という感じです。

私は朝4時に起きることで、自分が活動的に、そして効率よく動けることを発見しましたが、その人の体内リズム、日中の過ごし方によってかなり違います。

自分のパフォーマンスが発揮できる時間を見つけられたのが朝の4時起き。

今は早起きが自分の原動力の基盤となっていて、なんでも試しにやってみるものだと実感しています!

それでは素敵な活動ライフを〜!

↓朝活の効果を書きました

朝活の効果がすごい!取り組まないのは本当にもったいない
スポンサーリンク

早起きの効果がわかる本を集めました!

朝8時までの習慣があなたを作る

たみ
たみ

デキる人の朝時間の使い方やテクニックは知りたいですね

究極の疲労回復と最強の覚醒がここに

たみ
たみ

「睡眠医学」という最先端の医療で解明されたことがあるんですね

脳が冴える習慣がある

たみ
たみ

ぼんやりした頭には、たまに取り組むより、生活の改善を行うといいんですね

脳の働き方を変えてあげられるのが早起き

たみ
たみ

食べ方や眠り方に気をつけると脳のパフォーマンスをあげることができるんですね

早起きの効能は美容と健康に

たみ
たみ

早起きには良いことしかないのが驚きですね

”朝時間”の使い方で人は変わる

たみ
たみ

起床後の3時間をいかに過ごすかが鍵なんですね

早起きアイテム!光を活用して朝気持ちよく起きる

たみ
たみ

明かりを利用するのはかなり起きやすくなりそうですね

 \いつもありがとうございます/
応援のポチ下さると嬉しいです

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

たみ
たみ

>>メルマガも毎日配信中
ミニマリストのオススメアイテムや片付けの方法、日常生活のお得情報を配信しています。バックナンバーと購読の登録はこちらからチェキら〜

日常 生き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミニマムなライフ