ミニマリストと財布の行く末、キャッシュレスな生活の今

スポンサーリンク
お出かけ
スポンサーリンク

ミニマムこんにちは、ミニマリストの@かぜのたみです。

世の中がまるでずっと前からそうであるように、粛々とキャッシュレスになってきておりますね。諸々各社のキャンペーンに潜んでいて、現金の影をあまり感じない笑

私も遅ればせながら、LINEペイをメインにしながら、時々楽天ペイという感じで使い分けています。

この調子で普通にクレジットカードさえ持つことがないように変化していくんでしょうけど、過渡期っていうのはこう…わちゃわちゃしますね。

まるであの「ガラケーとスマホの二台持ちがお得」みたいな時代があったことを歴史として彷彿とさせますね。私は持ってましたよ、通信料や通話がお得なガラケーと、あとは検索などで便利に使えるスマホっていう方法を笑

今このキャッシュレス過渡期も、現金・カード・スマホという3種類を使いこなすようなそんな転換期に来ているんだなという感じがしますね。

我々がいつか「ガラケーでないと文字が打てない汗!!」というところから、寝る前までスマホを凝視するようになるまで必要だった歳月が結構短かったように、キャッシュレスっていうものもそんな感じで3年後にはもうすっかり…という感じになっているんでないでしょうかね。

私が大学生のころ、つまり12年くらい前まではタッチパネルの携帯(スマホ)がこんなに世に普及するだなんてまじで本当に思ってなかったです。

世というのは思いの外、自分が思っている以上に自分は時代に適応しつつ変化していってるのですねー!

今日は最近のミニマリストな自分の財布っていうものと、お金や会計はどうしてる?っていうことを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

ミニマリストの自分の財布事情、ウォレットは必要なのか問題

最近ね、小銭入れの広告とか見ると

なんか古いな…

という感覚で見てしまっている自分がいました。「小銭がいっぱいでもこの財布ならすぐ取り出せますよ!しかもコンパクト」みたいなキャッチコピーの財布に対して

たみ「もう世は君のことはそれほど必要としてないんだ…」

財布「えっ、そうなんですか!?」

みたいな展開さえ思い浮かべることができます。

財布っていう物自体を探すのに、自分が色々と四苦八苦していたことを思い出すと、もう財布という物自体を持つことさえ、非・ミニマムなのだなっていうことを考えますね。

っていうかまじで財布持ちたくない

とはいえ、世は現金とキャッシュレスの過渡期。もっともわちゃわちゃしている頃としてはこの複数の神器を使いこなさねばなりません。

安価なカフェや、割り勘、市役所、税金の支払いなどは現金か引き落としの手続きが必要だったりします。

ミニマリストな私の場合は、普段はこうなっていますよ、というのを振り返ってみましょうかね。

現金を入れる財布的なもの

最近、リニューアルしたんですよ笑 前に使っていたのは余分なスペースが多かったりでなんだか使いにくかったので、最近はこれになりました。無印の同じくそういう系のケースです。100円と100円のケース。

▲小銭入れはこっちのちっこい方が使いやすいですね!

指をガサガサ動かさなくても小銭がつまめるのが、このミニサイズがいいです。

お札はこのケースの方が使いやすくって、背面が硬めの素材なのでお札がペナペナ動かなくて入れやすく、出しやすくなりました。

あとはカバンに入れても、袋のあまり部分がないのでシャキッとしてるのが良いところです。小銭の方も小さくなりましたし、若干サイズダウンです。

▲出しやすいんですよ、こっちの入れ物の方が。

まあこういう財布的な物に入れつつも、現金は本当に、カバンからごそごそ直接出すだけになりつつあるので、この財布ケース的なものも不要になる日も近いなぁと思います。

あまりに多い現金なら封筒に入れますよ!どーん!

割り勘とかカフェで使うお金程度なら、カバンのポケットに直接入っていても良い気がしますね…。

現金を使う場所って?

  • ベローチェ
  • あんまり行かないですけど100均
  • 人とのご飯の割り勘
  • イベントなどの会費
  • お弁当屋さん
  • 郵便局
  • 病院
  • スーパー銭湯

っていうところでしょうか。いやでも、そうですね。このくらいでしょうかね。なので、この用件がある時だけ現金を持っているような感じです。バッグに3000円くらい入ったこのケースを入れて、過ごしています笑

<郵便局>
郵便局は結構大変ですね笑 クレジットカードが使えないかどうかも確認したことないですが、使えない…ですよね…。

郵送するときは現金を触ります。最近も小銭をガチャガチャ出したなというのは、郵送の支払いに郵便局に行った時でした。

<病院>
病院も大概が保険適応内の治療なので、クレジットカードが使えないのですけど、保険適応外の治療ならクレジットカードが使えますね。

クレジットカードを入れるカードケース

これも以前と変わりなく、無印のカードケースを使っていますね。なんだかんだ言って、これが一番使いやすいです。

厚みもサイズもちょうどよくて、カードが収まりやすいし、出しやすいっていう申し分ない感じです。あとは領収書を背面に入れれるのが便利って感じでしょうか。

基本的にポイントカードなどはほぼ持っていないのですけど、モンベルの会員証だけは持っており、あとはまあ診察券なども入れねばならない時用ですかね。あとは身分証明書的なもの1枚とか、コワーキングスペースの会員証などって感じです。

▲カバンのポケットにもしまいやすく、何かと便利であります。

でもこのままでいくと、クレジットカードも使わなくなりますね。使うシーンっていうのが結構限られてくるので、現金と同じようなポジションになりそうです。

だからミニマリストなライフを送る自分としては、あまり使っていないのに携帯しなきゃいけないのなんでよ…という気持ちが大いにありつつ、早くカードも携帯しない世になるのが待ち遠しいなぁと思っています。

クレジットカードを使う場所って?

  • 食料品スーパー
  • セブンイレブン
  • ガスト
  • 本屋
  • モンベル
  • 無印

という感じでしょうかね。今自分の日常生活を振り返ってみると、だいたいこの辺の感じでした。クレジットカードの明細を見てみても、スーパーの名前とセブンイレブンっていう文字がほとんどです笑

なのでこれらに出かける時にはカードケースしか持たずでだいたい大丈夫です。買い物関係が多いって感じですね、クレジットカードは。現金はまだ郵便局や病院が絡んでくるので、避け難いのですが、買い物はクレジットカード一択です。

<セブンイレブン>
前にどこかでちらっと書いた気がしましたけど、知人のコンビニ店員さんに「支払いはどちらが多いのか」と聞いたところ「圧倒的に現金が多いです」とのことで、私はたまげました!あの、ジャラジャラ出してるわけ!まじで!みたいな感じです。

私は小銭をごちゃごちゃ集めるのがすごく苦手なので、セブンイレブンではクレジットです。他のコンビニなら(ていうかローソンやファミマ)LINEか楽天ペイですが、セブンイレブンは使えないからですね…

パンや食料品はセブン支持派なのですけど、支払いだけはペイを使わせてほしい!みたいな気持ちになりますね…

<スーパー>
食料品のスーパーもクレジットカードだけですねー!大した金額ではないですけど、ここもクレジット一択ですね。Ponta的なものとかは結局またカードが増えるので、自分的には不便なので作ってもいません…。

一人暮らしの食料品買い出して、そうそうお得になることってそっちの方が難しいですからね。スーパーにはカードを持ってお出かけです。

iPhoneに入れたキャッシュレスアプリ

ペイ系のアプリってなんて呼ぶんでしょうね。適当に見出しに入れてみましたが、間違ってる気がしてなりません。

自分のiPhoneに入っているのは

  • 楽天ペイ
  • LINEペイ
  • メルペイ
  • paypay(まだ未使用)

ついこの半月ほどから、このペイ系の人たちも導入してみたのですが、限られた消費行動の中でコンビニくらいしかまだ使っておらず、精進が足りてないって感じですね。あと松屋笑

ツッコミリス
ツッコミリス

松屋でしかない!

松屋はねー、サラダとミニ牛丼のタッグが最高なんですよ。

吉野家はこうちょっと違うんですよね自分の中では。あの松屋のサラダにフレンチドレッシングでほぼ自分の食欲は満たされてますね。あと豚汁。時々、松屋系列のとんかつ屋「松乃家」みたいな名前のところもゆきます。

あ、キャッシュレスのお話から少しずれましたが大切なことだったので書きました。

キャッシュレスアプリを使い始めると、クレジットカードや現金のポジションが同じになりましたね。

どちらも物には変わりなく、持たなきゃいけないっていうことに関しては数量的にも同じやんっていう、謎のミニマリスト理論で捉えています。

持たないといけないのには変わりがない=クレジットも現金も同じ

っていうことですね笑

なので、さっきもスマホだけ持ってメルカリの配送とコンビニでの買い物を済ませてきたのですけど

めちゃくちゃ気楽ですね!

っていうので、私は現金もクレジットカードも持ちたくなく、普通にpayたちと暮らせるならばそっちの方がいいなぁという感じです。

とはいえ、なかなか使える店舗が限られてるってので、そのチェックが大変な感じです。クレジットカードが使える店舗なのかな、と気にするところが今度は「pay使えるのかな」みたいな気持ちになってるだけっていう笑

楽天payはポイントがコツコツついていったり、LINEpayはクーポンが便利だったり、還元キャンペーンのくじがあればなおよしっていう感じで、このpay系アプリで支払いをすると、実質支払額が少ないっていう事実に驚きでした。

使うまではなにpayって…という感じでしたけど、慣れですね、これも笑

現金かクレジットか、payたちか

現金は否応無しの場所で使うことが取り残されていくでしょうね、郵便局とか病院とか行政とかっていう「国っぽいもの」だと現金はマストって感じですね。

現金かpayか、という飛躍する店舗も増えそうで、立ち飲み屋やお弁当屋さんっていう小規模店舗ほど、payの方がお店側・ユーザー側としてもメリットが多い気がします。

私自身が今使うなら、手ぶら推進派としてpayですね。

少し前、そうですね半年くらい前までは、「クレジットカードが使えるのかしら」と様子を見ながらカードを出していたところが、もう「pay使えるかしら」に変わりつつあることにまず驚きですよ!

↓だってこれが去年の9月の話で、もう自分的にもかなり古い話になっています…

セブンをローソンに、ドラッグストアをpayが使える店舗に変えれば、結構payライフもはかどると思いました。

結論:ミニマリストの財布の行く末

あと半年で、「payか現金か」のひとっ飛びパターンへ着地する気がします。

クレジットカードも現金も、各種payが使えなかった時の保険になる気がしますね。あ、私の今の生活だとという感じですけど。

自分的には、松屋のあの食券機でQRコード決済ができるっていうのが一番画期的だなと思いました。だってポイントも還元されたり、クーポンが使えたり、それと同時で決済もできるんですよ。

どれだけ一気に済ませられるの

って本当にびっくりしました。

実質、これからそうした店舗で現金を使うことは…

payやクレジットカードを利用すると得られるポイントなりの還元が利用できる権利を放棄しており、手数料を払って現金で支払っているような感覚

というのが近いのかもしれないなぁと思いました。

だから還元がある仕組みのある店舗でpayを使いながら、少しずつ自分をキャッシュレスな生活に行動を変えていくっていうのがメリットを取りこぼすことなく

あとはお金の変化に乗り遅れて、かえって判断能力を失ってしまうこともなく、ええ感じで過ごせるヒントではないかなぁと思います。

だって、メルカリだって以前は躊躇する人が多かったのに、今ではメルカリありきで物を所有している人と、メルカリ未使用で生活している人とは

その消費行動の金銭の流れって、どれだけ差があるのか計り知れないではないですか…

だから、ちょっとずつ色々新しいものや習慣には慣れていった方が、自分自身が楽で得をする生活になるっていうことですね。

ミニマムなライフも今はちょっと珍しいかもしれないですけど、この生活がいろんな面で楽チンだっていうことを、もっと多くの人が実践ができれば、色々世は変わる気がしますね。

働き方も、生活も。
こうして世の常識と言われれるものが、どんどん変化していくのも楽しいですね!

私は少ない物たちと共に少しずつ波に乗りたいと思います笑

それではステキなミニマルライフを~!

\貯金より楽しい!楽して増やす/

 

お出かけ
\ SHARE!SHARE!SHARE!SHARE! /
スポンサーリンク
ミニマムなライフ