片付けられる人と、片付けられない人の差はここにあり!

片付け・断捨離
スポンサーリンク

片付けは苦手でなるべくしたくない、かぜのたみです!

断捨離サロンや、断捨離イベントなど、とにかく断捨離や片付けという単語が出まくる界隈に身を置いていると、これまでの人生では触れ合うこともなかった、天性とも言える「片付け上手さん」とお会いすることが増えてきました。

どうしてみなさん断捨離イベントやサロンに来るのかな…

ってくらい、片付け精度が高かったり、私からすると”めちゃくちゃちゃんとした人”が世にはわらわらと存在されるのですね〜。

そして自分にはなかった観点や感性、視点などを知ることができて、本当にハッとすることが多いです。

私もそんな「天性のお片づけ上手さん」とお話していると、自分も無性に片付けたくなります笑

ツッコミリス
ツッコミリス

もう片付けるものもなくなってきたリスね

わし
わし

せやね笑

そんな感じで毎度ハッとしているうちに、お片づけ苦手さんとお片づけ上手さんの感性の違いっていうところで気づいたことがあったので、少しこちらにまとめてみたいと思います。

 

▼片付けが苦手な人が苦手について別方向から書きました

スポンサーリンク

お片づけ上手さんと苦手さんの違いって?

お片づけ上手さんの傾向は…

お片づけ上手さんは、何かこう…体の内側に

掃除したい✨
断捨離したい✨

のようなマグマのような大きなエネルギーを持ってられる方が多い気がしますね。掃除や片付け、断捨離が己の欲求として存在してる感じ。

ケーキ食べたい❤️

こんな感じの欲求と並列っていうイメージですね。人は自分の欲求を叶えるために生きているのに、それが掃除や片付けだったら、そら片付きますねぇ…という感じに思いました笑

だから掃除できると脳内に快楽物質が、断捨離できると脳内に快楽物質が、という感じで、達成感それ自体が掃除や片付けの自分自身への褒美になるっていう印象ですね。

片付けたいから、片付けているんだ

という感覚を持っている方は、やっぱり掃除や収納について語るとき、ものすごく生き生きとしてらっしゃって、聞いているこちらまでお部屋の綺麗な空気を吸わせていただているような気持ちになります笑

私自身は、片付けや収納が得意な方ではなくて、

わし
わし

これ、いんの?ねえ、いんの?

っていう「使うか・使わないかの鬼」みたいなところで、物を持っているだけなので、まあだいたい自分が気分良く過ごせておればいいかなぁという緩いルールの上に過ごしてる、”物が少ないので、ちゃっかり片付いている人”ですね笑

 

ツッコミリス
ツッコミリス

一番楽チンなポジションリス

お片づけ上手さんたちのお話を伺っていると、

好きこそものの上手なれ

本当に、そんな言葉がぴったりだなぁと思います。

お片づけ苦手さんの傾向は…

欲求と反対ってなんでしょうね。義務とかでしょうか。そう、お片づけ苦手さんたちが一概に重荷とされていそうなのが

〜しなきゃ
〜すべき

という義務感かなぁという風に感じます。お片づけ上手さんが自分の内なる欲求として「掃除したいっムーン!!」と鼻息を荒くしている間、お片づけ苦手さんは「掃除しなきゃズーン…」みたいな差があるように思えました。

わし
わし

義務感はいかん

しんどさの元ですね。そこをどうにか乗り切ろうとすると、”頑張り”や”努力”でしかないと思うので、さらに辛くなりがちだったりします…。

ツッコミリス
ツッコミリス

いやあああああああああ

その後の気持ちっていうのも、例えば他のことに例えてみるとさらにわかりやすいように

風呂に入りたい
風呂に入らなきゃ

の差ってめちゃくちゃ大きいですよね。

片付け苦手さんはだから、扱ってあげるのはこの「義務感」なんだと思いました。

義務感から発生した行動だったら、少しでも負担を軽くしたくて、片付け本に救いを求めることになったり、収納グッズに解決を求めることになってしまう…というループに陥ってしまうのかもしれないなぁと思いましたね。

その「義務感」をどう扱うのがベターなのかっていうのが、メインの話になりますねぇ。どうしたらよいのでしょうか…

お片づけ苦手さんの”義務感”をどう扱うか問題

片付けしたい!に置き換える

あれですね、「私は片付けがしたいんだ!」「片付け大好き!」みたいに、言い聞かせるやつですね笑 これは一見、とても手っ取り早くできて、パッと見た感じすごく良い感じに思えると思うのですけど

 

ツッコミリス
ツッコミリス

なんか色々な場面でよく見るやつリス

私的には一番ダメなやつな気がします笑

自分の本心と離れていることをやって
かえって悪化するやつ

っていう感じです。だってやじゃないですか、空腹なのに「私はお腹が空いてない!」「お腹いっぱい!」と言い聞かせたって、どうなりますか?

多分きっとより空腹感を強く、かなり意識するだけだと思います笑

ツッコミリス
ツッコミリス

辛いリス〜

 

わし
わし

押すなよ、押すなよ!!

ツッコミリス
ツッコミリス

それと同じやつリス

なので、こういうマインドの差し替えみたいなやつは、私は日常生活でもしないように気をつけています。楽ですけどね、その時だけ結果を出したいなら有効かもしれませぬ。ぐぬぬ…

片付けは無になってルーティンで回す

無になる方法もありますね。感じない、私は片付け苦手なことなんか感じなーい!っていう方法笑 これも生存戦略の一つですね。

会社の仕事とかが匹敵しますかね。別に自分がやりたい訳でないけど、お金をもらっているし、それが仕事だからきちんとこなすっていう雰囲気のやつ。

割り切りというか、義務感から発生しながらも精度を高められるっていうのは、この「無になってルーティン」が良いのかもしれません。

ただ「面倒臭い」とかも感じなくなる代わりに「片付け終わった、嬉しい!」などの達成感などもそれほど感じられなくなるので、本当に、ただ淡々と進ませるには向いてるでしょうね。

片付けが苦手だから負荷を減らす

おそらくこの方法が一番、感情的にも、動作的にも楽チンになるはずです。何より、感情面と合理面のバランスがいい気がしますね!

私は片付け苦手だから
簡単にすませるように考えるんだ

という「自分で考えて、実行すること」が、片付け上手さんの「掃除したい!」にまだ近いような気がします。

自分で考えて決めたこと、工夫したことなら、取り組むのもそれほど”義務感”ではないですしね。

「〜やらなきゃ」のところの気持ちを無視せずに、

苦手なんだけど
こことここは好き

苦手なんだけど
こうすれば出来るし楽チン

みたいな感じで細かく見ていくのも良さそうです。

 

これを私がよく行くあの「松屋」に例えてみましょう。

ツッコミリス
ツッコミリス

松屋は電子決済が出来るのがいいリスねぇ

松屋の店内で食べるのは苦手だけど、テイクアウトならむしろ好き。
豚丼は苦手だけど、松屋の朝ごはんは好き!

みたいな感じで、ざっくり「松屋が嫌い!」って思うより、こうして少しずつ見た方が暮らしやすくなりそうです。松屋も自分も、そうお互いに笑

 

かくいう私自身も、収納や掃除、片付けが苦手なので

 

わし
わし

だったら物自体を減らせばいいじゃん

と”片付け苦手さん”の突然変異タイプですしね笑

お片づけ上手さんと苦手さんの違いって?のまとめ!

人はやっぱり感情の生き物なので、そこを殺して暮らすっていうのは、たとえ片付けとか断捨離であっても、無理があると思うのですよね。それに

苦手な人が、好きな人の真似をしちゃいかん

ということもあるあるです。無印とかの収納を使いこなせるのも、あれもそういうのが好きな人がスタイリングしてこそ生きるっていう感じがしますね…。

だって、いくら物が良くても、お化粧を義務感でやってる人と、好きでやっている人の差ってすざまじそうでないですか…。

ツッコミリス
ツッコミリス

いくら同じデパコスを使ったとしてもその差よ

好きな人は好きな人なりの精度が
苦手な人は苦手な人なりの精度が

それぞれあるのだと思いますし、そういうのって人物に置き換えてみると、

前は好きでなかったけど、好きになってきた

とかもかなり頻繁に登場することですしね。

ツッコミリス
ツッコミリス

第一印象では最悪でしたけど、今では旦那です❤️

 

わし
わし

っていうのも、別に変ではないですよね笑

だから掃除や断捨離、片付けっていうものでも、嫌気がさすのはわかるんですけど、付き合っているうちに

クイックルワイパーをかけるのは嫌だけど
取れたゴミをじっと見るのは好き

とか、超マニアックな感じで掃除のことが好きになるかもしれませんし。

逆もまあ、ありますしね。

ツッコミリス
ツッコミリス

あんなに風呂掃除のこと愛してたのに

わし
わし

今では風呂のひよこさえ見るのも嫌

だから別に、その時に好きなレベルで好きなように取り組めばいいだけでしょう。

これってもしかしたら、掃除や片付けだけでなくて、大体のことに共通することかもしれないですけどねー!

ではでは!

【メルマガ登録はこちら!】
ミニマリストのオススメアイテムや片付けの方法、日常生活のお得情報を配信していきます。
メルマガ購読はこちらから!