スポンサーリンク

初めて大型家具を手放した!楽に処分できる方法

片付け

大物家具を初めて手放ししました!かぜのたみです。

私はこれまで家具らしい家具をほとんど持ったことがなくって、もし持っていたとしても、解体して燃えるゴミに出せるものしかなかったんですよね。

だけど初めて、

家具って物を持ってみたら自分の意識や行動は変わるのか

という実験をしてみたくって、半年前の引越しで、大きなデスクとセミダブルのマットレスを持ってみたんですよね。

これがもう、性分にあっていないというか、デスクを持ったすぐから気が重くて仕方なくなったんですよね…気に入ってるとかいないとか、そういう軸ではない、わだかまりがありました笑

大きいものを所有している

その感覚がもう無理でしたね…さすがかぜのたみマインド。

っていうので、家具の所有は心から向いていないなぁということを思わされましたね。

今日はそんな家具を持つことが全く向いていなかった、自分の大物を手放すっていうことを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

大物家具を手放そうと思ったきっかけ

▲部屋の中にはベッドマットレスだけになりました

でもまあまずここですよね笑 理由は簡単で、一つは持った最初から気が重かったから、二つは2019年に入って急にADDressソーシャルアパートメントOYOに代表されるような新しい賃貸サービスが続々と登場してきたことです。

自分のように流動的な生活を送っている、もしくは送りたいと思っている人は、所有すること自体が足を重くしてるだけに過ぎないなぁとそっちの面の方が気になったからです。

▼今回、こんな感じで引越しをしたのですが割と理想形でした

 

セミダブルのマットレスは(おそらく)買取はできなくて、粗大ゴミの対象なので今の部屋を出るまで使うこととして、買ってしまったデスクの方は価値がまだあるうちに(人気があるうちに)手放して置こうと思ったんですよね。

引越しが決まってから手放すのって、買い手がつくかどうか、またはその先の日程調整とか考えると、何もない時に手放すのと比較すると労力が数倍も変わってくるのですよね…

余裕があるうちに手放すのが良いのだと判断しました。

あとは冬場は足が寒かったので、マットレスの上に座っていることが多くて、デスクにあまり寄り付かなかったからですね笑 あとはコワーキングスペースやカフェに出てる時間が多くて、家では対してデスクを使っていなかったんですよ。

スポンサーリンク

どうやって大物家具を手放したの?

 

今回はメルカリの大型らくらくメルカリ便を利用しました! 他のメルカリ以外のサービスも見たのですけど、3点以上しか買取をしていないという条件があったりで自分は該当しなかったんですよ。

あとは引越しと買取を同時にやってくれるトレファク引越っていうサービスもあるんですよね。

[トレファク引越]引越・買取・処分で引越しから買取が済むなんてなんて楽なんでしょうか…

メルカリの大型らくらくメルカリ便ってどうだった?

初めて利用するサービスだったので、どうかなーと不安だったところもあるんですけど、

全然大丈夫でした!

むしろ、自分で手配とか梱包する手間も何もなかったので、超楽チンでしたね…利用してよかった!って心から思いました。

梱包材の用意も包む労力もなし! 梱包しなくて良くて助かる

大型らくらくメルカリ便は梱包しなくて良いのが一番よかったです。

大物家具を梱包するのって、梱包材の調達だけでも大変ですし、お金もかかります。それが宅配業者さんに物を渡すだけで、梱包までやってくれるなんて本当に楽でしたねー!

宅配業者さんはうちから物を運び出すだけで、梱包自体はトラック内で行うって話されてました。なので、別にうちの室内でごそごそ業者さんが梱包してくれる訳ではないので大丈夫です笑

もし室内にも入って欲しくないわ、って方は玄関先など宅配業者さんが持ち運べる場所まで出しておけばOKです。

こちらがやることは普通に書類にサインするだけで、完全お任せパックでした。

配送手配もなし!

大型らくらくメルカリ便の配送手配のシステムはざっくりこんな感じです。

出品者:購入が決まったら、集荷の希望日程を入力する
購入者:出品者が集荷の希望日を入力したら購入者が受取希望日程を入力する

っていう感じで、あらかじめメルカリ側のシステムで段取りが決められています。

なので、出品者と購入者がもたもたやりとりする必要がないんですよね。お互いに受け取りや集荷の日程を入力するだけで、宅配業者さんがその通りに動いてくれるので、これがめちゃくちゃ楽だと思われます。

私はヤフオクなどやったことはないんですけど、そういう手間って発生しますよねきっと…それがメルカリ内で済むっていうのが良かったです。

金額感的にはどう?

私のデスクは、現物の本体出品料金が1万円くらい、配送料が4320円の合計15000弱円くらいの金額設定にして数時間で買い取り手がつきました。

出品者としては、だいたい新品の半額強くらいの出品金額で、購入者は新品で購入して送料を含めた金額よりも(おそらく)5000円程度浮いた計算になります。

まあ購入して半年ほど、使用頻度はそれほどなく、天板なども汚れなかったのでまずまずだと思われます。

これを例えばリサイクルショップでの買取だと、(わからないですけど)ここまでの買取価格にはならなかったんでないかなとは思います。

梱包も集荷も含めてって考えると、自分的には大型らくらくメルカリ便の金額感はお手軽だったなぁというのがトータルの感想です。

スポンサーリンク

大物家具の処分はハードルが高い!

大物家具の出口を考える…

いやこれ本当に大変ですね。破棄するにも粗大ゴミの回収料や集荷受付が必要になるのも負担が大きいっていう。。。

だからこそ、購入の段階で色々な選択肢があることを考えておきたいものです!

私はさっさと見切りをつけて手放したのですが、これがもし引越しが決まったタイミングとか、次の引越しの手配や新しい部屋のサイズ感なども気にし出したら

なかなか大物家具を持っていることで、制限されること、別途費用がいることってあるんだなぁと「こら大変だ〜」と思いましたね…。

ツッコミリス
ツッコミリス

まじ大変リス

なので大物家具を持つことも、車を所有するのと同じように、維持コストっていう物がそれなりに必要なものであるかのように思えました。

実家のようにほぼ移動しない、という場合はまた別ですけど、賃貸マンションで家具も持って移動、というのはなかなか費用感も含めて大変ですね…

一人暮らしならなおさら、折りたたみのデスクや小さな椅子にしたりっていう工夫があった方が、その後の引越しの規模感などにも左右してくるなぁと思いました。

そこで

ちゃんとしたものを持ちたい

とか

インテリアにこだわりたい

とかの自分の中での調整が必要なんだろうなぁと思いましたね。

これまでの行動自体の見直しが必要なんだなと

引越し=家具も一緒に移動 っていうだけでなくて、引越し先にもうすでにあらかじめ家具が設置してあるっていうこともこれからは増えそうですし

もしくはそのまま持たない生活っていうのも自分自身の生活の変遷も含めると、そういうことも最近はよく考えたります。

まあそこも結局は個人のライフスタイルによりけりなんですけどね。

自分が何を優先して暮らしていきたいか

本当にそれに尽きるなぁというのを大物家具を扱ってみて思ったことです。

スポンサーリンク

大物家具を手放す!楽に手放す方法は限られている…!のまとめ

▲もう個人で賃貸っていうか借りる意味を本気で問います…

私も今回はたまたま、大型らくらくメルカリ便っていうのが便利に進化していて、あとはきちんと買い取り手も見つかったので、まだそれほど自分に負担がなく大物家具も処分できたのですが

わし
わし

これがもし!

大型らくらくメルカリ便を利用せずに手放そうとしたら、どんな選択肢を選んでもなかなか大変なことばかりだなぁと考えるだけでも気が重くなりました笑

私のようなあまりひとところにじっとしていられない性分の者は、自分に見合った物との付き合い方、所有の仕方、そういう物件との付き合い方があるのだなぁということを身にしみて体験できた感じですね。

 

▼こういう感じの物の方がやっぱり良いみたいですね笑

それではステキなミニマルライフを~!

 \買取も一括で済むなんて!/

 

ではでは!

【メルマガ登録はこちら!】
ミニマリストのオススメアイテムや片付けの方法、日常生活のお得情報を配信していきます。
メルマガ購読はこちらから!
片付け
スポンサーリンク
スポンサーリンク
▼洋服の手放しに便利


ミニマムなライフ