スポンサーリンク

これからの働き方を考える、理想の働き方って?

仕事

ミニマムこんにちは、ミニマリストの@かぜのたみです。

働き方について考えて続けている昨今ですが、昨日はこんなイベントに参加してきました。

これからの働くを考える〜自分にとって、理想の働き方ってなんだろう〜

L&G GLOBAL BUSINESS, Inc.代表/ホテルプロデューサーの龍崎翔子さんと、株式会社wasei代表でありwebメディア「灯台もと暮らし」を運営している鳥井弘文さんのお二方が登壇すると知って、秒で申し込みました。

気になるでしょう、学生でなくて、もうバッチバチに社会人だっていう人もこのお二人が働き方についてお話されると知れば、気になる話題だと思います。

今日は参加したイベントの感想を含めて、私なりの働き方を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

これからの働き方を考える〜自分にとって理想の働き方ってなんだろう〜

理想の働き方を考えたときに浮かぶこと

今でこそ、こんな日々ブログ記事を書いて、いまいまはブロガーという肩書きのつく活動をしている自分ですが、つい去年の夏あたりまではとても苦しい日々を送っていて、リーマン生活を送りながらも何をすればいいかわからないなぁ…という曇り空の日が続いていました。

理想の働き方というのを考えると、どうしても「理想の自分」みたいなもやっとしたイメージしか浮かばなくって、それが自分の働き方のビジョンをより不明確にしていたことに気づいたんですよね。

ツッコミリス
ツッコミリス

なんかよくわからないけどキラキラした自分(イメージ)

自分の場合は、社会人も12年もやっており、ある程度諸々のスキルもある。そこであとは何をするかっていうのが、会社に従属する道、フリーランスでまたこれまでと似たような働き方をする道っていう二つしか浮かばなくって、苦しかったんですよね。

会社にいたらいたで、否応なしに管理職の道が待っていて、すでにプレーヤーとしての喜びもなくさざるおえないという。

そんな中で、

これまでと同じことをしても同じだろう、でも何をしたらいいかわからない

の間でただただ呆然と揺れているだけでした。

手持ちのカードで過ごすしかないという”諦め”で決断した

何をすればいいかわからない、とモヤモヤしていたのも、自分がまた新たなカードを入手しなくちゃいけないと思い込んでいたからだったのでした。

でも、自分はもう結構な枚数のカードをすでに持っていたんですよね

ツッコミリス
ツッコミリス

まさしく灯台下暗しリス

それから自分は「手持ちのカードでもう過ごすしかない、新たなカードを集めようとするのはやめよう」と良い意味での”諦念”が生まれて、とても気が楽になったんですよ。

そこからは、「今の自分がすぐ出来ること」をすぐやりまくるだけでした。私の場合はInstagramでの投稿(ほぼ毎日)と、それと連動させたブログ記事(こっちは毎日)を更新し続けることでした。

それからはや半年が経ち、今ではそんな「今の自分がすぐ出来ること」だったブログとInstagramのおかげで、Instagramのフォロワーは今で6000、そちらと連動させた我がブログも先月はひと月に22万PV、収益としては15万円が出るブログになっているので、なんでもやってみるものだなぁという感じです。

ツッコミリス
ツッコミリス

やりまくることが大事みたいリス

たぶんきっと、ずっともたもた考えていたら、まだ私はブログという物を手にしていなくって、まあブログだけならいいんですけど

そのおかげで知り合った方達や、日々PVが増えていく喜びなども知らないでいたかもって想像すると、つくづくやってよかったなぁと思うばかりです。

イベントに参加して印象的だったこと

鳥居さんと龍崎さんのお二人がご自身の働き方や仕事について語られる中で、龍崎さんの会話から「ミニマムでやる」的なワードが多く登場するのがとても印象的でした。(私がミニマリストを語る人間だから気になるってだけでないですよ笑)

そう、つい半年前までの私がモヤモヤしていた時期は、

自分が最大限の力を振り絞って出来ることはなんだろう

と考える方向の方が明らかに多かったんですよ。どこまでもマキシマムであろうとしたんですよね。

ツッコミリス
ツッコミリス

暮らしはミニマムなのにね

でもお二人が話されている内容は龍崎さんの「ミニマム」以外でも

  • 自分が出来ることを着実にやった結果が今
  • 小さな成功体験をいかに積み重ねるか
  • 自分の感情を観察すること
  • 好きや得意でないことは、それが好きで得意な人にやってもらう
  • 日常過ごしていて、「なぜ今自分が楽しいと感じたのか」を分析する
  • 自分が欲しいものを事業として体現させる

だったりと、視点を置くのは「今の自分」で、ひたすら等身大というか、本当にミニマムマストなありのままの状態の自分ときちんと対峙し続けること、という感じの言葉がほとんど(というか全て)でした。

お二人が話されていることが、今の自分なら共感も出来るし、「本当にそうよねぇ」という風に思えるのですけど、半年前であれば

わし
わし

そんなありのままでいいのかしら

ってなっていたと思うんですよね。

そこに、「理想の働き方を考える」をテーマとした時にはまりがちなトラップがあると感じました。

それでいいみたい、むしろそのほうがいいみたい

今の自分と、今の自分が感じた感覚をちゃんと見てあげることが、やっぱり働き方にも繋がってくるのかぁというのがイベント全体を通して感じた感想でした。

働き方、というと仰々しいように聞こえるのは、きっとお二方が語られている通り、ワークとライフの境目がない動かれ方をされているからだと思います。

きっとこれからはワークもライフも、ぐんと地続きになるような、そんな動き方がもっともっと増えていくのでしょうね。

私自身もブロガーをやっていて感じるんですけど、プライベートを切り売りしているようで疲れる、というような感覚はあまりなくて、ライフもワークもうやむやになっている方が働きやすいタイプの人間ではあるんだなぁということをぼんやりと考えます。

相乗効果がある方が、なんでも楽チンです。

まとめ:今の自分ができることを着実に積み重ねていく、それが理想の働き方へと繋がる

例えば資格をとるような、ちょっと手の届きずらい目標をいきなり立てて、それに向かってがむしゃらにこなしていくようなイメージを「理想の働き方」という言葉に対して自分は持っていたのですけど

鳥居さんと龍崎さんが話されている内容を聞いて、

あ、今の自分が出来ることでよかったんですね

と肩の荷が降りる気がしたのと同時に、どんなにすごいことを成し遂げた人に見えても、突如として何かが出来上がったわけではなくて、

何を積み重ねたのか
どう積み重ねたのか
どのスピードで積み重ねたのか

その差なのかぁということも改めて感じましたね。

積み重ねるためには、自分が何を感じて、どう考える人間なのかっていうことをよくよく見続けることが何より大切なんだなぁと再確認した時間でした。

 

あなたの手持ちのカードは何ですか?
これからどうやって使っていきますか?

そこに理想の働き方というのは潜んでいるようです。

それではステキなミニマルライフを~!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

\ほぼ毎日更新してみるー/
▼日頃のことをありのまま笑
かぜたみラジオはこちら
 \Twitterではこんなことを呟いてます/
▼仕事や普段食べてるものなど、生活感溢れる話題が多いです笑
フォローはこちら
仕事
スポンサーリンク
かぜのたみをフォローする
スポンサーリンク
ミニマムなライフ
タイトルとURLをコピーしました