<少ない物で暮らすコツ>自分を大切にした買い物と物選び

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミニマムこんにちは、ミニマリストの@かぜのたみです。

少ない物で暮らす時に見ておきたいのが「自分を大切にした物選び」ができてるかなということだなとふと思いました。

私は買い物が苦手だということは散々記事にも書いてきたと思うのですが、そこと同じくらい、「自分を大切にした物選び」も下手くそだなとちょっと振り返ったんですよ。

今日は、物を減らす前に一度見ておきたい、買い物や物選びのクセについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

少ない物で暮らすコツは、自分を大切にした物選びにかかっている

少ない物で暮らすためには、物をかなり厳選しないといけないんですけど、その厳選の方法にも人の個性が出るなぁと思っています。

合理性から判断する人と、感性から判断する人では全く同じものでも見方が変わってくるのは面白いところだなぁと思いますね。

私は実はどちらも跨いだハイブリッド型笑を目指していて、「使いやすい上に、好き」というところに着地できれば万々歳かなぁと考えています。

これは物を重きをおいた物選びなんですけど、自分を大切にした物選びは”自分”にフォーカスした選び方です。これにもパターンがあるなぁと思ったので、少し書いてみますね。

厳しすぎる非・大切パターン

感性の部分を無視して、値段などで用途だけで判断するクールな物選びが厳しすぎる方かなぁと思いますね。

頭で考えたことで、心を抑えつけるというか。自分の中ではそんな感じのイメージです。

どちらかといえば私はこの派閥の方で、気になる物が二つあったとしたら、値段の安い方で決めてしまったり、それほど気に入っていないのに機能だけは満たしているからといって、選んでみたりしがちです。

大きく無駄な物は買わないんですけど、結果、どこかにモヤモヤが残って物に対して納得がいかなかったり…というのが時々起こってしまいがち、という感じですね。

この対策方法を私は知ったのですが、まだ実行するには自分の意識が追いついていなくて困っているんですよね…!

ちなみにその対策方法とは、、、

「物選びの比較で迷ったら高い方を買う」

自分の経験的にも理解はできるんですが、なかなか、こうなかなかその一歩が踏み出せないんですよね。

ツッコミリス
ツッコミリス

実際やってみるとめちゃくちゃ難しいリス!

いつも自分が選ばない方を選んでみる、というのも一つの選択方法なのだなと思いますね。

わし
わし

それも一つの新しい体験ですなーひいい

実際に自分のあるあるパターンなのですけど、自分の感性に蓋をするというか、我慢を強いるのがデフォルトになっていると、こっちになるのがありがちかなぁと思いますね。

ツッコミリス
ツッコミリス

右脳が死

こればっかりは、結構自分の生い立ち的なものも関係してくるので、本当に人と比べるものではないなぁと思いますね。

気持ちに甘めの非・大切パターン

自分の欲求や気持ちに重きを置いているように見えて、考えることを放棄しちゃった非・大切パターンもあるんだなぁということを我が身を振り返っていて思います。

突っ込むのなら、「もう少し考えようよ」ってところですかねぇ。

少し落ちついて考えればわかることなのに、そこを詰めずに買ってしまうと、物が無限に増殖してしまうっていうデメリットがあるように思いますね。あとは支払いにあえぐことになったり。

そして手に入って仕舞えば「いつか使うかもしれないから」と不要になっても手放せなかったり、そこを考えよ★っていうところをさらに放置してしまうやつ。。。。

問題あと送りパターンっていうか、そういう雰囲気ですね。

ツッコミリス
ツッコミリス

耳が痛いリス!

対策としては、、、

「買い物の時、いったんその気になる物と距離を置く」

これも自分の経験を振り返ってみて思うのですが、一度お店から出たり、ネットショッピングならカートにだけ入れて、ブラウザをそっと閉じるとかですかね。

お店から一度出るルールは結構絶大で、その場にいて考えるのは無謀だと思ってます。スイーツのビュッフェでカロリー制限、というくらい割と無謀笑

問題からはそっと距離を置く…これが最善なのだと思いますね…!

自分の考えをコントロールするには限界があるので、距離感を変えたほうが本当に手っ取り早くて効力があります。

衝動買いって呼ばれる物かもしれないんですけど、欲望を優先することが自分を大切にしていることとは限らないんだなということを思いました。

 

わし
わし

自分を大切にというよりも、欲望に従わされてるだけってことなのかもね

少ない物で暮らすコツは…自分を大切にした買い物と物選び

少ない物で暮らすために、自分が思う見るところというのがざっくりあるんですけど

用途や金額として身の丈にあった物であるか
⇒厳しめの非・大切パターンに陥ってないか、気持ちに甘めの非・大切パターンに陥ってないか

自分の欲望ではなくて、気持ちを大切にした物が揃っているか
⇒気持ちに甘めの非・大切パターンに陥ってないか、厳しめの非・大切パターンに陥ってないか、

この2つの面を満たしているのがポイントな気がしますね。

少ない物で暮らすっていうと、どうしても禁欲的なイメージを持ってしまいがちだなぁと自分の頭の中を見てみても思うんですけど

気持ちの面でも満ちることをおざなりにしてしまうと、どこかで反動がきてしまうんだと思うんですよね。

その反動といっても、自分に無自覚であっても体癖として出てしまったり、人間関係に出てしまったり、と表出するところは様々だとは思うんですけど。

物選びによって人生が変わるっていうよりも、選択肢があった場合、自分が選びがちなパターンに変革が起こるっていう感じでしょうかね。

少ない物で暮らしてみてわかるのは、自分のそういう持っている物事の見方、捉え方の「クセ」だなぁとつくづく感じますね。

 

物や人は自分を映し出す鏡なんだということを、5万回くらい思い返します…!

 

わし
わし

私もがんばろ〜

それではステキなミニマルライフを~!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

\ほぼ毎日更新してみるー/
▼日頃のことをありのまま笑
かぜたみラジオはこちら
 \Twitterではこんなことを呟いてます/
▼仕事や普段食べてるものなど、生活感溢れる話題が多いです笑
フォローはこちら