スポンサーリンク

「みんな買い物しすぎなんですよ」と聞いて普通に驚いた

生き方

ミニマムこんにちは、ミニマリストのかぜのたみです。

買い物やお金のことを考えようとすると、毎度タイトルの言葉が蘇るんですよね笑

この言葉の出どころはというと…

おととしの年末、保険や貯金、普段の家計具合が自分だけでは判断するのが難しいところがあったので、ネットで探して見つけた個人で経営されているFPさん(ファイナンシャルプランナー)の方に、相談にお伺いしたのでした。

私と同年代のFPさんは、投資で生計を立てられているとのことで、一般的なお金とはまた違った軸で物を見られたり、考えられているなぁと思ったので、それがとても新鮮でした。

その時に、FPさんが仰ったのが、その言葉だったんでした。

今日は、そんなお金との向き合い方とか物を買うっていうことについて、私の考えなどを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

みんな買い物しすぎ説

これはFPさんから見た「みんな」ですけど、そう聞いて衝撃を受けました。

ああ、別に無理して買わなくても良かったのか

って私はとても安堵したんですよね。

買うことが善だったり、楽しいっていうポジティブな面にこれまで圧倒されて来たところがあります。買い物が楽しいっていう世のエネルギーに煽られ気味だったなぁと、ちょっとしんどく思う時もあったんですね。なのでちょっと肩の荷が下りた感じ。

FPさん曰く、

 

世帯年収が高所得であっても、家計はカツカツだったり、貯金がほぼなかったり。そういう方、結構いらっしゃいますよ。だいたい皆さん、結婚した段階では共働きで気にせずお金を使っているんですけど、そこから子供ができて、奥さんが働けない、となって、これは…お金が足りない!と焦っていらっしゃる方が多いですね

なるほど…FPさんから見た、経験値から全体的な実情の洗い出しをするとそういう世界があるのかぁという印象でした。

その中でもFPさんの

一度あげた生活水準を下げることはかなり難しいと思いますよ

という言葉に打ちのめされた気もしました。生活水準をキープすることにお金が必要なら、それは永遠にお金が足りないことになるんじゃないかって。

それまで自分は、稼げば稼ぐほど、漠然とした”良い暮らし”が送れるようになる、自分は今は稼げないけど、収入が上がればお金の不安がなくなるものだと(少し疑問に思いつつも)思ってきていたところもあったので、「それは意外」と思いましたね。

ツッコミリス
ツッコミリス

出たー!理想の自分と現実の自分の乖離トラップ!

わし
わし

いやそうよまじで

より良い暮らしをしたいのは誰だってそうですけど、生活水準を上げることと、消費をすること、収入がたくさんあること。それらの関連性が素朴に疑問に思えてきたんですよ。

スポンサーリンク

お金の本を色々読んだりすると、だいたい似たようなことが書いてある

世帯年収が高所得な家庭ほど貯蓄額が所得割合に対して低めで、世帯年収が謙虚な感じっていう場合の方が貯蓄額が所得割合に対して高め、ということがよく書かれているように感じました。

私はいつも謙虚な感じ笑っていう立場の方なので、立場が違う方の内情っていうところまでは考えたことなかったのですが笑

稼げば稼ぐほど、生活が楽になる、不安がなくなるものではないみたい

ということに着地しました。

ツッコミリス
ツッコミリス

びっくりー!

私がまだ25歳くらいのころの話です。大学時代の友人がこう話しているのを聞いて、心からたまげたことがあります。

「旦那が1000万円以上稼いでくれないと、今の生活を続けるのが厳しい」

と話していたんですよね。まじで!同じ大学で、その夫婦共自分と同い年で、それほどお金を使うこと、もしくは稼ぐ生活をしていること、その両方にたまげました。

友人とはいえ、その内情や実情まではわかりません。私はただたまげてその会話は終了したのでした。あと、その友人とは古くからの知人であるにも関わらず、様々な価値観や会話が合わなかったので、自然と疎遠になりました…。

ツッコミリス
ツッコミリス

詳しくはわからないリスけど…

見栄えの良い暮らしを送られている方の内情、そういう物って私は聞いたことはないんですけど実際お金の流れを見ることができるのは、専門の人、FPさんなどだけなんだろうなぁと。

おもて見と実情は本当にわからないと聞いて、その人がどんな部屋に暮らしているかわからないのとちょっと似てるなぁと思いました。

 

もし、お金についてちょっと勉強したいっていう時は、お金の教養講座が無料でハードルも低めですよ。

スポンサーリンク

良い暮らしってなんだろう

私など弱小中の弱小ですが、各地引っ越しはしているものだから、生活水準の基準値がそもそもあまりない場合もあるなぁと思って、生活水準って謎だなぁとも思いましたね。

その土地によって、生活水準って全く違いますしね。長年の謎です。

家計簿とかも、全国平均ではなくて、県別とか、エリア別とかで見たいって思いますよ…まあ難しいですけどね…

ただ、あちこち暮らしてみてわかったのは、周りの目用にお金を使う機会が少なかれずあること、それは田舎や都会、そういうところ関係なく、理不尽だけど、結構あることだなぁということです。

だから「良い暮らし」って、自分の立ち方次第で大きく変わるものなんだろうなと思いました。まさしく環境に依存するものっていうそのままのことですね。

人の目を気にする用に使われたお金の気持ちになってみると、なんかちょっとやるせないなぁと思いました。

私がお金なら、もっとその人本人がハッピーになったり、周りの人が助けられたり、不便が便利になったり、そういうことに使って欲しいなぁと思うなぁと感じました笑

ツッコミリス
ツッコミリス

自分がお金になってみるって斬新リスね

わし
わし

相手の立場や考え方を知ることは大切です。話せないけど!

スポンサーリンク

良い暮らしもお金も人それぞれの価値観や事情によるから

一概に金額だけ伝えて、うちはこう!というわかりやすい世界ではないから、お金の世界の話は難儀になりがちだなと思いますね。

私は一人で迷ったり、考え続けるよりも、お金の運用などではプロの人(FPさん)にもっと早くにさっさと相談すればよかったなとちょっと悔いました。

私が通っているカウンセリングでもそうですけど、専門の人を頼ると、悩んでいたことが嘘みたいにショートカットで問題が解決するときがあります。

ツッコミリス
ツッコミリス

プロ並みに詳しい人もいるリスね!

同じ悩みを持つ人と共感で繋がるのが大事なケースと、大火事になる前に専門の人に話をするのとでは、精神的な負担と問題解決どが全然違う、ということが体感できたのがFPさんへの相談だと思いましたね。

あと別に金額は関係なくて、FPさんは相談してもいいみたい、ということも学びでした。引け目に感じてたのは、こちらだけだったみたいです笑

わし
わし

なんかすいません

少し離れた視点で、物事を見ている人、全体の地図が見えている人からの話はとても面白いです。身近だけど全然知らないお金のことこそ、そうした人に相談するのが良いなぁと思いました。

ツッコミリス
ツッコミリス

たくさんどんぐりを集めたリスけど、どうしたらもっと増えるリスか?

わし
わし

どうしたら増えると思う?

 

一度でも、どんなところの講座を受けてもタメになる気はします。お金で失敗する人生はもったいない「お金の教養講座」

それではステキなミニマルライフを~!

 

 \いつもありがとうございます/
応援のポチ下さると嬉しいです

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

たみ
たみ

>>メルマガも随時配信中
ミニマリストのオススメアイテムや片付けの方法、日常生活のお得情報を配信しています。バックナンバーと購読の登録はこちらからチェキら〜

生き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミニマムなライフ