スポンサーリンク

洋服が最低限の数でよかったこと

洋服

洋服はいつも最低限、ミニマリストのかぜのたみです。

夏あたりから、洋服の数をぐんと引き下げてみた生活を送っているのですけど、これはなかなか快適だなぁという風に日々感じます。

選ばなくていいって、本当に快適ですね笑

私は特に洋服のコーディネートや着まわしっていうところがものすごく苦手なので、それで余計にそう思うのかもしれません。

でも自分が苦手だったことを手放すと、こんなにも(ちょっと大げさかもしれないですけど)前向きに暮らせるのかって結構思います。

今日は意外と書いていそうで書いていなかった、洋服が最低限というか少ない量でよかったことについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

洋服が最低限の数でよかったこと

コーデに翻弄されずにすむ

洋服のコーディネート、私だけかもしれないですが、とんでもなく苦手なんですね。

できればガチの制服が欲しいくらい、朝に選ぶのが厄介だなぁと感じていました。

気温や自分の気分で服装を考えるのが本当に大変笑

しかも、洋服の数は持っていても、うまく着回せなくって、これを買い足したら、あれも買い足さなきゃ…とかやってると、全然洋服がうまく回せてなくて、今から思えばものすごく勿体無いことをしたなぁと思いました。。。

でもそんな自分が苦手なことから解き放たれて、そこが一番良かったです⤴︎

得意だったり、好きだったりしたら、全然研ぎ澄ませて行かれたらいいと思うんですが、私全然なので笑

それより、朝のスタートを切るスピードがキレッキレになったのでそっちの方が良かったです。

 

ツッコミリス
ツッコミリス

キレッキレ笑

わし
わし

なんで笑ったん?ねえ!

コーデが決まらないことがないので気持ちが安定している

上の「迷わない」と似てるかもしれないんですけど、迷った上で、さらにまた組み合わせをしくってしまう時があったりすると、二重苦みたいになる時ありますよね笑

時間も労力も削ぎ落とされるあの感覚…それがなくて楽だなぁっていう感じですね。

朝の服選びをしくるだけで、一日の気分を左右されるって自分的には結構もったいないことなんじゃないかと感じていて

完璧なコーディネートに近づけるっていう道と、安定的に着実で地味なことを完成させるっていうのとざっくり2通りの生き残る道がある気がします。

あとは何を着てても、全然気にしないっていうことも大ありですけどね笑

私は何かを着てることについては気にしたくて、でも機能性もコーディネートなどの合理性も考えた服を選びたいし、着たいっていう

結構、強欲なことを考えているな

と思いましたよ笑

ツッコミリス
ツッコミリス

強欲…

わし
わし

妥協したら別になんでもいいもんね

気に入ったものを毎日着れるのは楽しい

これはそうですね、自分的に納得がいっている物を着れるのは良いですね!

よく保育園に行くくらいの小さい子が「自分で選んだ服が着たい!」みたいな駄々をこねるっていう話を耳に挟んだりしますけど、そういう感覚っていうのは大事だなぁと思います。

コーディネートが全身ピンクになろうが、全身ボーダー笑になろうが、本人が納得いっている物が一番着ていて心地よいですよねきっと。

でも大人になればなるほど、TPOや年齢など、「人からどう見えるか」の視点が色濃く出てきて、自分が何を着たら純粋にハッピーなのかって、判別をするのが難しくなるのかもしれないなぁと思いました。

「気に入った物を毎日着れるのは楽しい」そういうピュア〜な心のささやきこそ、しっかり汲み取ってあげるところなんでしょうね。

それに服を少なくすると、納得いかない物は持ってられなくなるので、「気に入っている物」がよく見えるようになってよかったなぁと思います!

洗濯やメンテナンスなど丁寧にできる

私はどちらかといえばこちらの比重が大きいですね。たくさん持っていると、自分のメンテナンスが間に合わないから、少なく持って、綺麗にしながら着ていたいっていうタイプです。

だから物は綺麗に使う方だと思うので、その辺りは誇りです笑 物ってヨーイドンで同じタイミングで誰かと使ったとしても、使い方によって寿命や汚さって本当に変わってきますよね。

あれ、なんの差なんだろう

と結構世界の七不思議の一つであります。つまるところ、たぶん動き方だったり、普段の動作から関係することなので、何気に言語化も明言化もされてない気がするんですよね…。

ツッコミリス
ツッコミリス

自転車なのにロングスカート履いたりね

わし
わし

巻き込んで黒くなる可能性をリスクと捉えるか、それとも着たい物を着るかの差かな

これは自分のマイ法則なんですけど、iPhoneが画面割れしてる人って、また違うiPhoneにしても割れてる気がするんですよ。いや、本人にとっては笑い事ではないんでしょうけど。

だけど物との付き合い方は、その人の丁寧さやマメさ、そういうのが出るなぁと思うので、自分がケアやメンテナンスが追いつくだけの持ち物だけ持った方が自分の気持ち的に穏やかでいられるなぁという感じですね。

ツッコミリス
ツッコミリス

爺やや婆やがいない限りはね!

洋服の不足感でつい買ってしまうことがなくなった

服が苦手だ嫌いだって言ってるわりには、街を歩くといやでも服屋さんのショーウィンドウやショップで服が売られているのを意識したり、ネットやスマホをいじればあちこちから今シーズンの流行りの服が流れてくるのが今っていう時代ですなぁ。

その情報たちを「受け取らない」っていうことができないので、自分で防げることといえば「私は十分足りてるので大丈夫ですよ〜」みたいな気持ちでしかないと思うんですよね。

足りないなぁ、なんかちょっと欲しいなぁ

と少しでも思っていると、洋服の買い物って、他のものと比較すると、みるみる間に膨れ上がる気がします。

ツッコミリス
ツッコミリス

心の隙間に

わし
わし

あとクローゼットの隙間にね笑

インテリア小物を買い足すのはまだ天井が見えるけど、服って単価も低くて、「うっかり買う」っていうことが本当に多いジャンルですよね。

私も洋服選びにコンプレックスがあるので、心に隙間を抱えまくっていたので今から思えば買っていたっていうのが過去ありました。

でも今は「これで十分なんです、ありがとう〜」みたいな気持ちでいると、どこで何を売っていようが、誰が何を着ていようが、それほど自分自身への焦りや不安、不足感っていうのが本当に少なくなりましたね。

おしゃれな人はもっとおしゃれに
それなりの人はそれなりで

まあこれはパクリですけど笑笑 その程度のものでないかなぁって感じです。

スポンサーリンク

洋服が最低限の数でよかったことのまとめ!

「足るを知る」というには、少し仰々しい気がしていて、

それなりの人はそれなりなんだから、それなりにできていれば良い

みたいな、そういう感覚を得られるようになったのが、最低限の洋服だけ持っていてよかったことかなぁと思います。

今日か昨日か、何かの本でちらっと見かけた文があまりに的確だったので、メモ的に書いてみたいと思います。

洋服は未来の自分を見させてくれるもの

いやぁわかるなぁと思いながら、でも現実の自分は鏡の前の自分だけで100パーセントだって思えれば、それが一番、服を着ても着てなくても、大切な感覚なのかなぁということを理解できたことですかね。

洋服を最低限しか持たないって、数が多い時には本当に恐れっていうか、不安ていうか、大丈夫?みたいな気持ちになることかもしれないですけど、それをどう感じるかは人それぞれなので

いきなり捨てたりしなくても、期間限定で試すと楽しいよー!ということを私からはお伝えしたいと思います笑

クローゼットの整理を考えるよりも先に、自分がどの程度なら最低限と感じるのか、それを洗い出した方がよっぽど近道でした。

 

ツッコミリス
ツッコミリス

素敵なお洋服よりあなたがステキ❤️

それではステキなミニマルライフを~!

 

おしゃれへの近道

まず、着ていない「古い洋服」「少し前の洋服」を手放しましょう!

ブランド限定なしで、宅配の洋服買取が便利です。店頭持ち込みも良いですが、持っていくのが面倒、あとは自分の腰が重い…などで、ハードルが少し高いのも確か。

思いついた時に利用できるのがネット買取の良いところです。

Step1 WEBから申し込み
Step2 箱に詰めて送るだけ!

ツッコミリス
ツッコミリス

ここがGOOD!

👍送料や査定は無料
👍ブランド限定なし

トレファクスタイルの宅配買取とは? 

たみ
たみ

洋服の買取はブランド限定であることが多いですが、ここは珍しくブランド限定なしが良いところ!

申し込んで送るだけなので楽チンです。手放すのに労力は使わず、その分クローゼットの再構築に励んだ方がよっぽどいいですね!

 

\一気に処分で洋服リセット/
👍トレファクスタイルの宅配買取とは?

洋服
スポンサーリンク
スポンサーリンク
▼洋服の手放しに便利


ミニマムなライフ