スポンサーリンク

一人暮らしの部屋選び、ここがポイントなり!

部屋

ミニマムこんにちは、ミニマリストのかぜのたみです。

もう早いもので一月も下旬。三月が引っ越しシーズン最盛期とすると、もう部屋探しや一人暮らしの準備をしている方も多いのでしょうかね。

私もこれまで10年間に9回は引っ越しをしていると考えると、引っ越しや部屋選びに関してはかなり手馴れてきたなぁと思います。

今日は私がこれまで部屋選びの時にポイントにしてきたことや、大きく失敗したなぁ…ということなどをまとめてみますね。

スポンサーリンク

一人暮らしの部屋選び、何を優先するかによって条件は大きく変わる

仕事に時間を割くことが多いなら、職場の近くが断然良い!!!

住みたいエリアに住むのも一つの手だと思うんですけど、社会人で働くってなると、まず優先するのは通勤経路の楽チンさかなぁと思いますね。

私もこの三年くらいは、歩きで通勤するという徒歩通勤をしていたんですけど、かなりエネルギーの消耗を防ぐことができました。

残業が月50時間あろうと、徒歩で10分の自宅へ帰るのは超余裕でしたね。会社への恨みが本当に減ったと思います笑

会社を後にしたのが22時で、その後また電車に乗って、駅から自宅まで徒歩で歩いて…ってかなり辛いです。

わし
わし

風呂と寝るだけやん

毎朝・毎夕あの満員電車に乗るとかもう戻れません…。

なので、もし職場が決まっていて、仕事の拘束時間もそれなりにあり…という人には、ぜひちょっと家賃がもしかしたら高いかもしれないですけど、職場の近くに住んだ方が想像しているよりも自分を救うことになるよっていうことを声を大にしてお伝えしたいです。

昼休みに自宅に一旦帰れるとか、本当に生き返りますからね…

この時間があれば午後も十分働ける、余裕だぜ!!!って心から本当に思いました。

ツッコミリス
ツッコミリス

ちょっと横になるだけでも違うリス〜

自分の人生で会社に勤めながらも、一番パフォーマンスが出せたのは、会社近くに住んだ時って振り返ると思いますよ…。

「会社の人に会うのが嫌」「オン・オフつかないから嫌」っていう意見もあったりしますが、私自身はそれよりも一刻も長く寝れたり、さっさと横になったりしたかったです。

人目なんか気にすることないです。

そもそも会社のすぐそばに住もうとも、仕事が終わればみんなさっさと帰るので、そうそう会う事はないです!!

オン・オフつくかどうかは、その人の行動と習慣次第ですかね。私はその辺り、普通に職場を後にしたら、仕事のことは考えないタイプでした。

リア充を目指すなら、自分が好きなエリアに住んだ方が色々とはかどる!

さっさと仕事は定時に上がるし、残りの時間は自分の生活をエンジョイするんだ!っていう人は、家賃よりも好きなエリアに住んだ方が俄然生活が向上しますね。

私は家賃を優先して、ちょっと安い沿線に住んだこともあるんですけど、休みの日にわざわざその好きなエリアまで出かけたりするようになってしまったので

住めるものなら、住める時に自分が好きなエリアに住んだ方が、人生全体で見てもかなり心残りが少ない

ていうことに気づきました。

朝、好きなカフェでお茶してから出勤できる
夜、帰ってきて自宅近くでバルしてから帰る

ということを毎日はやらなくても、選択肢にあるっていうだけでもかなり生活が向上しますね…。

遊んだ帰り、終電を目指して走らなくていい
タクシー代も気にしない
交通費もそんなにかからない

ってかなり楽です。お金よりも、気持ち的に。

何より、休みの日に家の近所をうろうろするだけで満ち足りるっていうのは、本当に良いです。

住む場所によって、こんなに平日・休日の充足感が違うのか…と心から思いましたね。

家族を持って郊外にしっぽり暮らすのはもうちょい後、それまでは一人で身軽なうちは、好きな場所に住んだ方が、かなり好き放題できる生活が自然と出来上がります。

そして人間不思議なもので、自分が好きなエリアに住むと、もうそれ以上は求めなくなるんですよね…。

下手に出かけすぎたりしなくなる。

エネルギーやお金をその分使わずに済むので、活力を失わずに済むって感じです。

わざわざ出かけないくて良いと、いざ大きな旅行に行く時も金銭的にも行動的にも本当に楽になります。是非。

スポンサーリンク

失敗した一人暮らしの部屋選びあれこれ

安い家賃でボロい部屋に住む

私はダメでした…テンションどころでないです。全てがだだ崩れです。

駅近を最優先して、安い家賃でボロいっていう条件で住んでみたんですけどね…。

ゴキブリの姿に怯え(よりもよって風呂に出た)、トイレが詰まり、部屋全体が暗く、近隣の住民とのふれあいも緊張感がある…

っていう感じで、全然家なのにリラックスできねーーーーーー!!!ってなりました。

しかもよりにもよって、その安くてボロい部屋で東日本大震災にあったのでした。

毎日毎日、建物があまりに揺れるので
まじで眠れないし、いつ潰れるかの不安との戦いでした

ここから自分の人生を立て直そう、って思うには、相当ガッツがないとダメですね。普通に穏便に穏やかな暮らしを送りたいなら、ボロくて安いっていうのはハイリスクです。想像以上に。

やたら広い部屋に住む

一度、3DKの間取りの4人家族が住むような部屋に一人で住んだことがあります。自分の条件だと、ファミリータイプしか間取りがなかったんですよ。

ベランダだけで三畳くらいは余裕でありました。全然干すものないのに笑

まず、ものすごく物が増える。

必要なカーテンの数も尋常じゃない。あと微妙に電気も使う。冬の暖房も微妙に使う!

っていうことで、広い部屋に住むのもそれなりに背負う物があるんだな…と思いました。

一部屋、北向きの部屋があったんですけど冬はあまりに極寒なので開かずの間にして、夏はそこに布団を移動させて寝る、というかなり贅沢な使い方をしてました。

広い部屋だとのびのびして良い〜と思えるのも夏の間だけ。冬は大変です本当に。寒いし一人だし、広いしっていうのでなかなか孤独感に耐える感じでした。

トイレが遠い…
風呂も遠い…
寒い…

みたいな感じですね。

余白があればいいってもんでもないみたいです。

スポンサーリンク

一人暮らしの部屋の選び方まとめ!

色々なタイプの部屋に住んだものの、部屋っていうよりは、

自分がどう過ごしたいのか

が一番大事だなって感じですね。それによって全然選び方が変わってくるので、どこに自分が優先順位を置くのか、どんな生活を送りたいのかっていうビジョンをまず描いてから、エリアなり部屋なりを探したほうがいいです。

あとあと、自分の生活の充実度が決まってきます。

ビジネス街に住むと、土日は人がいなくて超快適
繁華街に住むと、夜中も遊び放題
田舎に住めば、夜中でも車に乗って星を見に行く

まあ本当にいろんなパターンがありますよ。

 

今でも私が振り返ってみて、いい暮らしだったなぁと思うのは
森に囲まれた小さな湖畔で、コーヒーを飲んでから職場に行ってた時ですかね。

たとえそれがコンビニのパンであれ、かなりナイスな時間でした。

ツッコミリス
ツッコミリス

もう…部屋じゃないリスけど

わし
わし

せやな笑

 

あなたは部屋で、どんな時間を過ごしたいですか?

それではステキなミニマルライフを~!

 

 【PR】賃貸探しはチャットで相談してすぐ見つける!
  • 有名なお部屋が紹介されているサイトには、掲載できないお部屋多数
  • 納得いくまで、チャットでやりとり
  • 深夜0時まで、60秒でお部屋を紹介
わし
わし

未公開物件を教えてもらえるのはいいね!

\お部屋探しのその前にチェック/

 

▼部屋についての記事はこちらにも書きました!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

【メルマガ登録はこちら!】
ミニマリストのオススメアイテムや片付けの方法、日常生活のお得情報を配信していきます。
メルマガ購読はこちらから!
部屋
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミニマムなライフ