お酒やめたい…お酒から距離をおいて良かったこと

スポンサーリンク
日常
スポンサーリンク

ミニマムこんにちは、ミニマリストの@かぜのたみです。

二年ほど前はよく飲み歩いてました。人と飲むことも、一人で飲むことも多くって、なぜあんなに飲み屋ばかりはしごしていたのか、今となってはものすごく謎です。

だけど、そういう多量にお酒を飲んでいた時って、今から思えばですけど、自分自身が現実に向き合いたくないことがあって、飲んでたなぁって思うんですよ。

今日はお酒をやめて良かったことを書いてみますね。

スポンサーリンク

お酒ってあれ何者…

最近も一人で一杯さらっと飲む時はあるんですけど、長時間飲んだり、何杯も飲むっていうことは本当になくなったなあと思います。

餃子とビールのセットくらい?笑

 

ツッコミリス
ツッコミリス

あとはポテトとグラスワインくらい?

もともと胃腸のキャパが広くないせいなのか、水分を欲しない体質なのかはわからないんですけど、そんなに量を飲めないんですよね。

あとは甘い飲み物があまり好みでないので、飲めないものが多いです笑

お酒を飲むのが減ったきっかけは、お酒を扱うバイトで嫌になる程飲まなければならず、それで「もうええわ…」となりました。

飲まされる酒ほど、まずいものはない(断言)

ツッコミリス
ツッコミリス

アルハラ〜

酩酊という仮想空間

お酒ってどんなアイテムなのかなぁと思ってたんですけど、なんだか現実とはまたちょっと別のところにある仮想空間みたいだなぁと考えたらとてもしっくりきました。

自分が自分でないような、何かから解放されたような気持ち。

ちょっと頂くくらいなら、ご飯が美味しいなーくらいな感じですが、後日に残ったりすると急にアウトな物に変化しますよね…お酒って。

自分はお酒が強い方で、そこまで次の日に残ったりすることはほぼないんですけど、ごくたまに「これは…ひどい…」っていう時があって

その後悔感たるや…って感じでしたね。

半日くらいは頭痛やムカつきなどで棒にふるってなると、自分に害を及ぼしている感じがしました。

お酒から少し距離をとって良かったこと

1:自由になるお金が増える

当然なんですけど、お酒に支配されてる時笑って、結構余裕な気持ちになって払うっていうことになりがちですよね。

別におかわりしなくていいのに、お連れの方のペースに合わせて頼んでみたり。

お酒は何気に高級品なので、自由の身になるお金たちが増えて良かったです。

いや、これは普通に。

2:自由になる時間が増える

お酒飲んでると時間の流れがゆうゆうと流れていくんですよね…。時空が歪む笑

あっという間に時間が経っちゃったり、お連れの方(笑)の飲むペースを配慮しなくていいし、自分のペースで過ごすことができるようになったなぁと思います。

今ならあの飲み屋をはしごしてた自分に、「ブログかけよ」と言ってやりたいですね。

いや、これ本当に。

3:他の世界が広がる

お酒をよく飲む時は、結構お酒に楽しみが一極集中しちゃって、分散があまりできていなかったんですよ。

でも、お酒から心を距離を置いたら、他に目に入るものが多くなったり、チャレンジしたい気持ちみたいなことも湧いてきましたねぇ。

あとはお酒から距離を置くことで、人間関係がガラッと変わったていうことが一番大きいかもしれないです。

自分にとってお酒とはなんだったのか

今なら思います。お酒は自分にとってなんだったかといえば

逃避先

ということを。

自分の自制心というか、そういうのを試されるような気持ちがしていて、私はすごく弱い面を持っていたなぁと思います。

 

今でもありますけどね笑

お酒にハマっていた時期は、それはそれで良かったとしましょう。

 

何も生み出さない物に魅力を感じなくなっただけかもしれません。

それではステキなミニマルライフを~!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

\ほぼ毎日更新してみるー/
▼下の質問箱の回答に答えたり、日頃のことをありのまま笑
かぜたみラジオはこちら
 \ご質問はこちら!/
▼誰でも匿名で質問を送ることができます
質問箱はこちら
 \Twitterではこんなことを呟いてます/
▼仕事や普段食べてるものなど、生活感溢れる話題が多いです笑
フォローはこちら
日常
\ SHARE!SHARE!SHARE!SHARE! /
スポンサーリンク
ミニマムなライフ