スポンサーリンク

物事をシンプルにする一番てっとり早い方法

生き方

こんにちは、ミニマリストのかぜのたみです。

今朝、ひんやりと冷えた朝の空気の中を歩いていたら
ふと「やらなくていいことはやらない」と時間っていろんなことに使えるよなぁということを思い出しました。

最近は1時間半はやく家を出て、カフェでモーニングしながらVoicyと読書っていうのが気に入ってる朝の時間の過ごし方なんですが、こういうのも生活に余白があるから出来ることだよなぁと思い返したんですね。

  • 化粧しない
  • 毎日着る服も決まってる

で削減できた時間と余力って目では確かめられないのですが

積み重ねでの時間で捉えたら

地味に良い仕事をしてくれてるのかもしれない、とふと思いました。

物の整理を細かく重ねていったり、ミニマリストになりたいっていう漠然とした感じよりも、自分はこれくらい削いだポイントの方がはやく違いを実感出来るかもなぁっていうのがこの2つです。

要領よく暮らしを削いでいこうと思ったら
本当にこの2つにまとめられる気がするんですよ。

スタイリストの人の本を読みあさっていた時

「おしゃれになりたければダサい服を捨ててください。おしゃれを目指すよりも、まず下のものから切り捨てていくことが早道です」と書いてあって、それはそうだなぁ!と目からウロコが落ちたのでした。

どうしても上を上を目指していく方法が華やかだし、なんとなく自分への追い風みたいで一瞬やる気がぐんと上がるんですけど、下を切り捨てていく方がどう考えても現実的なんですよね。

  • ダサい服を捨てる
  • やらなくていいことはやらない

ってどっちも下にある物を捨てることではないですか。

目的地に到達するためには、下からどんどん切り詰めていって、結果目的地にたどり着いてたっていう方が自分も楽ですよね。

例えがめちゃくちゃ悪いですけど、自分の部屋をマイルーム株式会社っていう組織と考えてください笑

ツッコミリス
ツッコミリス

マイルーム株式会社!

この組織をどういった方法で収益を確保して、回していかなきゃいけないってなった時に、まず誰をリストラしますか?

いきなり部長とかのポジションはリストラしずらいでしょうきっと。

多分、一番マイナスをたくさん出していそうか、あまり組織に貢献できていない部署のポジションからリストラしていくと思うんです。

わし
わし

いや、書いていて本当にひどい例えですけど、結構理解しやすいですね…

下から切り捨てていくっていうのは、マイルーム株式会社の成長を促すことなんですよね。

もし「ああ、リストラしなけりゃよかったな」って思うのなら、自分の能力の責任です。

また似た役割のポジションを再配置してあげてください。

下から切る方法って本当に効率的なのに、どうも暮らしの中にはあまり浸透してない物の見方だなぁと思いました。

上を目指してこうあるべし!から解き放たれた方法の方が、自分も楽だし、楽だから続けられるしっていうのでトータルで考えるとかなり楽チンです。

迷ったら下から切り捨てていく。

マイルーム株式会社って考えてみて、一度お部屋を見直して見ると新しい発見があるかもしれません。

それではステキなミニマルライフを〜!

【関連記事】物を減らすには一個の物をまず使い倒せ!

【関連記事】決断の本質は捨てるほうにある

生き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミニマムなライフ