ミニマリストの食事を見直してみる

スポンサーリンク
お出かけ
スポンサーリンク

こんにちは、@かぜのたみです。

画像は納豆だとリアリティ溢れすぎるので卵かけご飯にしてみました笑

これまで一応自炊はよくしてる派だったのが、年々食欲らしきものも減少傾向にあって、もうそんな家で作ることに尽力しなくてもいいんでないかって思いつつあります。それに人と会うってなったら大抵外食になりますしね。

納豆ごはんを外食するという選択肢はミニマムライフになるか。

今日のテーマはこれですね笑

 

一人暮らしの食事は「あーやっぱりコスパ考えると自炊だろ!」って考えてたのは、もしかしたら自分の執着なんでないかってちょっと気づいたので振り返りたいと思います〜。

 

スポンサーリンク

食材ストックとキッチン用品の増殖に悩む台所ゾーン

台所って、思いのほか物が自然と増殖しちゃう場所です。これまで結構、色々買い揃えてきました。食べたいものを作ろうとすると、めちゃくちゃ道具増えていきますよね。

・大根おろしが食べたい→大根とおろし器が必要
・米が食べたい→米としゃもじがいる
・味噌汁が飲みたい→味噌とおたまがいる

みたいな感じで、物を少なくする生活では必須項目の「一つのものを兼用しまくる」っていうのが台所だけは治外法権のエリアになってるんですよね。

一人暮らしも12年、自炊歴も同様なので、これまで散々台所に関しては、お金も手間も労力も散々使ってきました。でもやっぱり、端折れないところが多いのが台所です。使用頻度から考えるとしゃもじは持ちたくないのに、ないとめちゃくちゃ不便なんですよね笑

 

うちにはほぼ料理系の家電がありません

・電子レンジ
・炊飯器
・2ドアの冷蔵庫(賃貸に備え付けのワンドアのミニ冷蔵庫のみ)
・ティファール
・トースター

といった、台所周りにいそうな電化製品を持たない生活を送ってます。一時期は持ってる時もあったんですけど、一人暮らしの使用頻度で考えるとほぼ稼働してない時間が多いんですよね。所持コストと置き場所などを考えると、不要かなぁ…と感じたので、次第に持たなくなりました。

今の部屋はワンルームの1Kで、間取りは一人暮らしによくありがちな廊下に台所ゾーンがあるタイプ。前に住んでいた部屋も同じ間取りではあって、炊飯器や電子レンジを置く場所が室内にしかありませんでした。

 

嫌なんですよね、、部屋に家電を置くのが…!

(冷蔵庫のブーンっていう音が苦手)

 

今現在は小鍋一つで料理したり、お湯を沸かしたりとかなりミニマムなスタイルで食生活をこなしています。食器もなしでこの半年ほどは過ぎていってます…。というかなりのミニマムっぷりなのに、それでもなお自炊をしたいと思うかって思い返すと

 

ツッコミリス
ツッコミリス

全然別にしなくて良さそうリス

っていうことに気づきました笑

作り置きとお弁当の鬼だったけど

もともと、家事に対してものすごく興味があるタイプだったんですね。20代の頃はこういう本を読んだりよくしてました。

↓カリスマたちの本

わたしの台所のつくり方 (PHP文庫)

 

↓カリスマ以外何者でもない方

 

今でも自分の中に、なんとなく栗原はるみが住み込んでしまっている…。自分の中のはるみが疼くのか、自炊っていうことを手放せずにいました。

 

去年の初期くらいまでは、週末に一気に5種類くらいのおかずを作って、それをぼちぼち数日かけて食べるっていうスタイルをとったんですけど、余るんですよね。なぜか。でも習慣的に作るようになっていたので、食材の買い出し(大変)や料理(大変)するのも、その労力を疑問に思うことなく過ごしておったのですが。

自分が作ったものを食べたい!とか健康!とかそういうものだけではなくて、もっと他に何を根拠にかは不明なんですけど、自炊せねばー!みたいな気持ちが強くって、長らくの間ずっと、作り置きやお弁当持参の生活を送ってきてました。

 

「お勝手に立ちなさい」

 

みたいな謎の古来から来てそうな圧力がどっかにあったんですよね笑 もちろん自分の中だけですけど笑 はるみを内側に持っちゃうくらいですから。

かといって、作っても残したり、気分でなくて食べなかったり、なんかそういうことも増えてきたので頑張って作ってた作り置きもやめました。それ以来、どんどん作るタイミングが減っていき、今あるアイテムだけで作れるものっていう感じのところまで業務を縮小させました。

で、ここまで来たらもう…いよいよいらないんでないかって! それほど家で自分で作ったものを食べたいって思わないですしね…

ツッコミリス
ツッコミリス

食いたくないのに作るってどういうこっちゃ

ってことにようやく気づきましたー!

ツッコミリス
ツッコミリス

わー今更リス!

わし
わし

さよなら栗原はるみーー!

で昨日はある方のツイートで「一人暮らしで家で食べないこともある、だから食事は別に外食でええんでないか」っていう旨の一文を見かけて、

 

せやなぁ…せやんなぁ…!!

 

って思って、ちょっとスーパーに食材を買いに行くか、お店で済ますか2つの選択肢を持ったまま外に出かけたんですね。

 

で、こうなりました↓

 

いや、この選択肢、めっちゃ気楽でした

 

スーパーで買う納豆は3パック65円、卵は10個で200円、米はないから買って、まあ1000円くらいか、醤油を切らしてるから買わなきゃ。ってことを考えたら、チャッとその場で食べれる某チェーンの定食屋の方がいい気がしたんですよ。

納豆1つ100円かぁ、とかは手が躊躇しましたけど、全体通してみると料理するっていろんなコストがすごいかかってるんですよね。

米を研いだり水に浸けたり炊いたり蒸らしたり、しゃもじでよそったり、終わった米粒がびっしりこびりついた小鍋を洗ったり、なんかそういう全体で見たら「うわぁ、思ってるよりなんかすごく手間も労力も時間もかかってる」って初めて思い返しました。

自炊が良、っていうのもある一つの自分の執着だったのかもしれないなぁと振り返りましたね…

 

自炊はもういいのまとめ

料理は嫌いでもないですけど、あのスーパーの列に並んだり、仕事の帰りにスーパーに寄って、なんか色々余計なお菓子とかを買っちゃうことを思ったら、必要最低限のご飯だけを外で食べれるお店があるんだったら、そっちのがいいなぁと思いました。

 

食材のストックって本当に中途半端に残ってるんですよね。うちにもありますよ、開封済みの”ふりかけのゆかり”と、その時だけ飲みたかった”ミロ”の大袋が。これ、結構月日を経てもなくならない場合が多いんですよね。食物だけに捨てずらいやつ。

こういうのをチョコチョコ買ったり、ストック所持に悩まなくていいのだったら、外で納豆ごはんだけを食べる生活もいいかもしれないなぁって思いました。
これからちょくちょく、こういうこともどんどん利用していきたいと思いますー。

ツッコミリス
ツッコミリス

全ては気楽で美味しい納豆ごはんのために!

それではステキなミニマルライフを〜!

【メルマガ登録はこちら!】
ミニマリストのオススメアイテムや片付けの方法、日常生活のお得情報を配信していきます。
メルマガ購読はこちらから!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村