テレビのない生活が快適すぎる理由。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一人暮らしを始めて12年ほどですが、テレビを持ったことがありません。
テレビ欲しいなーと思って買ったこともないんです。

 

それを聞いた周りの反応はこうです。

「テレビないと寂しくって」とか

「癖でついつけちゃう」とか。

 

私もテレビを見るのが好きなら、持ったかもしれませんが、
特に好きでも嫌いでもないので持たないのが通常になりました。

 

今日はテレビのない生活の特徴的なところをまとめてみますね!

スポンサーリンク

テレビを見ないと時間に余裕ができる

一番はこれかなーと思います。

やらなきゃいけないことを、いったんテレビを見て保留にしてることないですか?

 

うちにはテレビがないので、あれやらなきゃなー→すぐやる、ことがほとんどです。

部屋にいても、特にやることないんで笑

 

テレビって、1つの番組の枠が1時間~2時間とかで長いですしね。自分はあのCMを挟み込むペースを掴めなくて、それが割とストレスに感じていかんですね。

 

テレビのニュースのネガティブな影響を受けにくい

これが一番自分的には大きなメリットです!

これ、すっごく日常的ですけど意外と疲れる原因だと思うんですよ。

 

実感するのは、大体災害の時ですね。

 

視覚から入る情報って、ダイレクトに感情や思考に訴えかけてくる。

津波や瓦礫、被害の状況を見続けてると、私はめちゃくちゃ悲しくなるんです…

 

自分がどうしようもないことに関しては、必要以上に知らなくていいと思います。

 

情報として必要なものは、

自分で取りに行くのが自分には合ってるかなーと思います。

 

ネットとか、ツイッターで検索したり、

雑誌や本を読んだり、そういう感じの情報の得方が私は好きです。

 

 

テレビを付けてると、1日のうち

ニュースを見てる時間が結構長いんですよね。

 

ニュースって主に事件なんかで構成されてます。

 

目立つ事件があると

そればかり報道される時はめちゃくちゃ違和感があるんです。

 

知りたいこと、知らなきゃやばいことでもないのに

めちゃくちゃ詳しくなっていくって、

 

少ない私の脳のキャパを占有せんでくれーーーー!てすごく思うんですよ!

 

しかもそういう類のニュースは大概凹みます。

 

殺人事件があったことは知る必要があるかもしれないけど、

犯人の生活や名前、どう殺したかの方法まで流れてたりしますよね。

 

それは知らなくても良い情報なんじゃないか、て思う派です。

 

知らない間に誰かから

情報をねじこまれてるような感覚が嫌なのかもしれません。

 

テレビを付けないと電気代が節約できる

うちの電気代はこれまでの部屋での暮らしだと、800円~3000円ほどです。

 

夏や冬場にエアコンをつけると上限の金額になりますが、

その他の期間は大体千円前後くらいです。

 

なんでこんなに電気代が安いのかなーと思ってたんですが、

家電がないこと、

特に付けっ放しがちなテレビがないからじゃいかなーと思ってます。

 

 

テレビがないと、周辺の録画機器や

スピーカーとかもないのでさらにかもですね。

テレビがないと神経を落ち着かせて静かに過ごせる

うちにいる時は、特に音楽をかけたりもしてません。

 

街の音がかすかに聞こえますが、そのくらいが自分にとってはちょうどよいです。

 

職場に通ってると、電話の声がデカイ人の音を聴き続けるとか、

打ち合わせで会話に神経を張るとか、物音とか、

そういうのに疲れちゃうタイプで、

 

家では神経を休めてるんだと思いますー

 

田舎に暮らしてるときは、さすがにちょっと静かすぎて

「テ、テレビいるかな…」

となりました笑

テレビがないとスポーツ観戦やドラマ、お笑いに疎くなるのがデメリット笑

テレビがなくて特徴的だなーと思うのは

「流行りのワードがなんのこっちゃわからん」ですね。

 

一時期だけバッと流行るものを知らないんですよ笑

 

さすがにネットまで流れてくるものに関しては知ってますが、

こう…テレビがメインで活躍してる芸人さんとかにはかなり疎くなりますね。

 

あんまりね、他人の言動に興味がないんですよ笑笑

 

自分の興味がないことも一緒に受け入れなきゃいけないので、

テレビを見るのは大変だー!て感覚です。

 

テレビないことのまとめ

テレビを見ている時間の流れって、自分でなにかをしている感じとちょっと違うなと感じます。

 

ネガティブなニュースに触れる時間が少ないのは、自分の暮らしを変えた気がしますね。これはかなり威力を発揮してる気がします。

 

ネットだと、基本テキストで流れてくるので情報の「いる」「いらない」もしやすいです。

 

なんとなくテレビを見ている人は、テレビがないと、時間と気持ちにゆとりができますよ!

 

「なんか手放すの不安!」

て感じてるものは大体いらないです。

 

本当に必要なものなら、手放すことさえ考えないので。

 

ね、トイレットペーパー断捨離しようかなーとは思わないじゃないですか。ちょっと個数が多すぎるーとかって。使うのがわかってるからですよ。

 

使う物は「手放したい」欲求は出てこないもんです、

てのが自分の経験からの結論ですね。

 

そう、寺山修二が言った通りの「書を捨てよ、町へ出よう」なんですよ。

今回は時代が変わったからテレビのことだけど笑

次はスマホとかになるのかなー

 

↓これやね

 

日常
\ SHARE!SHARE!SHARE!SHARE! /
スポンサーリンク
ミニマムなライフ