ミニ冷蔵庫で暮らすメリットとデメリット

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミニマムこんにちは、ミニマリストの@かぜのたみです。
冷蔵庫がない暮らしを想像したことはありますか?

私は今1ドアのビジネスホテルの部屋によく置いてある様なミニ冷蔵庫で暮らして2年半ほどが経つんですよ…。

今のところ、一人暮らしをしていて大きな不便は感じていないので、このまま冷蔵庫を持たなくても暮らしていけるかもしれないなと感じています。

また、2ドアの冷蔵庫を持たずに暮らしていると、メリットだと自分が感じることの方が多いので新たな発見も多いです。

今回は「ミニ冷蔵庫で暮らすメリットとデメリット」をまとめてみました!

スポンサーリンク

一人暮らしに冷蔵庫って必要?

この2年半くらいは2ドアの冷蔵庫を持たずに暮らしてます。

 

前はよくある一人暮らし向けの2ドアの小さめの冷蔵庫を持っていたのですが、遠方から引っ越す際に、わざわざ引っ越し代金を払ってまで移動させる必要があるのかを考えると必要ない気がしたので、リサイクルショップに引き取ってもらいました。

 

↓2ドアのこういう冷蔵庫ですね。

 

引っ越しがきっかけで手放した冷蔵庫でしたが、これまでの失敗の原因は6割ほど冷蔵庫にあったなと振り返る点もいくつかありました。

・冷蔵庫があるからムダな食材を買ってしまう
・食材をよくダメにしていた
・ストックがないと安心できなかった

などなど。

その中でも一番は「冷蔵庫があるからムダな食材を買ってしまう」でした。

 

私自身は安いから買いすぎてしまう、というよりも、自分の食事量にしては多く食材を買ってしまいがちで、無理して料理をしたり、お腹いっぱいに食べることになり、今より少し太っていました。

 

一人暮らしで自炊をする分には、冷蔵庫に食材のストックをたくさん持つのは非効率ですし、無駄も多いです。必要になったら都度スーパーなどで調達した方が、鮮度も量もムダなく使えることに気づいてからは、自分の生活の中でも優先順位が低い家電の一つとして、2ドアの冷蔵庫は持たなくなりました。

 

今のミニ冷蔵庫が壊れたらもう持たない

今も部屋に備え付けてあった1ドアのミニ冷蔵庫を使っています。

 

↓このタイプの冷蔵庫です。

 

前に暮らしていたワンルームでも、この1ドアのミニ冷蔵庫が備え付けであったのですが、なんとなく折り合いをつけて2年過ごすことができたので、特に2ドアの冷蔵庫を必要としなくなりました。

 

今使っているミニ冷蔵庫は結構古いものなので、部屋を借りる際に「壊れたら処分してください」と言われているものです。このミニ冷蔵庫が壊れたら、冷蔵庫なしの生活を送ろうと考えています。

 

1ルームの隅っこに冷蔵庫を置くスペース自体はあるのですが、特段、自分が食材をストックしておかなくても生活ができそうな雰囲気なので、冷蔵庫はいらないかなぁと今は思っています。

電子レンジと冷蔵庫、炊飯器はセット

この1ドアのミニ冷蔵庫には、冷凍室がありません。

 

なので、氷を作ったり、冷凍食品の保管ができないので、冷凍庫での保管が必要になる物も同時に手放すことになりました。一人暮らしだと炊いた米を冷凍して置いたりしますが、それもできないので炊飯器自体を持っていません。

 

冷凍した食材があると、加熱するための電子レンジが必要になりますが、冷凍室がなければそれも一緒に不要になりました。

 

もし少ない物で暮らしたい、という人がいたら、この「冷凍庫」「電子レンジ」「炊飯器」を持たなくて済む様になるので一気に物と物を置くスペースが減らすことができます。

都会暮らしなら冷蔵庫がなくても過ごせる

田舎に暮らしているときは、雪が積もって外出ができなくなったり、スーパーが遠かったり、知人からいただく野菜が大量にあったりと、食材の保管設備としての冷蔵庫がしっかり必要でした。

 

でも都会で暮らしてみると、徒歩すぐのところにコンビニや深夜までやっているスーパーがあるので、そういったところで済ませてしまえば、冷蔵庫を活用する機会自体が減りました。

 

アイスクリームや冷たい飲み物が欲しくなったら、目の前にあるコンビニまでよく歩いていっていました。

 

ですが、

「わざわざ買いに行くくらいなら別にいらないかな」

と思うときも結構な頻度であり、家にあるから余分に食べたり飲んだりしてしまう、ということに気付けたのは大きかったです。

 

なので、今は2ドアの冷蔵庫を持っていた時に比べると2割ほど痩せています。余分に無理して食べることが減ったのと、アイスクリームやプリンなどの洋菓子を食べることが激減したのも体重を減らせた要因な気がします。

 

ミニ冷蔵庫のメリットとデメリット

 

 

 

 

 

 

<メリット>
・食材の買いすぎを防げる
・食材の把握がしやすくなった
・冷凍食品を買わなくなった
・工夫して料理するようになった
・ムダに食べることが格段に減った
・冷たいものをそれほど飲まなくなった
・部屋に自由に使えるスペースが増えた
・掃除をする箇所が1つ減った
・電気代が節約できる

と割に良いことが多いです。

<デメリット>
・作り置きがそれほどできない。
・氷が必要な時に作れない
・野菜の保管方法が難しい
・すぐに霜が固まってメンテナンスが面倒
・結露がつきやすい
・小さいので、物をしゃがんでとるのが不便

と、食生活の不便というよりは、冷蔵庫自体の性能が劣るような印象が強いです。「冷蔵庫がないからすごく不便」という感じではないのが、ミニ冷蔵庫で暮らしている自分の感想です。

まとめ

冷蔵庫を小さくして、一番メリットだと感じているのは体型の維持が楽になったことと、電気代や食材費があまりかからないことかなと思っています。

家族が多い家なら冷蔵庫は必要だと思いますが、一人暮らしだと全て自分のさじ加減と考え様でなんとでもなるので、冷蔵庫を持つ必要性はないかなと私自身は感じているところです。

 

 

冷蔵庫なくても意外と暮らせるかもね

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

\ほぼ毎日更新してみるー/
▼日頃のことをありのまま笑
かぜたみラジオはこちら
 \Twitterではこんなことを呟いてます/
▼仕事や普段食べてるものなど、生活感溢れる話題が多いです笑
フォローはこちら
日常
\ SHARE!SHARE!SHARE!SHARE! /
スポンサーリンク
ミニマムなライフ