スポンサーリンク

整理整頓が苦手だから片付けは収納本の真似をしない

片付け

掃除も整理整頓も苦手、ミニマリストのかぜのたみです。

収納アイテムを使って、きっちり収納する。

最も自分には不釣合いな収納方法です。中に入れるものがないことを始め、きっちり物を入れるという行動が苦手なので、なるべくそうしたことはやらずに整理整頓ができるようにしたいです。

自分の生活がうまく回ってればいい、というラインで収めた”マイ収納方法”をまとめてみました。

きちんと収納をしたい方には不向きすぎる情報ですが、大雑把な方の勇気に少しでもなれば!

今日は私が実行している、収納方法について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

物の整理整頓が苦手すぎ!物を持ちたくない

物の整理整頓が大の苦手です。カテゴリまでは分けられても、そこから先が大雑把な分け方になってしまいます…。(周りからだいたい「O型だよね?」って言われるのも納得)

捨てることに関しては得意で、片付けに関して苦労はしたことはありません。でも「きっちりしていない自分」みたいなコンプレックスがあり、「自分は片付け苦手なんで~」と自己申告するようになりました。

たみ
たみ

几帳面 is GOODな雰囲気がありますよね。

スポンサーリンク

自分の行動に合う整理を模索し続けた

IKEAや無印、ニトリの収納グッズを駆使して、完璧な収納を作り上げる人は神業です。
収納特集を見て勉強しようと見ていた時もあったのですが根本が違う…と気づき、100均で収納用品を買ったり、突っ張り棒を使ったりごまかしてきました。

それに収納アドバイザーの人の声に耳を傾けようにも、自分とは違ってみんなちゃんとしている人ばかりで参考にしずらかったということもあります。

こう、もっと料理研究家の人たちみたいにバラエティに富んでたらいいのにと願っているのですが。

料理研究家の人たちは個性が豊かだったり、キャラクターがバラエティに富んでいるのに、収納アドバイザーの人たちにはほぼ振れ幅がなく、意外と「こうせねば!」ってカチカチにしんどくなってるジャンルなのかなと自分自身は感じています。

収納はなんか息苦しい。

収納が苦手なのは十分承知なので、物に逃げないようにしようと「収納グッズに頼った整理整頓はやめよう」と今回の引越しで自分と約束しました。

たみ
たみ

収納した気になることは多いんですが使いやすいとはまた別です

スポンサーリンク

まずやったのは自分の生活導線と行動を振り返ること

初めは、何をどう置いたら具合が良いのかわからず、

「やっぱり衣装ケースが必要なんじゃないか」
「箱がいるんじゃないか」

かなりの自信のなさを発揮してたのですが、日に日に「これでいいんじゃ」と思えるようになり、現在の形に落ち着きました。

でも大体こんな感じかと思われます。

このスタイルに落ち着くまでどうしたかというと、まず自分の癖を見ることからスタートしました。

  • 何をしたら散らかるのか
  • どんな収納が苦手なのか

この2点を観察し、自分の行動の癖を探ります。

そこでわかったのは「自分は箱があるとやたらとポイポイ入れてしまう」ため、箱型の収納にしないほうが良いと気づきました。

引き出し型の収納もぐちゃぐちゃになるのでNGです。

収納でよくあるのが、下着や靴下、タイツは箱に小さいマス目を作って、1マスずつ収めていく方法。
私は無理です。

あの方法は「きっちり畳める人」「きっちり畳みたい人」が向いてるやり方です。

畳むのが下手なせいか、洗濯が乾く→その次のステップでつまづく、ととにかく”畳む”という工程を省きたかったです。

引っ越す前、ドラム式洗濯機を買う気満々だったのですが、衣類乾燥まではしてくれても、結局畳んだり、収納したりの取り出す作業が自分にはハードルが高い…と思ってやめました。

たみ
たみ

一度綺麗に畳んでもそれを保つのが難しいんです

スポンサーリンク

外付けの収納でなく部屋の作り付けをフル活用

今住んでいる部屋は、廊下に収納が大きく取られてる間取りのため、ほとんどの物は収納スペースに収めるようにしました。

部屋の中には、収納は一切置かずに。

小さい引き出しや、ちょっと何かを入れるカゴも置かずで過ごしています。

収納箇所があちこちになると、物の管理がしずらいというのが大きな理由。
その方がわざわざ片付けなくて済み、散らかりずらいです。

引き出しの整理整頓ができないので。

整理整頓が上手な人は、部屋が散らかり放題という人に対して「なぜ片付けられないの?使ったものを元あった場所に直すだけなのに」と言い放ったりしますが、片付けられる人と片付けられない人の溝は想像以上に深いのかもしれません。

たみ
たみ

片付けができる人と出来ない人、何が違うんでしょうね

スポンサーリンク

片付けられる人は何もしなくても片付けられる

人生の真理に気づいてから片付けで無理するのをやめました。

だから、私は物を持ちません。

物を持っていれば、管理や整理整頓が追いつかず。

また整理整頓が出来ても精度が荒い!家事や片付けの作業は、ほぼ発展性がないもので「ゼロに戻す作業」がひたすら続く感じが苦手です。

食器使う→食器洗う→食器しまう(ゼロ地点)→食器使う→食器洗う→食器しまう(ゼロ地点)ひたすらゼロ地点を消化すべく動くのはしんどいです。

結果:平置きがベストということに着地

収納に「箱型がダメならどうするのか」と考えたところ、平置き方式で今はうまく回せています。洗濯物が乾いたら、そのままピンチから外して、向きを揃えて置く。

これだけにしました!

きっちり畳んだり、丸めたり、そういうことほぼしません!

箱にしまうと持ち物の全貌が明らかにならないので、平置きして「これで全てです!」と自分に見せてあげた方が、まんべんなく物を使うようになるし、「こんなのもあったなぁ」みたいなことがなくなるので、意外と良いなぁという感じです。

物は収納グッズをたっぷり使って収納するよりも、収納スペースをゆとりいっぱいに使って配置した方がうまく行きます。

棚にもゆとりを持たせて、物を置いた方が空間的にも綺麗に見えるんです。

自分が持ってるものを一目で把握できるのがとても良い。

収納が苦手なら「収納するよりまずアイテム数を減らせばいい」と学習しました。

平置き式はそれなりのスペースが必要ですが、アイテムを減らせば叶います。だから物の数は減らし「アイテム数を決める」「アイテムの種類を揃える」ということをかなり意識しています。

とはいえ、持ってる靴下の種類が持ってる服の数に対するとなぜか妙に多く、4種類あるのも不思議です。

たみ
たみ

こういう人のこだわりは、人により差がありますね

スポンサーリンク

まとめ

人により向いてる収納方法は違うので、収納本を見たとしても、ヒントにはなっても、自分にフィットするかは本当にわかりません。

あと、自分が試してみてわかったのは、収納グッズを買い漁るのは、割と博打行為だなってこと。

うまく使いこなせる人は良いです。ですが、私のように収納が苦手な人は自分が”ごく自然にとってしまう行動”から「どうすれば自分は整理ができるのか」を見ていくのがいいです。

私も普段の仕事では、未着手の書類=左側、処理済みのもの=右側に置くようにし、自分の行動と作業の一致感があるとスムーズにタスクが処理できて良いです。

こうした片付けの基本も、自分がどういう行動を取る人なのかがわかってないとできないので、客観的に自分のことを見てあげるって作業がマストです。

自分に「世論を押し付けてあげないで」といつも己に言い聞かせています。外付けの収納より、作り付けの収納がある部屋が増えるといいですね!

それでは素敵な収納ライフを~!

スポンサーリンク

収納苦手さんが学べる本を集めました!

捨てられない人のための”鬼速”片付け

たみ
たみ

たった2点のポイントを押さえるだけなんて助かりますね

楽に収納できる仕組みを教えてもらえる

たみ
たみ

”ラクな収納”を追求する方法もあるんですね

created by Rinker
¥1,320(2019/10/15 08:21:56時点 Amazon調べ-詳細)

”ちゃんとしなきゃ”が片付かない原因?

たみ
たみ

自分へ片付けの圧があれば片付くものも片付きませんね

片付けの基本中の”き”を知る

たみ
たみ

枠を決めたら片付けもラクになるんですね

片付けには散らからない仕組みがある

たみ
たみ

「散らかっても元に戻せる」仕組みがあるんですね

片付け初心者にオススメの一冊

たみ
たみ

収納の基本を”勉強”できる本なんですね

片付け
スポンサーリンク
スポンサーリンク
▼洋服の手放しに便利


ミニマムなライフ