自然災害と防災の備えで自分なりに気をつけていること

スポンサーリンク
日常
スポンサーリンク

 

台風・震災に被災された方々には心からお見舞い申しあげると共に
復興に尽力されている方達には、安全に留意され1日も早い復旧をお祈りいたします。

 

これまであちこちのエリアに暮らしてきた自分ですが、一人暮らしをしていて度々災害に見舞われます。
幸いにも、避難所で過ごしたことはありませんが、割と毎度大変です。

 

いざという時に、何が必要か把握していますか?

 

今回は私が必要だなと思った、災害時に役立ったことをまとめてみました。

スポンサーリンク

数えてみたら、これまでの災害経験は6回だった

振り返って数えたことがなかったのですが、なかなか多いですね…。自分でも最近なんだか対応が落ち着いてきてるなと感じていました。

 

一人暮らしを始めて12年になります。改めて思い出しみると、阪神大震災以外は割とこの数年内の経験で、一人で暮らしている時にさまざまな災害が降りかかってきました。

 

・1995年 阪神大震災
・2011年 東日本大震災
・2014年 平成26年豪雪(詳細は外部リンクへ→こちら)
・2018年 大阪府北部地震 
・2018年 西日本豪雨
・2018年 台風21号

 

この中でも一番キツかったのは、東日本大震災と豪雪

東日本大震災

東日本大震災の時、東京の築30年以上の木造アパートに住んでおり、揺れの間はちょうど自宅で仕事をしていました。「これはまじで終わったな」と世の終わりを覚悟しましたね…。

 

いまと変わらず家具は持たず、物の少ない部屋なので棚が倒れてきたり、物が散乱したりなどの被害はないのが毎度幸いです。

 

意外と古くても建物自体は崩壊することはなかったのですが、余震が半端なく、精神的にかなり疲弊したことを思い出します…。

 

部屋の耐震性がダイレクトに自分の生活の安全に反映することを体感したので、家賃を少し払っても、部屋の耐震性や安全性だけは落とすまい、と固く決心して現在に至ります。

 

もう物以前の問題ですね。
自分が住んでる賃貸の部屋自体が防災アイテムみたいなものです。

 

大きな地震が起こった時は、身を守るのが精一杯でした。自分がどうすれば生き残れるか、その判断が第一で、はっきり言って物どころじゃなかったです。

 

物が必要になるのは結構大分あと。
意外と水道もガスも止まりませんでした。

電気は原発のことがあったので、かなりナーバスな感じでしたが…。

 

個人的には物を準備しておくよりも(大事ではあるんですが)、普段の生活の行動の方にアンテナを張ってた方が役に立つんじゃないかなと感じました。

 

どこが高台とか、どこが安全そうな場所なのか等の自分なりのシュミレーションですね。

 

当時一番役立ったのはTwitter!これは今でも変わりません。

テレビがあったとしても、Twitterで情報収集したと思います。

 

Twitterは 本当に 絶対あった方が良いです。

テレビに流れてこない細かい情報が一番必要だったんですよね。
電車の運行情報や道路情報などなど、めちゃくちゃ助かりました。

 

しいて物に限っていえば、余震がバンバン来てるあいだに、どれだけ自分に必要な物を最低限集められるかって感じでした。自分はほぼそういうものがなかったのか、普段持っているカバンの中身と変わらなかったと思います。防災グッズについての記憶がほとんどありません。

 

結局、街全体がパニックになる周囲を見て、東京で一人で暮らすこと自体に限界を感じて、地震をきっかけに地方に移住することになりましたが…。

 

平成26年豪雪

豪雪被害は長期間に渡った点が本当に危険な状態でした。

 

普段は雪深い地域ではなかったので、豪雪の準備が地域的にも建物的にもなく、地域、いえ県ごと完全に孤立しました。

 

道がなくなり、物流が止まり、ガソリンスタンドには長蛇の列はでき、車は大雪に埋もれ姿が見えず、近所に行くのもままならず、という完全に八方塞がりの状況でしたね。

 

自分は団地住まいだったので、建物の雪かきに翻弄されることは少なかったのが疲弊し切らなかったポイントでした。ここでも、住まいは大事だと実感したんですよね。

もし戸建なら、家が潰れないよう、死に物狂いで雪かきや雪下ろしをしていたかもしれません。

 

ここで一番助かったのは、同じ団地内に友達がいたこと。

 

一人でいると時間はあるし不安は募るしで何も良いことないので、子持ちの友達宅で過ごすことが多かったです。人との会話の暖かさにまさるものなし。お互い人手があることで、交互に子守りをしながら、交代で買い物にも行けました。

 

豪雪で学んだのは人と地域の繋がりの大切さでしょうか。

 

一人で自分の腰丈ほどの積雪をかき分けかき分け、永遠に雪かきし続けて道を作るなんてこと、本当にできませんからね。
あとは暖かくて楽な服装!! 機能的な服や靴は本当に役立ちます。

 

ここでも、ガスや水道、電気などは止まりませんでした。

そして、これがあればなー!と必要で仕方がない物も特になかったです。

 

ただ、大人は何とか適当な食べ物が手に入ったり、家に残ってるその辺の食べ物で何とかなるのですが、周囲を見ていると赤ちゃんや子供の食べ物に困ったようでした。子供用の食料やオムツなどは万全の準備が必要だと見ていて思いましたよ。

 

そして2018年の関西は災害ばかりときた

今の部屋に引っ越して3カ月なんですが、既に三回の災害に見舞われています…。

 

6月 大阪府北部地震
7月 西日本豪雨
9月 台風21号

 

あちこちに暮らしてきて、災害はいつどこでも起こることだなぁと実感するばかりですが、にしても、この頻度の高さは異常です。

 

計らずも、九月は防災月間。
私の万が一の備えのアイテムを集めてみました。

すぐ使うかもっていう状況ばかりで思いついた物なので、最新版です。

 

アウトドアグッズは心強すぎる

物の少ない我が部屋ですが、アウトドアグッズの所有率は高めです。以前、山に囲まれた地域に出入りすることが多かったので、自然とアウトドア用品を使うようになりました。

 

そこで気づいたのは、何より機能的で頑丈なこと。

 

少々手荒に扱っても、ビクともしません。
アウトドアグッズに限っては、「くたびれてきたな」て思うことがほぼありません。

 

災害時にはその頑丈さがめちゃくちゃ心強いです。

 

濡れてもすぐ乾いたり、軽くて持ち運びやすかったり、コンパクトに畳めたり。

災害はアウトドアではないんですが、少しでも気持ちを前向きにさせてくれる力があるのも防災向けだなぁとも思います。

 

うちにある避難時にも持っていきたいグッズ

・寝袋
・折り畳みマットレス
・軽量リュック
・防水ポーチ

そして、全部モンベル製でした!

注釈:地震の当日に焦って買ったアイテム3つ

これらは普段の生活でも普通に使っている物達です。

 

素朴な悩み:持ち出し袋にまとめなきゃだめ?

これは私の経験からなのですが、やばい!地震の揺れがでかい!とか、川の水まじやばい!ってなった時に、持ち出し袋を持って瞬間的に外に飛び出たことはありません。

 

持ち出し袋を鷲掴みにして、えいやっと行動することって、意外となかったかもしれません。おそらく、本当に避難しなきゃいけない時って、かなり前の段階から事前勧告があると思うので時間はあるはず何ですよね。

 

そういう時は、じっと家でどう次に行動したらいいかに全神経を集中させます。あとは落ち着いてTwitterで情報収集をしてることがほとんどです。あとは、公式な防災情報の指示に従うのが一番良いだろう、と今は思っています。

 

なので、とりあえず、落ち着けることをする。

出ないと正しい判断ができないから。

 

地震だったら、揺れが収まったらブレーカーを落として、風呂に水を貯めるとか。

ドアが開くか確認するとか、そういう地道な行動をめちゃ早くしてますね。。私はですが。

 

防災グッズはまとめておくに越したことはないのですが、いざその時が来たら、その時に必要な物を最低限、本当に最低限まとめられるよう、普段からイメージはしておいた方が良いかなと思います。

 

物よりも、背の高い食器棚を置かないとか、高い本棚を見直すとか、まずそういう大枠のことを見直した方が良いです。どうですか?大地震がきて、テレビが吹っ飛んでも大丈夫そうな置き方ですか?

 

わたしが最低限、持ち出す予定のものは
□アロマオイルとマスクと耳栓…気が休まらないのが一番辛いので

□アイフォン

□赤ちゃん用流せるお尻拭き…体とか顔も拭けるし便利

□五万円だけ入れたゆうちょの通帳…現金が足りなくなった時に

★現金…5,000円くらい、小銭が大事そう

□保険証…怪我したとき用と身分証

★メガネ…裸眼が0.03なので必須

★500mlの水…給水車が来るまでの間をしのぎたい

□ウィダーインゼリー…最低限のカロリーと水分補充

★モバイルバッテリー…スマホしか通信手段がないので

かなと思っています。

さらにこの中でも最低限に★をつけました。
これらをモンベルの防水ポーチに入れて、移動しようかなと考えてます。

 

まとめ

防災グッズの中身って、住んでる環境や家族構成によって全く変わってきますよね。なので、一概にこれを持ってると安心だぜー!っていうのはない気がしています。自分の経験では。

それよりも家具の配置や物の置き方に気をつけた方が安全上はキープしたいところです。

今回は思ったよりも長文になりました…。また見直したいところがどんどん出て来ると思うので、更新をかけていきたいと思います。

 

防災についてはここにも書きました
▼地震の当日に焦って買ったアイテム3つ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

日常
\ SHARE!SHARE!SHARE!SHARE! /
スポンサーリンク
ミニマムなライフ